フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之三 公卿集會の間硯臺 | トップページ | 譚海 卷之三 公家衆足袋を不用 »

2021/02/21

譚海 卷之三 禁中にて御用仰せ付の事

 

○禁中の御用は、關東より御普請役を支配勘定に被ㇾ成、一人のぼせられ、京都に相詰居(あひつめをり)て臨時の事(こと)相辨(あひべん)ずるなり。御用有(ある)時は此支配勘定のもの參内する時、必(かならず)非藏人(ひくらうど)壹人(ひとり)指(さし)そひて出仕する也。是は堂上方の事(こと)關東の耳にわかりがたき事有(ある)時、聞返(ききかへ)す事はならぬゆゑ、仰付らるゝ口上を非藏人傍(かたはら)に居て聞とるべき爲にさしそへ出仕するなり。仰付らるゝ口上のうちにしれがたき事あれば、非藏人に聞糺(ききただ)して辨ずるなり。御用有時は、支配勘定の人麻上下(あさかみしも)にて、みすの外に兩手を疊に付(つき)ひかへをる。御用懸りの公卿奧の方よりすらすら步み來(きたり)て、みすの内に立(たち)て居(をり)ながら御用仰らるゝに、みすは立て居らるゝ公卿のをとがひの邊迄たれて有ゆゑ、公卿の顏は見えず、御用をいひすて又奧のかたに歸り入らるゝ時、兩手を收(をさめ)て公卿のうしろ影をみるに、奧の座敷迄幾重も簾たれてある下を過(すぎ)らるゝに、少しも冠に簾のさはる事なく、すらすらとさわりなく[やぶちゃん注:ママ。以下も同じ。]步行(ありき)ある體(てい)也。みすの下を過らるれども、腰などかゞめらるゝやうにはあらず、只(ただ)首をしゞめてみすの下をさわりなく通らるゝと覺へ[やぶちゃん注:ママ。]たり、進退不思議なるもの也とぞ。くはんしかいかうなど仰付らるゝ事あり、くはんしは卷紙の事、かいかうは薰物(たきもの)をはまぐりの貝に詰たるをいふ、内に和歌會などの女房連、とりどりに薰物を用らるゝ時に仰付らるる事也。

« 譚海 卷之三 公卿集會の間硯臺 | トップページ | 譚海 卷之三 公家衆足袋を不用 »