フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之三 石川丈山閑居地 | トップページ | 譚海 卷之三 金閣寺萬人講 »

2021/02/20

譚海 卷之三 松花堂器物

 

〇八幡山瀧本房に松花堂猩々翁(しやうくわだうしやうじをう)の器物所持せり。好事のもの茶を乞へば、會席をまうけ悉く器物を陳(ならべ)て見する也。銀一兩づつを出して所望する事也。

[やぶちゃん注:「八幡山瀧本房」京都府八幡市にある石清水八幡宮神社(旧称は男山八幡宮)のめ「男山四十八坊」と呼ばれた宿坊の一つ。現存しない。

「松花堂猩々」江戸初期の真言僧で文人の松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう 天正一〇(一五八二)年~寛永一六(一六三九)年)。男山八幡神社社僧。旧姓は喜多川、通称を滝本坊、別号に惺々翁(しやうじやうをう(しょうじょうおう):本文はこの誤記であろう)・南山隠士など。俗名は中沼式部。堺の出身。書道・絵画・茶道に堪能で、特に能書家として高名であり、書を近衛前久(さきひさ)に学び、大師流・定家流も学んで、独自の松花堂流(滝本流とも称した)という書風を創出、近衛信尹(のぶただ)・本阿弥光悦とともに「寛永の三筆」と称せられた。絵は狩野山楽に師事している。晩年は男山に松花堂を建てて隠棲した。なお、現行の松花堂弁当は、日本料理吉兆の創始者が見そめ、工夫を重ねて、茶会の点心等に出すようになった「四つ切り箱」であるが、それを好んだ昭乗に敬意を払って「松花堂弁当」と名付けられたとする説があるという(以上は当該ウィキを主文として、底本の武内利美氏の注を加味したが、最後の説は同八幡宮公式サイトのこちらでは断定されてある)。また、彼の隠棲した方丈跡が現存し、同八幡宮公式サイトの「松花堂跡」に、『表参道から影清塚の分岐点を右に上がり、石清水社へと向かう途中に江戸時代初期、松花堂昭乗』『が営んだ「松花堂」という方丈の建っていた跡地があります』(写真有り)。『瀧本坊の住職であった松花堂昭乗は』、寛永一一(一六三四)年『以前に弟子に坊を譲り、泉坊に移って隠棲し』、『寛永』十四『年には泉坊の一角に方丈の草庵を結び』、『「松花堂」と称したことから』、『松花堂昭乗と呼ばれるようになりました』。『松花堂と泉坊の客殿は、明治初年のいわゆる「神仏分離」後もしばらく男山に残っていましたが』、明治七(一八七四)年『頃に京都府知事』(この糞野郎を調べた。長谷信篤(ながたにのぶあつ)である)『より「山内の坊舎は早々に撤却せよ」との厳命が下ったため、当時の住職が山麓の大谷治麿氏に売却し、幸運にも破却されずに残りました』。『その後、幾度かの移築を経て、現在の松花堂庭園は』昭和五二(一九七七)年に『八幡市の所有となり』、『管理運営されています』とある。

「一兩」本書は安永五(一七七七)年から寛政七(一七九六)年にかけて書かれた。江戸後期のそれは概ね現在の四~六万円ほどに当たる。]

« 譚海 卷之三 石川丈山閑居地 | トップページ | 譚海 卷之三 金閣寺萬人講 »