フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 南方熊楠 西曆九世紀の支那書に載せたるシンダレラ物語 (異れる民族間に存する類似古話の比較硏究) 3 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (4) »

2021/02/04

只野真葛 むかしばなし (3)

 

 そのかみ、けいこ被ㇾ成しは、よみ物・手習・縫物なり。よみ物は「朗詠集」、第一、御二方(おふたかた)、御好(おこのみ)にて、をぢ樣と、ふたりに、御世話被ㇾ遊(あそばされ)て御(お)よませ、朝な朝な、めし前に、ふくしの所、をぢ樣、きついきらい、母樣も、おなじく、きらいにて有し故、いつのほどよりか、二人、いひあわせて、二枚、三枚、よまずにあけて、ふくせしまね被ㇾ成て有し故、後、少しも御おぼへ不ㇾ被ㇾ成(なさられず)、御二方の、せつかく、御せわ、被ㇾ遊しかども、

「眞實(しんじつ)に、『いや』とおもふことは、後(のち)、かならず、とほらぬもの故、子共、きらいのことは、深く世話せぬ。」

と被ㇾ仰し。

[やぶちゃん注:「朗詠集」「和漢朗詠集」。

「ふくし」復習のことと思われる。父母は前日に読んだものを、朝餉の前に必ず復誦させたのである。

「きついきらい」「きつう、嫌い」の意であろう。]

 

 奧へとほる男客とては、大町りうてつ、是は、ぢゞ樣、むかしよりのなじみのよし。扇屋吉兵衞夫婦、是は御やしきへ御引こし前、ぎん座町にかり宅被ㇾ成し時、この扇屋のうらに御いで被ㇾ成し故、御懇意となりしよしなり。この外に、母樣御逢被ㇾ成る客、なし。吉兵衞、少し、をどけものにて、この人きたれば、わらふことも有。其外に、をかしきことなど、たへてなし。

[やぶちゃん注:母遊の寂しさが胸を撲つ。

「大町りうてつ」不詳。仙台藩士には「大町」姓は複数いるが、藩士であるかどうかは判らない。ここで言っておくと、筆記者である眞葛は生まれて後、三十五歳で仙台藩上級家臣で江戸番頭(当時)であった只野行義と結婚して、仙台に移るまでは、江戸にいた(仙台藩江戸詰の医師であった父工藤周庵は藩の許可を得て、藩邸外の築地に屋敷を持っていた)。母親の思い出の記載と、真葛の幼少期の記憶が一部で交じり合っているので、その辺りの判別が難しいが、例えば、このシークエンスは江戸の話としてとらないと、次の段あたりで、矛盾が生じてくる。

「扇屋吉兵衞」不詳だが、次の段で突然、当時の扇を持つのが流行ったことを語っており、そこに吉兵衛の語りがあるところを見ると、扇を細工する職人、或いは、扇を扱う小間物屋ででもあったのかも知れない。

「ぎん座町」現在の銀座。]

 

 むかしは、扇、ことのほか、はやりて、其頃、今ふうの人たちは、あたひをいとはず、色々の新くふうをして、あつらへ、「我先(われさき)に」と、めづらしきをあらそひ、大きに繁昌せしとなり。かなめは銀・角(つの)などにて、はしりやすく、商賣も多かりしを、近頃は扇の物好(ものずき)する人なく、其うへ、「萬年かなめ」といふ物いでゝから、一(いつ)とう、扇、うれ、すくなく成し、と吉兵衞、いひしとなり。年々、山王まつりには、よばれて行しが、三間口のみせにて、よほど、よき居(すまひ)なしなりしを、火事【辰年。[やぶちゃん注:頭注。]】後、だんだん、おとろへて、後(のち)は、うらやと引込(ひきこみ)、かすかになりて、子供の代(だい)には有し。

[やぶちゃん注:「今ふうの人たち」その昔の当時の流行りを好む多くの人たち。

「角」動物の角・牙製。

「はしりやすく」扇がさっとスムースに開けやすく。

「萬年かなめ」「かなめ」は「要・金目」或いは「鹿目」などの漢字もある。扇の要。恐らくは、高価な銀や象牙ではなく、真鍮などで成形したものであろう。

「一(いつ)とう」「一等」「一統」で副詞。「一段と・押しなべて」。

「山王まつり」山王祭(さんのうまつり)とは、 東京都千代田区にある日枝神社(グーグル・マップ・データ)の祭礼のこと。正式名称は「日枝神社大祭」。ここで先の地図を見て戴くと、最後の部分は直接体験過去で語っていることから、真葛の記憶と読め、すると真葛のいた築地の父の屋敷と、銀座と、日枝神社の地理的関係が私には腑に落ちるのである。

「三間口」五・四五メートル。江戸時代の商店間口の一般的な基本単位であった。

「火事【辰年。】」真葛が惨状とその後の庶民生活の塗炭の苦しみを見て、僅か数え十歳であったが、激しいショックを受け、それが後に彼女をして「経世済民」の考え方に導いたとされる「明和の大火」である。明和九壬辰(みずのえたつ)年二月二十九日(一七七二年四月一日)午後一時時頃に目黒の大円寺から出火し(僧による放火)、当該ウィキによれば、『炎は南西からの風にあおられ、麻布、京橋、日本橋を襲い、江戸城下の武家屋敷を焼き尽くし、神田、千住方面まで燃え広がった。一旦は小塚原付近で鎮火したものの』、午後六『時頃に本郷から再出火』し、『駒込、根岸を焼いた』。翌三十日『昼頃には』一度、『鎮火したかに見えたが』、その翌日三月一日の午前十時頃、『馬喰町付近から』またしても『再出火』して、『東に燃え広がって』、『日本橋地区は壊滅した』。『類焼した町数は』九百三十四、『大名屋敷は』百六十九棟、橋は百七十本、寺は三百八十二を『数えた。山王神社、神田明神、湯島天神、浅草本願寺、湯島聖堂も被災し』、『死者は』一万四千七百人、『行方不明者は』四千人を超える大惨事となった。『老中になったばかりの田沼意次の屋敷も類焼し』ている。

「うらやと引込(ひきこみ)」恐らくは当初の吉兵衛の店は本通りに面していたのであろう。それが未曽有の回禄のために、火災後の区画整理の中で、裏通りにされてしまい、そのまま、商家の裏側や路地などに引っ込んだ粗末な「裏屋」に変じてしまった(恐らくは商売もやめて仕舞屋(しもたや)となっていたことを言っているように思われる。

「かすかになりて」みすぼらしくなってしまい。

「子供の代(だい)には有し」私の少女時代(真葛の満十一歳以降)には、まだ、その吉兵衛の家はあった。]

« 南方熊楠 西曆九世紀の支那書に載せたるシンダレラ物語 (異れる民族間に存する類似古話の比較硏究) 3 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (4) »