フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之三 禁裏修造の大工 | トップページ | 譚海 卷之三 鹿飛口干揚り(雨乞の事) »

2021/02/20

譚海 卷之三 京師にて天氣を考る

 

○京都の天氣、比叡山に雲の起るを見て、雨の候とする事也。雲(くも)麓より立のぼりて、再々に半腹に及び、既に山の頂までおほひ隱せば、京都のうち四面雲ちかくなりたる樣におぼへ[やぶちゃん注:ママ。]、やがて雨は降出(ふりいづ)る也。叡山雲おほへども山のいたゞき少しも見ゆる程は、いまだ雨ふりいでずとさだむる事なり、京都は江戶の冬月より凌(しのぎ)がたし、寒氣底より冷(ひゆ)る樣に身にしみて覺ゆるは、山の内につゝまれたる所なるべしといへり。又ある人の云(いはく)、京都は暴風なきゆゑ、江戶よりは寒氣は凌ぎやすき樣なれ共、暑氣は殊にたへがたし。四面の山にさへられて、江戶の樣にひやゝか成(なる)風ふく事なし、其故は終日(ひねもす)炎氣にてらされて、山々蒸し薰ずる其山より吹てくる風なれば、すゞしき風はなき事なり。夏月暑氣甚しき日は、暮はつるころより洛外の山々黃金の色になり、初夜すぐる此までは暗夜といへども、山の色それと見分るゝほどの事也。やうやう初夜すぐる此より炎氣醒(さめ)ぬれば、山のいろ消(きえ)て見えず、さる間(あひだ)暑中には哺時(ほじ)の飯(めし)も宿にてくふ事は堪がたければ、過半河原に行て涼しき方を求め、露席してものくふ事を興とする事也。豪富のものは河原にて飯を焚(たき)こしきへうちあけ、河原の流水に冷し洗ひあげて、茶をせんじ食する事を第一のおもむきとする事也。大てい京都の人家は停水なきゆゑ蚊はすくなけれども、蟻は家ごとに多きゆゑ、座敷をも度々掃ひ、蟻をはきあつめて捨(すつ)るなり、うるさき程の事也。人家のある地はみな牢(かた)き赤砂なり、家をつくるに土臺木をかまへて建(たつ)る事なし、みな掘たての家なり、蟻は此沙土より生ずる事とて、みなおほきなる山蟻なりとぞ。

[やぶちゃん注:「考る」「かんがふる」ではなく、「はかる」か。

「初夜」夜の初め頃。戌の刻(午後八時からの二時間)。

「哺時の飯」日の入り前の早い夕食。古代中国人の食事の時間帯に由来する。それは「食時」(じきじ)と「晡時」で、古くは一日二度の食事を、日の出後と日の入り前にとったとされることによる謂い。

「露席」「ろせき」か。露天の食席。

「こしき」「甑」。米や豆などを蒸すのに用いる器。鉢形の瓦製で、底に湯気を通す幾つもの小穴をあけ、湯釜にのせて蒸した。後、方形又は丸形の木製と成し、底に簀子(すのこ)を敷いたものを「蒸籠」(せいろう)と称する。ここは後者。

「停水」溜り水。

「牢(かた)き」「堅き」に同じい。

「山蟻」膜翅(ハチ)目細腰(ハチ)亜目スズメバチ上科アリ科ヤマアリ亜科ヤマアリ属クロヤマアリ亜属クロヤマアリ Formica japonica 。或いはヤマアリ属 Formica 。

« 譚海 卷之三 禁裏修造の大工 | トップページ | 譚海 卷之三 鹿飛口干揚り(雨乞の事) »