フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (8) | トップページ | 芥川龍之介書簡抄14 / 大正二(一九一三)年書簡より(2) 三通 »

2021/02/10

芥川龍之介書簡抄13 / 大正二(一九一三)年書簡より(1) 二通

 

大正二(一九一三)年一月五日・消印内藤新宿局・「龍之介」・芝區高輪北町四十八番地中島行蔵樣御内 中島達樣・(自筆絵葉書)

 

Butannoruobitohutari

 

[やぶちゃん注:底本の岩波旧全集第十巻(一九七八年刊)のものをトリミングした。自筆の絵の上部に、

 

Viel Glück im neuen Jahre.

―1913―

R.  AKUTAGAWA.

 

とある。ドイツ語で「新年の幸運を祈る。」の意。絵は、御伽噺の小人のような二人が、それぞれに四葉のクローバーの葉を右手に持って、豚に跨って花々の咲く野道を走る図柄で、道は奥に繋がり、彼方に二本の樹木も描かれてある。所持する「もうひとりの芥川龍之介展」の冊子「もうひとりの芥川龍之介」(一九九二年産經新聞社発行)の解説には、『龍之介の絵の中で珍しいモチーフを扱ったもの』とある。但し、豚と幸運のアイテムとして知られる四つ葉のクローバーは、現在でもドイツの新年に一般的なもので、「ドイツ大使館」公式サイト内のこちらに、「Glücksschwein」の語を挙げ、「グリュックスシュヴァイン」の「Glück」は「幸運」、「Schwein」は「豚」の意で、「幸福の豚」『という意味で』、『ドイツでは豚は幸運の象徴の一つとされていて、よく新年にデコレーションや、お菓子のモチーフとして使用されてい』るとあり、挿絵も豚の周りに四葉である。実際に「Viel Glück im neuen Jahre.」のフレーズで画像検索(グーグル)を掛けた結果でも、豚と四葉がずらりと並ぶ。トラベル・サイトのブログの「チューリンゲン州旅行記」にある「幸福をもたらすものとは何でしょう? Was ist der Ueberbringer des Gluecks?」に、『古くはゲルマンの時代からドイツでは Schwein シュバイン=豚(あるいは Eber エーベル=イノシシ、雄豚)は豊饒(子宝に恵まれる=つまり財産に恵まれる)と強さの象徴と見なされ、繁栄と富をもたらすものとされてきた』とあり、『Thueringen テューリンゲン州北部の Billeben ビレーベンで、ドイツ最古の13世紀のものと思われる「豚の塑像」・貯金箱が掘り出されている』。『長さ22cmほどで、中が空洞で背中に細い穴(硬貨を入れる)の開いた塑像は赤茶色の粘土で作られていた』。『垂れた耳と巻いた尻尾が見られ、明らかな家畜用豚の特徴があった』。『Das aelteste Sparschwein Deutschlands, 13. Jh., gefunden in Billeben, Thueringen (Keramik, Kopie).』とあり、『ドイツで最も古い豚の貯金箱は13 世紀のもので、テューリンゲン州の Billeben ビレーベンで発掘されたものである』とし、『(ケルンの貨幣歴史博物館のものは陶器の複製、実物がテューリンゲン州立博物館にあるのか不詳)』とあって、その豚の貯金箱の画像も載る。豚と幸運のそれは一説には、かの聖アントニウスのエンブレムであるともされ、個人ブログ「今日のことあれこれと・・・」の「豚の日」に、これは『民間信仰「アントニウスの豚」に由来している。エジプト生まれの聖職者で、家畜及び豚飼育者の守護聖人アントニウスは、常に豚と火炎を従え、ある貴族の「聖なる火」と呼ばれる病を治した。豚』『は、その油が丹毒に効くとされたため聖人の持ち物となった。以後この病は、丹毒「アントニウスの火」と名づけられたという』。『外国では古くは金の卵を生むニワトリ、勤勉な蜜蜂と蜂の巣、幸運を呼ぶてんとう虫、慎重な亀、かしこい象など、多彩』な動物のシンボリック・アイテムがあるが、『とくに、豚はニワトリとともに古くから貯金箱に使われた。これは多産、謙虚さ、有用性などから幸運のシンボルとされたほか、村民がお金を出し合い、貧しい人のために豚を買ったという「アントニウスの豚」のお話しに由来しているという説がある』とある。なお、この絵は完全なオリジナルなのか、或いは、何らかの絵を参照したか、或いはヒントになった物語があったのかは判らない。なお、この年の三月一日で彼は満二十一となる。

「中島達」未詳。]

 

 

大正二(一九一三)年三月二十六日・山本喜譽司宛(封筒欠)

 

敬啓

FAUST[やぶちゃん注:縦書。]御招き下さつて難有う存じます 唯今切符落手致しました

試驗準備のいやなのは誰でも同じです

けれども僕の方は廿七日ぎりなので今日一日かと思ふと大分張合ひになります

法制や經濟は殆復習仕ないでうけるのですからいつもしくじつてばかり居ります 其上一週間程前から胃病になつたので餘計弱つて居ります 醫者は輕い胃擴張だと云つてゐますけれど何だか持病にでもなりさうな氣がして仕方がありません

窓からみる枯草の土手の下に一列の鮮な綠りの若草が春のいきづいてゐるのを感じさせます 春の歌四首――御笑ひまで

 

   片戀の我世さびしくヒヤシンスうすむらさきににほひそめけり

 

   晚春の銀器のくもりアマリリスかぎつゝ獨り君をこそ思ヘ

 

   たよりなく日ごとにふるふ春淺き黃水仙(ナツシイサス)の戀ならなくに

 

   片戀の若き庖丁(コツク)が物思ひ春の厨に靑葱も泣く

 

             匆々

    三月廿六日夕         龍

   きよ樣 御許

 

[やぶちゃん注:短歌の後は一行空けた。

「FAUST御招き下さつて難有う存じます 唯今切符落手致しました」新全集の宮坂年譜によれば、これは森鷗外訳の帝国劇場での近代劇協会による第二回公演(公演劇団データは岩波文庫「芥川龍之介書簡集」の石割透氏の注に拠った)で、この切符は三月二十七日の初演(その後、三十一日まで)とする。但し、二人でこの公演をみたとする記録は当日の年譜にはない。

「黃水仙(ナツシイサス)」単子葉植物綱キジカクシ目ヒガンバナ科ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae スイセン連 Narcisseae スイセン属 Narcissus のスイセン類の属名。「黃水仙」は Narcissus jonquilla でヨーロッパ原産。日本には江戸時代に渡来した。ギリシア神話でナルキッソスが変貌した種は何かはよく判らない。私の友人の歴史家はスイセン属ラッパスイセン Narcissus pseudonarcissus とするが、個人サイト「小さな園芸館」の「水仙」ではクチベニスイセン Narcissus poeticus とする説を載せる。因みに、知られたサルバドール・ダリの「ナルシスの変貌」の卵のを割って顔を出しているそれは、同属ナルキッスス・トリアンドルス品種「タリア」(シズクスイセン(雫水仙))Narcissus triandrus 'Thalia' であるという。 ]

« 只野真葛 むかしばなし (8) | トップページ | 芥川龍之介書簡抄14 / 大正二(一九一三)年書簡より(2) 三通 »