フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草附錄 うけうと (おきゅうと) | トップページ | 大和本草附錄 裙帶菜 (ワカメ/エンドウ) »

2021/03/09

大和本草附錄 朝鮮昆布(てうせんこんぶ) (アントクメ?)

 

朝鮮昆布 裙帶菜ニ似テ廣サ四寸許長コト三尺

許形狀昆布ニ似タレドモ短薄ニテ氣味モ裙帶菜

ニ似タリ西州ノ海ニ生ズ

○やぶちゃんの書き下し文

朝鮮昆布(てうせんこんぶ) 裙帶菜(わかめ)に似て、廣さ四寸許り、長きこと、三尺許り。形狀、昆布に似たれども、短薄〔(たんはく)〕にて、氣味も裙帶菜(わかめ)に似たり。西州の海(うみ)に生ず。

[やぶちゃん注:「大和本草卷之八 草之四 昆布 (コンブ類)」の追記であるが(「昆布」は不等毛植物門褐藻綱コンブ目コンブ科 Laminariaceae に属する多数のコンブ類の総称であり、「コンブ」という種は存在しない。含まれる種はリンク先の私の注を参照されたい)、これは同定が難しい。朝鮮半島にもワカメもコンブ類も植生するが、益軒の記載はコンブに似ているが、藻体が短くて薄く、味はワカメに似ているというのだから、「ややこしや」である。「朝鮮」と冠したのは、チョウセンハマグリと同じで、本来の本邦の真正種と異なるものへ附ける、本邦の勝手な和名の常套手段だから(チョウセンドジョウ=カムルーチのように朝鮮半島に棲息する生物の場合もあることはある)、ますます困るのである。少なくとも、この異名は現行では見当たらない。「短薄」で味がワカメに近いという条件から考えると、

コンブ目チガイソ科アイヌワカメ属チガイソ(千賀磯)Alaria crassifolia

アイヌワカメ属ホソメコンブ(細目昆布)Saccharina religiosa var. religiosa

ミツイシコンブ(三石昆布=日高昆布)Saccharina angustata

が候補となろうが、これらは実は孰れも本邦の北方種で「西州」には植生しないから、実は全部ダメなのである。ワカメも伊豆半島以南の暖流に曝される西日本では殆んど採れない。そうなると、西日本でワカメの代用品として用いられた(「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のアントクメの旧ページを参照されたい)、

コンブ目コンブ科カジメ属アントクメ(安徳布)Ecklonia radicosaura

が候補となろうか。グーグル画像検索「アントクメ」の内、生体写真を見て戴くと判るが、生時のアントクメはくすんだ黄色から緑色を呈していることが判る。何より、和名が安徳天皇由来で、西海と親和性が強くあるからである。ぼうずコンニャク氏は『和名アントクメは文治元年(1185年)』、『壇の浦の戦いに敗れた平家と運命をともにして入水した安徳帝(安徳天皇)による」。参考文献/「日本産コンブ類図鑑」川嶋昭二 北日本海洋センター』とあり、壇の浦附近で獲れなくては「名にし負」わぬことになってしまうわけで、続いて、『伊豆半島以南太平洋側の岩礁行きに棲息する』とあるから問題ない。『形はやや細長いうちわ状。表面にコブ状の凸凹がある。春先から初夏にかけて採取され、利用される』。『伊豆半島仁科では「しわめ」、土肥では「とんとんめ」』と呼ばれ、『これはワカメほどの旨味味わいはないけれど』も『美味』とされ、『また』、『みそ汁などに使うときには水で戻したものを適当に切り、それをみそ汁に入れるだけ。これなど』、『ワカメだけの日常的海藻利用に変化があっていい』と述べておられる。以上から、私はこれをアントクメに比定したい。

「裙帶菜」「裙帶」は「くんたい・くたい」とも読む。十一~十二世紀頃の公家の女房たちが晴装束の際に裳 の腰につけて左右に垂らした紐のことである。中国風のもので、羅 (ら) などの薄布で作られた。異なった色が相半ばするのを特徴とする。八世紀頃の裾 (きょ) に附されていた飾りの縁が、独立して装飾化したものと思われ、染色を施したものがある。儀式以外では五節(ごせち)の舞姬などが着用した。これを「わかめ」とも読むが、それは次項の「裙帶菜」を参照されたい。]

« 大和本草附錄 うけうと (おきゅうと) | トップページ | 大和本草附錄 裙帶菜 (ワカメ/エンドウ) »