フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (19) | トップページ | 「大和本草附錄」及び「大和本草諸品圖」中の水族の抽出電子化始動 / 海椰子 (ニッパヤシ) »

2021/03/05

譚海 卷之四 武州玉川百姓某才智の事

 

○武州玉川の邊(あたり)、府中に何がしと云もの有。此百姓、平生、才智にて、さまざま奇特なる事多き中に、一とせ、玉川の邊を通行せしに、百姓、大勢、集りて、畑の土中より大なる箱の、深さ廣さ二間四方もあるべき物を、六つ、掘(ほり)して騷合(さはぎあひ)たる所へ行かゝり、「是は何をする事ぞ」と尋ければ、「此箱年來(としごろ)土中に埋(うづま)りて、いつの代よりあるといふ事もしりがたき程の久敷(ひさしき)ものなり、年々畑作の妨(さまたげ)になるゆゑ、此度掘出(ひりいだ)せし」と云。「掘出して何やうの事にするぞ」と尋ければ、「何の用にたてんとも存ぜず、賣拂(うりはらひ)てなりとも片付べし」と云時、「いかほどに賣拂にや」と問ければ、「鳥目五六十疋ならば賣拂べし」といふ。「さらばわれは八十疋に買取べし」と約して、則(すなはち)價を遣し、「跡より取によこすべし」とて歸りしが、其後(そののち)一年にも取(とり)に來(きた)る事なし。二三年過(すぎ)又右の所を通りけるとき百姓見受て「此箱はいかゞいたさるゝや、かく三年に及ふまで取にもこされず、連々(つらつら)かたの如く朽損(くちそん)し[やぶちゃん注:「し」はママ。]侍る」といふ。此男聞て、「苦しからず、朽たらは[やぶちゃん注:ママ。]朽次第にしてをかれよ」といひて、其後又一年餘(あまり)をへて此男來り候時、百姓又見かけて、「もはや朽過(くちすぎ)ていかにもすべき樣なし、殊に所せきものにて畑作の進退にも妨になり侍るまゝ、ひらに引取申されよ」と云。「いやいや人を遣ひ引取(ひきとら)んとするにも人步(にんぷ)かゝりて詮方(せんかた)なし、此上は所せく思はれなば、燒すてて成(なり)とも仕𢌞(しまは)れよ」といひければ、百姓ら價を出し買取しものをかくいふはいぶかしくは思ひながら、餘りもちあつかひたる事なれば、「さらば買とられしぬしの左樣申さるるうへは、燒すて侍るべし」とて、終(つひ)に火をかけてやきすてたり。此男やきすてたるを見置て一日へて人を二三人つれ參り、此箱の燒たる跡の釘(くぎ)鐡物(てつもの)を殘りなく拾ひて歸り賣拂たるに、鐡ものの價三貫八百錢に成(なり)ぬるとぞ。『かゝる物をこしらへたるは普通の鐡物にはあらじ』と思ひて、さて買置て年月打捨置たる事也と、後に聞あざみて稱譽(しやうよ)しける。釘・かすがひなど殊に丁寧にせしもの也と、天明改元のとしの事也。

[やぶちゃん注:「府中」東京都府中市。玉川左岸。現在、府中市には多摩川に沿う形で古墳群が並び、国分寺跡もある(ともにグーグル・マップ・データ)。

「聞あざみて「聞淺みて」話の始終を聞いてその意外なことに驚き、あきれかえって。

「稱譽」褒めたたえること。

「天明改元のとし」安永十年四月二日(グレゴリオ暦一七八一年四月二十五日)改元。]

« 只野真葛 むかしばなし (19) | トップページ | 「大和本草附錄」及び「大和本草諸品圖」中の水族の抽出電子化始動 / 海椰子 (ニッパヤシ) »