フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 怪談老の杖卷之二 狐鬼女に化し話 | トップページ | 怪談老の杖卷之二 化物水を汲 »

2021/03/03

怪談老の杖卷之二 くらやみ坂の怪

 

   ○くらやみ坂の怪

 くらやみ坂の上にある武家屋敷にて、あるとき、屋敷の内の土、二、三間(げん)[やぶちゃん注:四メートル弱から五メートル半。]が間(あひだ)、くづれて、下のがけへ落たり。

 そのあおより、石の唐櫃(からびつ)、出(いで)たり。

 人を葬(はふり)し石槨(せきかく)なるべし。

 中に矢の根[やぶちゃん注:鏃(やじり)。]などの、くさりつきたるもの[やぶちゃん注:「腐り盡きたる物」。]、されたる[やぶちゃん注:「曝れたる」。長い間、風雨や太陽に曝されて、色褪せて朽ちたことを言う。「されこうべ」「しゃれこうべ」のそれである。]骨などありしを、また脇へ埋(うづみ)ける。

 そののち、その傍(かたはら)に井戶のありけるそばにて、下女二人、行水をしたりしに、何の事もなく、ふたりともに氣を失ひ、倒れ居(をり)たるを、皆々、參りて、介抱して、心つきたり。

「兩人(りやうにん)ながら、氣を失ひしは、いかなる事ぞ。」

と、いひければ、

「わたくしども兩人にて、湯をあみおり候へば、柳の木の影より、色白く、きれいなる男、裝束(しやうぞく)して、あゆみ來り候。恐しく存候(ぞんじさふらふ)て、人をよび申(まう)さんと存候計(ばかり)にて、あとは覺へ[やぶちゃん注:ママ。]申さず。」

と、口をそろへて、いひけり。

 其後(そののち)、主人の祖母、七十有餘の老女ありけるが、屋敷のすみにて、

「草を摘まん。」

とて、出行て、みへず。

「御ば樣の、みへ[やぶちゃん注:ママ。]給はぬ。」

と、さはぎて、尋ねければ、藏のうしろに、倒れて、死(し)し居(をり)ける。

 其外、あやしき事ありしかば、祈禱など、いろいろして、近頃は、さる事もなきやらん、沙汰なし。

 たしかなる物語なり。

[やぶちゃん注:「くらやみ坂」このなの坂は江戸市中には、複数、存在する(ウィキの「暗闇坂」を参照)が、ここはまず、最も知られた東京都港区麻布十番二丁目から元麻布三丁目方面に上る「暗闇坂(くらやみざか)」であろう。別名「くらがり坂」。また、元の地名(麻布宮村町)から「宮村坂」とも称され、嘗ては「暗坂」とも表記された。ここ(グーグル・マップ・データ)。]

« 怪談老の杖卷之二 狐鬼女に化し話 | トップページ | 怪談老の杖卷之二 化物水を汲 »