フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ・アクセス1,510,000アクセス突破記念 梅崎春生「その夜のこと」+続編「冬の虹」合冊縦書ルビ版(オリジナル注附)公開 | トップページ | 大和本草附錄巻之二 「魍魎」 (中国版水怪) »

2021/03/21

大和本草卷之十六 河童(かはたらう) (水棲妖獣河童)

 

【和品】

河童 處々大河ニアリ又池中ニアリ五六歲ノ小兒ノ如ク

村民奴僕ノ獨行スル者往々於河邊逢之則精神昏冒

スト云此物好ンテ人ト相抱キテ角力其身涎滑ニ乄捕定

ガタシ腥臭滿鼻短刀ニテ欲刺不中角力人ヲ水中ニ

引入レテ殺スコトアリ人ニ勝コトアタハサレハ沒水而見

ヱス其人忽恍惚ト乄如夢而歸家病コト一月許其症

寒熱頭痛遍身疼痛爪ニテ抓タルアト有之此物人

家ニ往々爲妖種々怪異ヲナシテ人ヲ惱ス叓アリ狐妖

ニ似テ其妖災猶甚シ本艸綱目蟲部濕生類溪鬼蟲

ノ附錄ニ水虎アリ與此相似テ不同但同類別種ナルヘ

シ於中夏之書予未見有此物

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

河童(かはたらう) 處々、大河にあり。又、池〔の〕中にあり。五、六歲の小兒のごとく、村民・奴僕の獨行する者、往々、河邊に於いて、之れに逢へば、則ち、精神、昏冒〔(こんぼう)〕すと云ふ。此の物、好んで人と相ひ抱〔(いだ)〕きて、力を角〔(きそ)〕ふ。其の身、涎滑〔(ぜんかつ)〕にして、捕り定めがたし。腥〔(なまぐさ)き〕臭〔ひ〕、鼻に滿つ。「短刀(わきざし)にて刺さん」と欲すれども、中〔(あた)〕らず。力を角ふて、人を水中に引き入れて、殺すこと、あり。人に勝つこと、あたはざれば、水に沒して見ゑず[やぶちゃん注:ママ。]。其の人、忽ち、恍惚として、夢のごとくにして、家に歸り、病むこと、一月〔(ひとつき)〕許り、其の症、寒熱・頭痛・遍身〔の〕疼痛〔なり〕。爪にて抓(か)きたるあと、之れ、有り。此の物、人家に、往々、妖を爲す。種々、怪異をなして、人を惱ます事あり。狐妖に似て、其の妖災、猶ほ、甚だし。「本艸綱目」〔の〕「蟲部・濕生類」〔の〕「溪鬼蟲」の「附錄」に、「水虎」あり、此れと相ひ似て、同じからず。但〔(ただ)〕、同類・別種なるべし。中夏の書に於いて、予、未だ、此の物、有るを見ず。

[やぶちゃん注:私は想像上の幻獣・妖怪であっても、水族として採用する。特に河童は私は本邦のオリジナルな特異水獣(妖怪)として採り上げぬ訳にはゆかぬ。その点で、益軒の「和品」とし、最後の謂いも完全に賛同するものである。私の河童に対する博物学的認識は、最近の電子化になる「怪談老の杖卷之一 水虎かしらぬ」の注で、やや詳しく注しているので、そちらを是非、参照されたい。

「昏冒」漢方では、完全な失神ではなく、重い眩暈(めまい)や立ち眩みを指すようである。

「角〔(きそ)〕ふ」当初は「くらぶ」と訓じてみたが、直後のそれでは、そうは読めないと感じたので、かく訓じておいた。

「涎滑」河童定番の生態であるが、涎(よだれ)のような粘液で全身が覆われており、それがべたつき、ぬるぬるするために、相撲をとっても、或いは捕獲しようとしてしても、上手く摑めないことを意味している。

『「本艸綱目」〔の〕「蟲部・濕生類」〔の〕「溪鬼蟲」の「附錄」に、「水虎」あり』「怪談老の杖卷之一 水虎かしらぬ」の私の注を参照。

「中夏」「中華」に同じい。漢籍。

 これを以って巻之十六のピック・アップを終わり、やっと本来の「附錄」に戻る。]

« ブログ・アクセス1,510,000アクセス突破記念 梅崎春生「その夜のこと」+続編「冬の虹」合冊縦書ルビ版(オリジナル注附)公開 | トップページ | 大和本草附錄巻之二 「魍魎」 (中国版水怪) »