フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草附錄 牡丹苔(ボタンノリ) (ウスユキウチワ) | トップページ | 怪談老の杖卷之三 美濃の國仙境 »

2021/03/06

大和本草附錄 海粉(カイフン) / (ウミゾウメン(海藻))

 

海粉 長崎ニ自外國來ル海苔ノ類ナリ乾堅クシテ

來ル絲條ノ如シ色綠ナリ熱湯ニ浸セバ色淡シ食

之味美醫書ニ所謂海粉ハ別物也

○やぶちゃんの書き下し文

海粉(かいふん) 長崎に外國より來たる海苔〔(のり)〕の類〔(るゐ)〕なり。乾(ほ)し、堅(かた)くして來〔(きた)〕る。絲條(いとすぢ)のごとし。色、綠なり。熱湯に浸せば、色、淡し。之れを食ふ。味、美〔(よ)〕し。醫書に謂ふ所の「海粉」は別物なり。

[やぶちゃん注:紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱ウミゾウメン(海素麺)亜綱ウミゾウメン目ウミゾウメン亜目ウミゾウメン科ウミゾウメン属ウミゾウメン Nemalion vermiculare

鈴木雅大氏のサイト「生きもの好きの語る自然誌」の当該種をリンクさせておく。写真多数)及び同属の

ツクモノリ Nemalion multifidum

も挙げておく(ツクモノリは「九十九海苔」か。この「ツクモ」は思うに「白髪」では色が合わないので、単子葉植物綱イネ目カヤツリグサ科フトイ(太藺)属 フトイ Schoenoplectus tabernaemontani の異名のそれではないか? やや太い丸い長い茎を持つので親和性があるからである)。本邦にはこの二種しか棲息しないからである。前掲の田中氏の「日本の海藻 基本284」によれば、属名は「糸のような」、ウミゾウメンの種小名は「回虫の形をした」である。ただ、実は益軒は本巻で「大和本草卷之八 草之四 索麪苔(サウメンノリ) (ウミゾウメン)」を挙げてしまっており、彼は清から齎される乾燥加工されたそれを全く別物と認識していたことが判明する。彼はそこで「其の漢名と性〔(しやう)〕と、未だ詳かならず」とはっきり言っているからである。田中氏によれば、『本種は潮間帯の中部に生育し、岩上に数十本が並ぶ様はまさしく太めのそうめんである。但し乾燥すると干そうめんのように細くある。付着部が岩の上につき、そこからあまり太さの変わらない分岐しない円柱状のからだをもつ。粘液質で、大変にぬるぬるする。能登で半島氷見』『では「ながらも」と呼ばれる珍味である。生品は熱湯をかけて、乾燥品は水にもどして、二倍酢、酢味噌、味噌汁にして食す』とある。私は中高の六年間を氷見の手前の高岡市伏木で過ごしたお蔭で、大変な好物となった。なお、軟体動物門腹足綱異鰓上目後鰓目無楯亜目 Anaspidea に属するアメフラシ類(標準和名種としてはアメフラシ科アメフラシ属アメフラシ Aplysia kurodai )の卵塊を全く同じ「海素麺」と俗に呼ぶ。茹でた素麺のような形をしており、かなりどぎつい黄橙色を帯びる。三月から五月にかけて海岸の岩の下や隙間及び海藻の間などに普通に見られるが、毒性を有し、食べられない(上のリンク先の私の最後の部分を参照されたい)。

『醫書に謂ふ所の「海粉」』「五雑組」(明の謝肇淛(しゃちょうせい)が撰した歴史考証を含む随筆。全十六巻(天部二巻・地部二巻・人部四巻・物部四巻・事部四巻)。書名は元は古い楽府(がふ)題で、それに「各種の彩(いろどり)を以って布を織る」という自在な対象と考証の比喩の意を掛けた。主たる部分は筆者の読書の心得であるが、国事や歴史の考証も多く含む。一六一六年に刻本されたが、本文で遼東の女真が、後日、明の災いになるであろうという見解を記していたため、清代になって中国では閲覧が禁じられてしまい、中華民国になってやっと復刻されて一般に読まれるようになるという数奇な経緯を持つ)の「七」に、

   *

海粉。乃龜黿之屬腹中腸胃也。以巨石屋其背、則從口中吐粉吐盡而斃。名曰拱。務待齋者常誤食之。

   *

とあるので、ウミガメの作答(さとう:体内生成異物)の類いと考えていたものらしく、その毒性を転じて吐瀉剤に用いていたとなら、アメフラシの卵塊を指している可能性がぐんと高くなるように思われる。]

« 大和本草附錄 牡丹苔(ボタンノリ) (ウスユキウチワ) | トップページ | 怪談老の杖卷之三 美濃の國仙境 »