フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 怪談老の杖卷之三 美濃の國仙境 | トップページ | 怪談老の杖卷之三 小豆ばかりといふ化物 »

2021/03/07

怪談老の杖卷之三 吉原の化物

 

   ○吉原の化物

 和推(わすい)といへる俳諧師ありけり。或とき、人にいざなはれて新吉原へ行(ゆき)しに、夜更(よふけ)て、

「用事を、かなへん。」

とて、厠へ行ぬ。

 いたく醉ければ、足もとも定らず、ふみまたぎて、たれんとしけるが、何やらん、ある樣に覺えければ、よく見るに、女の首なり。

「ぎよつ」

と、せしが、不敵なる法師なりければ、少(すこし)もさわがず、

「そつ」

と、外へ出て、覗きてみて居(をり)ければ、此首、ふりかへり、笑ふ體(てい)、死(しし)たる者に、あらず。

 法師、手をのばして、髮をからまき、引(ひき)ければ、首ばかりにてはなく、紅(べに)がのこの、古き小袖を着たる女なり。

「ぐつ」

と、引(ひき)あげければ、上へ引出(ひきいだ)しぬ。

 裙(すそ)は、不淨にそまりて、くさき事、堪(たへ)がたし。

「何ものぞ。」

と、いへど、笑ふばかりにて、あいさつなし。

 和推、若き者をよびて、

「しかじかの事ありし。」

と云ひければ、はしり來りて見て、

「手前の女郞衆(ぢよらうしゆ)なり。此比(このごろ)、時疫(はやりやまひ)を煩(わづらひ)て、引(ひき)こみ居(をり)しが、いつの間に、はいりぬらん、むさき事かな。」

とて、皆、よりて、裸にして、水をかけ、洗ひけり。

 和推、打(うち)わらひて、

「扨は。ばけものゝ正體見たり。『左あらん』とおもひし事よ。」

とて、事もなげに、二階へ上りて寐(い)ぬ。

 翌朝、若い者方(ものがた)より、いひ出して、みな人、和推が心の剛(かう)なりし事を感じけり。

 うろたへたらん武士は、及ぶまじき、ふるまひなり。

 酒をよく飮みけるが、是等は「上戶(じやうご)の德(とく)」ともいふべし。

 韓退之(かんたいし)が文集の中に、厠の神の崇(たたり)にて、厠へ入りし事ありしと覺へぬ。よからぬ【不祥。】[やぶちゃん注:「よからぬ」の傍注。]事なるべし。

[やぶちゃん注:疑似怪談だが、短篇ながら、映像と臭いがよく伝わってくる。

「和推といへる俳諧師」享保年間の江戸の俳諧師に和推(二世調和)が実在する。松尾真知子氏の論文「享保時代の江戸俳壇 和推(二世調和)の動向」PDF・『国文論叢』一九九四年三月発行所収)参照。

「新吉原」浅草北部にあった遊郭。サイト「錦絵でたのしむ江戸の名所」のこちらによれば、当初は日本橋葺屋町(ふきやちょう)の東側(グーグル・マップ・データ。以下同じ)に開設されたが、明暦二(一六五六)年に移転を命ぜられ、翌年の「明暦の大火」の後、浅草千束村(吉原弁財天本宮をポイントした)へ移った。これ以前を「元吉原」、以後を「新吉原」と呼ぶ。最盛期には三千人の遊女を抱えており、『日本堤から衣紋坂を通り、堤から遊郭が見えないように曲がった五十間道を経て、大門をくぐって入る。日本堤から衣紋坂へと曲がる東角に柳があり、客が振りかえって名残を惜しむ位置にあるために「見返り柳」と呼ばれる。周囲には「御歯黒溝(おはぐろどぶ)」と呼ぶ堀をめぐらし、出入り口は大門一か所として、遊女の脱走を防いだ。中央の大通り「仲之町」には、春には桜を、秋には紅葉を移植するなど、人工的な楽園を演出した』とある。このサイトはヴィジュアルが豊富でとても楽しい。お薦めである。

「法師」僧だったわけでは無論、ない。俳諧師は僧形だったから、かく言ったものである。

「紅がのこ」「紅鹿子」。

「むさき事かな」ここはもろに「きたならしい限りじゃ!」。

「韓退之が文集の中に、厠の神の崇にて、厠へ入りし事ありし」中唐の詩人・思想家で「唐宋八家文」の一人韓愈(七六八年~八二四年)の字(あざな)。儒家でも特に孟子を尊び、道教・仏教を排撃したことで知られ、柳宗元とともに「古文復興運動」に努めた。「厠の神の崇にて、厠へ入りし事ありし」(便槽に落ちたということであろう)という話は知らない。識者のご教授を乞う。

「よからぬ【不祥。】事なるべし」これは一応、この厠の中に落ちてしまった女郎を限定しているととっておく。]

« 怪談老の杖卷之三 美濃の國仙境 | トップページ | 怪談老の杖卷之三 小豆ばかりといふ化物 »