フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (27) | トップページ | 芥川龍之介書簡抄32 / 大正三(一九一四)年書簡より(十) 二通 »

2021/04/09

芥川龍之介書簡抄31 / 大正三(一九一四)年書簡より(九) 井川恭宛(詩「ミラノの画工」及び短歌十四首収録)

 

大正三(一九一四)年九月二十八日(受印)・京都市吉田京都帝國大學寄宿舍内 井川恭樣 親展・府下豐多摩郡内藤新宿二ノ七一 芥川龍之介

 

[やぶちゃん注:以下詩篇及び短歌本文は底本(岩波旧全集)では全体が三字下げであるが、総て引き上げた。]

 

井川君に

 

  ミラノの畫工

ミラノの画工アントニオは

今日もぼんやり頰杖をついて

夕方の鐘の音をきいてゐる

 

鐘の音は遠い僧院からも

近くの尼寺からも

雨のやうにふつて來る

 

するとその鐘の音のやうに

ぼんやりしてゐるアントニオの心に

おちてくるものがある

 

かなしみかもしれない

よろこびかもしれない

唯アントニオはそれを味はつてゐる

 

〝先生のレオナルドがゐなくなつてから

ミラノの畫工はみな迷つてゐる〟

かうアントニオは思ふ

 

〝葡萄酒をのむ外に

用のない人間が大ぜいゐる

それが皆 畫工だと云つてゐる

 

〝レオナルドのまねをして

解剖圖のやうな画を

得意になつてかく奴もゐる

 

〝モザイクの壁のやうな

色を行儀よくならべた画を

根氣よくかいてゐる奴もゐる

 

〝僧人のやうな生活をして

聖母と基督とを

同じやうにかいてゐる奴もゐる

 

〝けれども皆画工だ

少くも世間で画工だと云ふ

少くも自分で画工だと思つてゐる

 

〝自分にはそんな事は出來ない

自分は自分の画と信ずる物を

かくより外の事は何も出來ない

 

〝しかしそれをかく事が又中々出來ない

何度も木炭をとつてみる

何度も繪の具をといてみる

 

〝いつも出來上るのは醜い画にすぎない

けれども画は画だ

いつか美しい画がかける時がくる

 

〝かう思ふそばから

何時迄たつてもそんな時來ないと

誰かが云ふやうな氣がする

 

〝更になさけないのは

醜い画が画でない物に

外の人のかくやうな物になつてゐる事だ

 

〝己はもう画筆をすてやうか

どうせ己には何も出來ないのだ

かう思ふよりさびしい事はない

 

〝同じレオナルドの弟子だつた

ガブリエレはあの僧院の壁に

ダビデの像をかいたが

 

〝同じレオナルドの弟子の

サラリノはあの尼寺の壁に

マリアの顏をかいたが

 

〝己はいつ迄も木炭を削つてゐる

いつ迄も油繪具をとかしてゐる

しかし己はあせらない

 

〝己はダビデよりマリアより

すぐれた繪をかき得る人間だ

少くもあんな繪はかけぬ人間だ

 

〝たゞ繪の出來ぬうちに

己が死んでしまふかもしれぬ

己の心が凋んでしまふかもしれぬ

 

〝たゞ画をかく

之より外に己のする事はない

之ばかりを己はぢつと見つめてゐる

 

〝この企てが空しければ

己のすべての生活が空しいのだ

己の生きてゐる資格がなくなるのだ〟

 

アントニオはかう思ふ

かう思ふと淚がいつとなく

頰をつたはつて流れてくる

 

アントニオは今日もぼりやりと[やぶちゃん注:ママ。]

夕月の出た空をながめながら

鐘の音をきいてゐる

 

[やぶちゃん注:以下、追伸行までは書信。短歌群の前後は一行空けた。]

君にあつて話したいやうな氣がする

此頃は格別不愉快な事が多い

 

  追伸 出來るに從つてかく 唯今ひま

 

あざれたる本鄕通り白らませて秋の日そゝぐ午後三時はも

紅茶の色に露西亞の男の頰を思ふ露西亞の麻の畑を思ふ

秋風は南瞻(ぜん)部洲のかなたなる寂光土よりかふき出でにけむ

黃埃にけむる入り日はまどらかにいま南蠻寺の塔に入るなり

秋風は走り走りて鷄の風見まはすとえせ笑ひすも

ゼムの廣告秋の入日に顏しかむその顏みよとふける秋風

おちこちの家根うす白く光るあり秋や滅金をかけそめにけむ

ごみごみと湯島の町の屋根黑くつゞける上に返り咲く櫻

遠き木の梢の銀に曇りたる空は刺されてうち默すかも

あはたゞしく町をあゆむを常とする人の一人に我もあり秋

かにかくにこちたきツエラアの書(ふみ)をよむこちごちしさよ圖書舘の秋

日の光「秋」のふるひにふるはれて白くこまかくおち來十月

木乃伊つくると香料あまたおひてゆく男にふきぬ秋の夕風

秋風の快さよな佇みて卽身成佛するはよろしも

 

                   龍

 

[やぶちゃん注:詩篇の作品内の画工アントニオ(明らかに作家を志す芥川龍之介自身の分身)の語る時制は、レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci 一四五二年~一五一九年)がミラノ公国で活動した(一四八二年から一四九九年まで。彼の円熟期で名作「岩窟の聖母」や、かのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の壁画「最後の晩餐」もこのミラノ公国滞在中に描かれた作品である。退去は第二次イタリア戦争が勃発し、イタリアにフランス軍が侵攻したためで、レオナルドが故郷フィレンツェに帰還したのは翌一五〇〇年のことであった。以上は当該ウィキに拠った)後の一四九九年以降のある日という設定である。なお、丁度、この年辺りに、芥川龍之介が英語から重訳したものと思われる、未定稿「レオナルド・ダ・ヴインチの手記 芥川龍之介譯 ――Leonardo da Vinci――(抄訳)があり(リンク先は私のサイト版)、この詩篇と内容がすこぶるリンクしている。是非、読まれたい。

「レオナルドの弟子だつた/ガブリエレはあの僧院の壁に/ダビデの像をかいたが」このような弟子は私は知らない。しかし、気になることがある。それは、古代イスラエルの第二代の王ダビデ(ラテン語表記:David 紀元前一〇四〇年:ベツレヘム~紀元前九六一年:イェルサレム/在位:紀元前一〇〇〇年~没年:この名は「愛された人」の意)は、ウィキの「ダビデ」によれば、しかも「バビロン捕囚」『以後、救世主(メシア)待望が強まると、イスラエルを救うメシアはダビデの子孫から出ると信じられるようにな』り、「新約聖書」では『イエス・キリストはしばしば「ダビデの子」と言及され』ているとあり、「新約聖書」の「マタイによる福音書」の冒頭第一章で、聖母マリアの夫ヨセフの家系の祖先をダビデとすることである。さらに言うと、「ガブリエレ」(イタリア語:Gabriele)という弟子の名は言わずもがな、「旧約聖書」の「ダニエル書」にその名が出る大天使由来であり、ウィキの「ガブリエル」によれば、西方キリスト教美術の主題の一つであるマリアの「受胎告知」などに於いて優美な青年として描かれるガブリエルは、聖書においてガブリエル(ラテン語:Gabriel)は「神のことばを伝える天使」であって、『ガブリエルという名前は「神の人」』『という意味』なのである。しかも、我々は大天使「ガブリエル」と「受胎告知」と聞けば、レオナルド・ダ・ヴィンチとアンドレア・デル・ヴェロッキオ(Andrea del Verrocchio 一四三五年頃~一四八八年)が一四七二年から一四七五年頃に描いた共作の「受胎告知」(イタリア語:Annunciazione)を直ちに想起するであろう。則ち、その字背を透視した時、次の以下の一連がこの連とただの字面や音声上の対句どころではなく、非常に深い意味で対句になっていることを見出すのである。

「同じレオナルドの弟子の/サラリノはあの尼寺の壁に/マリアの顏をかいたが」この「サラリノ」(イタリア語:Salaino)は別に「サライ」(Salaì:孰れもイタリア語で「小悪魔」の意)の通称名でも知られるレオナルドの弟子ジャン・ジャコモ・カプロッティ(Gian Giacomo Caprotti 一四八〇年~一五二四年)が思い浮かぶ。レオナルドの「洗礼者聖ヨハネ」(San Giovanni Battista:一五〇八年~一五一三年作)のモデルとされ、レオナルドが偏愛した少年であった。当該ウィキによれば、『レオナルドが所有していたワイン畑で働いていた人物で、十歳(一四九〇年頃)の時に『住み込みの徒弟としてレオナルドに入門した。マニエリスム期のイタリア人芸術家で美術史家としても知られるジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari  一五一一年~一五七四年)は、『その著書』「画家・彫刻家・建築家列伝」で『サライについて「優雅で美しい若者で、レオナルドは(サライの)巻き毛を非常に好んでいた」と記している』。『レオナルドがサライのことを「盗人、嘘吐き、強情、大食漢」と表現している通り、サライはレオナルドの金銭や貴重品を少なくとも五回は盗んだことがある。しかしながら』、『レオナルドはサライを』二十五年以上乃至三十年に亙って『自宅に住まわせて、絵画技法を教え込み続けた』。『特筆に値しないまでも画家としてのサライはそれなりに有能で』、レオナルドの「モナ・リザ」(La Gioconda :一五〇三年~一五一九年頃)の『ヌード・ヴァージョン(現存せず)を模写した』「モナ・ヴァナ」(Mona Vannna)を『始め、数点の絵画作品が現存している』。彼は一五一八年に『レオナルドのもとを去り』、『ミラノに戻』り、『父親が働いていたレオナルド所有のワイン畑で芸術活動を続けた』。『レオナルドが死去した』際には、その『ワイン畑の半分を』、『遺言によってサライが相続している』。『また、サライは遺産としてワイン畑だけではなく』、「モナ・リザ」など『複数の絵画作品も同時に相続したと考えられている』。『サライは』一五二三年に、四十三歳で結婚した』が、その『翌年』、『決闘で負った矢傷がもとで死去し』ている。彼はミラノ生れであり、ミラノで亡くなっている。彼が聖母マリアの顔を描いたかどうかは知らないが、あったと仮定して何の不思議もない。

「南瞻(ぜん)部洲」(通常は清音だが、サンスクリット語「ジャンブー・ドゥヴィーパ」の音写。閻連濁しても違和感はない)仏教の世界観に於いて現世の人間の住む広大な大陸の名。私が最近作成した「芥川龍之介 孤獨地獄  正字正仮名版+草稿+各オリジナル注附」(リンク先はサイト版。ブログ版ならこちら)の「南瞻部洲下過五百踰繕那乃有其獄」の後ろの方の注で詳しく述べてあるので見られたい。

「南蠻寺」これは筑摩全集類聚版脚注の言うように、東京都千代田区神田駿河台にある正教会の大聖堂「ニコライ堂」正式名称「東京復活大聖堂」)であろう(グーグル・マップ・データ)。

「ゼム」筑摩全集類聚版脚注に、『GEM 口中香料で仁丹のようなもの。その広告は菱形の中に女お顔が描いてある』とある。さまざまなフレーズで画像を検索したが、遂に見当たらなかった。なお、石割透氏は岩波文庫「芥川龍之介書簡集」で『ジャムの広告』とするが、採れない。

「家根」誤字ではない。「屋根」はこうも書く。

「滅金」「めつき」で「鍍金」の本字。本邦で古代に於いて仏像に金メッキをするのに用いた金のアマルガムを滅金(めっきん)と和製漢語で呼んだことによる。

「こちたき」「言痛(こちた)き」で「こといたし」の音変化。ここは「ことごとしい・大袈裟だ・事大主義的な」の意。

「ツエラア」ドイツの新カント派の哲学者エドゥアルト・ゴットローブ・ツェラー(Eduard Gottlob Zeller 一八一四年~ 一九〇八年)チュービンゲン神学学校のプロテスタント神学者にしてソクラテス以前の古代ギリシャ哲学を専門とした。なお、彼は哲学に「超人」(übermensch:音写:ウーバァーメンシュ)という言葉を最初に使用した一人であった。

「こちごちしさ」「骨々しさ」。見た目上がごつごつしてぎこちないこと。無骨(ぶこつ)。無風流。

「おち來十月」「おちくじふぐわつ」であろう。

「木乃伊」「ミイラ」。]

« 只野真葛 むかしばなし (27) | トップページ | 芥川龍之介書簡抄32 / 大正三(一九一四)年書簡より(十) 二通 »