フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本山海名産図会 第三巻 若狹鰈(わかさかれ) | トップページ | 譚海 卷之四 加賀境錦帶橋の事 »

2021/05/30

甲子夜話卷之六 32 御先手柘植五太夫、天野彌五右衞門申分の事

6ー32 御先手柘植五太夫、天野彌五右衞門申分の事

享保十巳年までは、中の御門は御先手組、二丸銅御門は御持組、西丸御書院御番所は大番組にて護りたるよし。其頃までは臺部屋口より理御門通りは、老中方も供なしにて、卸先手當番の同心一人付きそひ、供は中御門より寺澤御門通り、理御門外へ越して、主人に從ふ例のよし。其時御先手柘植五大夫當番の日、同僚天野彌五右衞門通りしに、同心居眠してありしかば、彌五右衞門、五大夫に向ひ、其怠りを戒むべきよしを云ふ。五大夫心付の忝を謝し、扨其邊は老中さへ供なしに往來ある所を、貴殿當番にもなく、なにゆゑ通られ候や。組のものも、頭の同僚ゆゑ見とがめもいたしがたく、眠りたるふりを致したるも難ㇾ計候。重ては妄りに通られまじくと、にがにがしく申て、後に組のものをばひそかに戒おきけるとかや。

■やぶちゃんの呟き

「御先手組」先手鉄砲組・先手弓組の併称。寛永九(一六三二)年に鉄砲十五組、弓十組の計二十五組と定めたが、後に二十八組(鉄砲二十組、弓八組)となった。江戸城内外の警衛・将軍出向の際の警固・市中の火付盗賊改などに当たった。

「柘植五太夫」織田(柘植)正信(つげまさのぶ ?~宝永四(一七〇九)年)。五大夫・隠岐守。

「天野彌五右衞門」天野弥五右衛門長重(元和七(一六二一)年~宝永二(一七〇五)年)。「思忠志集」の筆者。氏家幹人「武士道とエロス」(講談社現代新書一九九五年刊)で私はよく知っている。それによれば、貞享四(一六八七)年で御歳六十七、先手鉄炮頭(てっぽうがしら)を務めた旗本(知行二千五百石)であったとある。

「享保十巳年」享保十年乙巳(きのとみ)。一七二五年。

「中の御門」大手中ノ御門。個人サイトと思われる「城郭」内にある、「江戸城本丸図」の「中之門」であろう。

「二丸銅」(あかがね)「御門」同前の「銅門」(あかがねもん)。

「御持組」(おもちぐみ)は将軍直衛の弓・鉄砲隊。持筒組と持弓組があり、前者は鉄砲隊。時代によって増減するが、寛永九年で持筒組四組・持弓組三組。

「西丸御書院御番所」同前の「冠木御門」か。

「大番組」老中配下。江戸城・大坂城・京都二条城及び江戸市中を交代で警備した。

「臺部屋口」よく判らない。本丸東側にある台所に通じる通路のことか。先の地図では東側に「石之間」というのがある。

「理御門」「うづみごもん」。これは通常は固有名詞ではなく、城郭の石垣又は土塀の下を潜る門を指すが、先の江戸城本丸図」を見ると、本丸の南端の「富士見丸」の東側に「下埋門」と「上埋門」がある。これか。

「中御門」本丸南東にある「中之門」であろう。

「寺澤御門」中之門外を南南西に六十メートルほど行った位置に「寺沢門」がある。

「其時……」以上、静山はぐちゃぐちゃ言っているが、以下のシチュエーションの舞台は「中之門」ということにある。

「心付」「こころづけ」。注意。

「忝」「かたじけなき」。

「頭」「かしら」。

「重ては」「かさねては」。

« 日本山海名産図会 第三巻 若狹鰈(わかさかれ) | トップページ | 譚海 卷之四 加賀境錦帶橋の事 »