フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之八 草之四 水草類 牛尾薀 (マツモ類か) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 あぎなし (アギナシ) »

2021/05/26

大和本草卷之八 草之四 水草類 澤桔梗 (サワギキョウ)

 

【和品】

澤桔梗 葉似桔梗花碧色ナリ根白シ澤中ニ生ス浮

薔花ヲモ澤桔梗ト俗ニ名ツク與此別ナリ

○やぶちゃんの書き下し文

澤桔梗〔(さはぎきやう)〕 葉は桔梗に似て、花、碧色なり。根、白し。澤中に生ず。「浮薔花(なぎ)」をも「澤桔梗」と俗に名づく。此れと〔は〕別なり。

[やぶちゃん注:双子葉植物綱キク亜綱キキョウ目キキョウ科ミゾカクシ属サワギキョウ Lobelia sessilifolia当該ウィキによれば、『美しい山野草であるが、全体に毒性の強いアルカロイドを持つ』『有毒植物としても知られる』。『茎の高さは』五十センチメートル~一メートルにも『なり、枝分かれしない。葉は無柄で茎に互生し、形は披針形で、縁は細かい鋸歯状になる』。『花期は』八『月から』九『月頃で、濃紫色の深く』五『裂した唇形の花を茎の上部に総状に咲かせる。花びらは上下』二『唇に分かれ、上唇は鳥の翼のように』二『裂し、下唇は』三『裂する。萼は鐘状で先は』五『裂する。キキョウ』(キキョウ科キキョウ属キキョウ Platycodon grandifloras )『と同じく雄性先熟で、雄しべから花粉を出している雄花期と、その後に雌しべの柱頭が出てくる雌花期がある』。『北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の湿った草地や湿原などに自生する。普通、群生する』。『他のキキョウ類とは花形が全く異なる』。『同属は世界に』約二百『種あり、大柄な植物も多いが、日本には』四『種しかない。小笠原諸島には低木状になるオオハマギキョウ(L. boninensis Koidz.)があるが、日本本土には以下の種が普通』。

ミゾカクシ(溝隠)Lobelia chinensis (水田雑草として普通で、背が低い。近縁種が琉球列島にある)

ロベリア Lobelia erinus

『サワギキョウは毒草としても知られ』、『麻酔などの効能を薬草として利用された例もあるが、危険が大きいようである』。『横溝正史の』「悪魔の手毬唄」(『宝石』昭和三二(一九五七)年八月号から二年後の昭和三十四年一月号に連載。作品内時制は昭和三〇(一九五五)年夏)『では「お庄屋殺し」の名で殺人に使用されている』とある。

「浮薔花(なぎ)」単子葉植物綱ツユクサ目ミズアオイ科ミズアオイ属コナギ Monochoria vaginalis var. plantaginea か、或いはその近縁種であろう。]

« 大和本草卷之八 草之四 水草類 牛尾薀 (マツモ類か) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 あぎなし (アギナシ) »