フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (29) | トップページ | 伽婢子卷之六 伊勢兵庫仙境に至る »

2021/05/28

大和本草諸品圖上 ウケウト・サクラ苔(ノリ) (「おきゅうと」(エゴノリ・イギス)・サクラノリ)

 

Ukeutosakuranori

ウケウト

 海草其葉如此煮レハ凝

 テ如ㇾ冰心太ノ如シ色紫ナ

 リ人食ㇾ之有小毒

○やぶちゃんの書き下し文

うけうと

 海草。其の葉、此くのごとし。煮れば、凝〔(こご)〕りて、冰〔(こほり)〕のごとし。心太〔(ところてん)〕のごとし。色、紫なり。人、之れを食ふ〔も〕、小毒、有り。

――――――――――――――――――

サクラ苔(ノリ)

 壹岐島ニ產ス可ㇾ食

[やぶちゃん注:前の二種は水族でないので、国立国会図書館デジタルコレクションのこちらからトリミングした。前者は加工食品としての「おきゅうと」で、主材である、

紅色植物門真正紅藻綱イギス目イギス科エゴノリ属エゴノリ Campylaephora hypnaeoides

をまず挙げ、それに代えたり、配合したりする、

真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目イギス科ギス連イギス属イギス(海髪)Ceramium kondoi

も挙げておかないとだめだ。何故なら、図が簡略に過ぎて、イギスではないとは断言出来ないからである。「おきゅうと」及び以上の二種などについては、「大和本草附錄 うけうと (おきゅうと)」を参照。

後者は、

紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科ムカデノリ属サクラノリ Grateloupia imbricata

だが、この図は拙劣に過ぎる。「大和本草附錄 櫻苔(サクラノリ) (サクラノリ)」を見られたいが、そこでも引いた、鈴木雅大氏のサイト「生きもの好きの語る自然誌」のこちらのサクラノリの生体藻体画像と比べられたい。博物画の「は」(いや、絵の「いろは」の「は」だ!)の一画目にさえ至らない!]

« 只野真葛 むかしばなし (29) | トップページ | 伽婢子卷之六 伊勢兵庫仙境に至る »