フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介書簡抄71 / 大正六(一九一七)年書簡より(三) 塚本文宛・井川(恒藤)恭宛 | トップページ | 譚海 卷之四 加州里數幅幷あいもとの橋の事 附越前國船橋の事 »

2021/05/28

日本山海名産図会 第三巻 鰆(さわら)

 

Saharanagasiami

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションの画像をトリミングした。キャプションは「鰆流網(さはらながしあみ)」。左の二艘が石を投じて群れを驚かしている。]

 

    ○鰆(さはら)

讃刕(さんしう)に流し網にて捕(とら)ふ。五月以後、十月以前に多し。大いなるもの、長さ、六、七尺にも及ふ。漁子(れふし)、魚の集まりたるを見て、數(す)十艘を連ねて、魚の後(あと)より、漕ぎまはり、追ふことの甚しければ、魚、漸(やうやう)勞れ、馮虛(ひやうきよ)として、醉ふがごとし。其時、先に進みたる船より、石を投けて、いよいよ驚かし、引きかへして迯げんとするの期(とき)を見さだめ、網をおろして、一尾も洩すことなし。是れを「大網」、又、「しぼる」とも云ふなり。さて、網をたくり、攩網(たまあみ)にて、すくひ取るなり。○「鰆」の字、亦、國俗の制なり。尤も、字書に「春魚」とあれども、纔かに、二、三步ばかりの微魚にて、さらに充つべからず。「大和本草」「馬鮫魚(さはら)」に充てたり。曰、『魚、大なれども、腹、小に、狹(せは)し。故に、「狹腹(さはら)」と号(なつ)く。「さ」は「狹少(さしう)」なり。「閩書(みんしよ)」に曰、『靑斑色(あほまたらいろ[やぶちゃん注:左ルビ。以下二箇所は同じ。])。無鱗(うろこ、なし)。有齒(は、あり)。其小者(そのちいさきもの)、謂靑箭(さごし)[やぶちゃん注:左ルビ。]云〻。』。○此の子、甚だ大いなり。是れを乾したるを、「カラスミ」といへり。卽ち、「乾(から)し子(こ)」と云。但し、鰡(ほら)の子の乾子(からしこ)は、是れに勝(まさ)る。

[やぶちゃん注:条鰭綱スズキ目サバ亜目サバ科サバ亜科サワラ族サワラ属サワラ Scomberomorus niphonius 。作者も引いている「大和本草卷之十三 魚之下 馬鮫魚(さはら)(サワラ)」の私の注を参照されたい。そこで私が注したものは繰り返さない。なお、「鰆」は漢語であるが、漢語としては、スズキ目スズキ亜目ニベ科シログチ属シログチ Pennahia argentata の俗称であり、サワラを指さない。「鰆」を「さわら」に当てて読んだのは国訓である。

「讃刕」讃岐国の異称。現在の香川県。

「流し網」帯状形の漁網を直線又は鈎(かぎ)形或いは波状に張り下し、海流や風波のままに自由に流す刺網を指す。漁網は、「浮子(あば)」(浮き)はあるが、「沈子(いわ)」(錘(おもり))を欠くものが多く、沈子を有するものも、その沈降力は、甚だ少ないのが普通であった。網を流し、それに伴って船を移動するので、内海・沿岸よりは、沖合で使用するに適している。この種の漁業は、刺網漁業中、最も進歩したもので、河川で行われたサケ・マスの流し網を除くと、イワシ・マグロ・サワラ・トビウオ・サバ・サンマ・カツオなどの各流し網漁業はその代表的なものとして、いずれも江戸中期から明治期にかけて開始されたものが多いが、実際に大規模に盛んになったのは、明治後期以降のことである(以上は平凡社「世界大百科事典」に拠った)。

「馮虛(ひやうきよ)」原義は「大空に身をゆだねること・空中に浮かぶこと」である。海中のサワラの群れの慌てふためくさまの比喩表現。

「攩網(たまあみ)」「たもあみ」のこと。竹や針金の枠に、袋状の網を張り、柄を附け、魚を掬うのに使う小形の網。

『「鰆」の字、亦、國俗の制なり』国字であるとを言う。

『字書に「春魚」とあれども、纔かに、二、三步ばかりの微魚にて、さらに充つべからず』例えば、本草書のバイブル「本草綱目」の巻四十四の「鱗之三」の「鱊魚」の項で、別名を「春魚」とするが、この「鱊魚」とは、「大和本草卷之十三 魚之上 鱊魚 (イサザ)」で考証したが、中国では、骨鰾上目コイ目コイ科タナゴ亜科バラタナゴ属ウエキゼニタナゴ Rhodeus sinensis という中国産タナゴの一種で、最大でも五・二センチメートルと、ごく小型である。

『此の子、甚だ大いなり。是れを乾したるを、「カラスミ」といへり。卽ち、「乾(から)し子(こ)」と云。但し、鰡(ほら)の子の乾子(からしこ)は、是れに勝(まさ)る』「子」は言うまでもなく、卵巣のこと。詳しくはウィキの「カラスミ」を見られたいが、作者の語源説は眉唾である。やはり「唐墨」であろう。そこに『日本ではボラ』(ボラ目ボラ科ボラ属ボラ Mugil cephalus )『を用いた長崎県産のものが有名だが、香川県ではサワラあるいはサバ』(スズキ目サバ亜目サバ科サバ属マサバ Scomber japonicus など)『を用いる』としっかり書かれてある。]

« 芥川龍之介書簡抄71 / 大正六(一九一七)年書簡より(三) 塚本文宛・井川(恒藤)恭宛 | トップページ | 譚海 卷之四 加州里數幅幷あいもとの橋の事 附越前國船橋の事 »