フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之八 草之四 水草類 龍舌草 (ミズオオバコ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 浮薔(なぎ) (ミズアオイ) »

2021/05/15

大和本草卷之八 草之四 水草類 鼠尾草(みそはぎ) (ミソハギ)

 

鼠尾草 莖高シ葉ハハギニ似タリ秋開紅花世俗コレヲ

以中元ニ人鬼ニ水ヲ祭ル故ミヅカケ草トモ云ミゾハギ也

○やぶちゃんの書き下し文

鼠尾草(みそはぎ) 莖、高し。葉は「はぎ」に似たり。秋、紅〔き〕花を開く。世俗、これを以つて、中元に、人鬼に水を祭る故、「みづかけ草」とも云ふ。「みぞはぎ」なり。

[やぶちゃん注:フトモモ目ミソハギ科ミソハギ属ミソハギ Lythrum anceps当該ウィキによれば、『湿地や田の畔などに生え、また』、『栽培される。日本および朝鮮半島に分布。茎の断面は四角い。葉は長さ数センチで細長く、対生で交互に直角の方向に出る。お盆の頃に紅紫色』六『弁の小さい花を先端部の葉腋に多数つける』。『盆花としてよく使われ、ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)などの名もある。ミソハギの和名の由来は』、『ハギ』(マメ目マメ科マメ亜科ヌスビトハギ連ハギ亜連ハギ属 Lespedeza )『に似て』、古くより『禊(みそぎ)に使ったことから禊萩、または溝に生えることから溝萩によるといわれる』(後者なら益軒の最後の「みぞはぎ」も腑に落ちる)。『「千屈菜(みそはぎ)」は秋の季語で』、『「千屈菜(せんくつさい)」として下痢止めなどの民間薬としても』用いられる。但し、『本来』の『「千屈菜」(qianqucai)という漢名は』、同じく収斂性を持つ『止瀉薬として下痢に用いられてきた』近縁種の『エゾミソハギ』Lythrum salicaria 『を指』す。『エゾミソハギ』『はミソハギより大型で、葉の基部が茎を抱き、毛が多い。九州以北の各地(「エゾ」と冠するが、『北海道に限らない)や、ユーラシア大陸や北アフリカにも広く分布する。欧米でも観賞用に栽培され、ミソハギと同様に盆花にもされる』とある。

「中元」道教に由来する年中行事で、三元の一つ。本来は旧暦の七月十五日に行われていたが、現代の日本では新暦の同日或いは八月十五日に行われる。当該ウィキによれば、『中元は三元の一つで、地官大帝(もしくは赦罪大帝。舜と同一視される)の誕生日であり、様々な罪が赦される贖罪の行事が催される。また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪が赦されるよう願う行事も催される』。『中国仏教では、この日に祖霊を供養する盂蘭盆会を催すようになった。仏弟子の目連が毎年、亡母を供養した日とされるが、原始仏教には祖霊供養の習慣はなく、中国で生まれた創作話であり、日付も中元に付会させた後付けとされる。なおインド仏教には盂蘭盆(ウランバナ、倒懸)という用語はあるが、これは年中行事とは関係ない哲学的概念であり、行事としての盂蘭盆会は中国起源である』とあり、さらに、『日本では、盂蘭盆会は道教を通じて習合し、お盆の行事となった。江戸時代には、盆供(先祖への供物)と共に、商い先や世話になった人に贈り物をするようになり、この習慣を特に中元と呼ぶようになった』とある。

「人鬼」上記の通りで、中元が中国由来であるから、この「鬼」は「死者」の意である。

『水を祭る故、「みづかけ草」とも云ふ』本邦の神道の禊もこれに習合したことが判る。]

« 大和本草卷之八 草之四 水草類 龍舌草 (ミズオオバコ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 浮薔(なぎ) (ミズアオイ) »