フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之八 草之四 水草類 澤瀉(をもだか) (オモダカ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 牛尾薀 (マツモ類か) »

2021/05/25

大和本草卷之八 草之四 水草類 小蓮花 (ヒツジグサ)

 

【和品】

小蓮花 小草也葉ハ水葵ノ如ク花ノ大ハ小梅花ノ如

ク秋ノ末白花ヲ開ク可愛

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

小蓮花(これんげ) 小〔さき〕草なり。葉は水葵のごとく、花の大〔きさ〕は、小〔さき〕梅花のごとく、秋の末、白〔き〕花を開く。愛すべし。

[やぶちゃん注:これはちょっと困った。まず、この「小蓮花」は現行では所謂、我々が「睡蓮」と呼んでいる、

双子葉植物綱スイレン目スイレン科スイレン属 Nymphaea 亜属 Chamaenymphaea 節ヒツジグサ Nymphaea tetragona

の異名である。しかも本邦にはこのヒツジグサ一種しかスイレン属は自生しないのである。辞書に高山植物などとあったので、別種で「コレンゲ」なるものがいるかと思って調べたが、んなものは、ない。『大和本草卷之八 草之四 水草類 睡蓮 (ヒツジグサ〈スイレンという標準和名の花は存在しない。我々が「スイレン」と呼んでいるのは「ヒツジグサ」である〉)』を見られたいが、どうも気に入らないのは、益軒先生お得意の相似表現なんである。水面に円形の切れ込みの入った葉を浮かべるヒツジグサと、抽水植物で茎は横に這う根茎となって斜上し、そこに葉が水上空中に束生する心臓型の「水葵」単子葉植物綱ツユクサ目ミズアオイ科ミズアオイ属ミズアオイ Monochoria korsakowii 「大和本草卷之八 草之四 水草類 浮薔(なぎ) (ミズアオイ)」参照)の葉は、全然、似てないからなんである! しかし、ヒツジグサ以外には私には考えられない。他種があるとなら、御教授を乞うものである。

« 大和本草卷之八 草之四 水草類 澤瀉(をもだか) (オモダカ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 牛尾薀 (マツモ類か) »