フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 伽婢子卷之五 和銅錢 | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 睡蓮 (ヒツジグサ〈スイレンという標準和名の花は存在しない。我々が「スイレン」と呼んでいるのは「ヒツジグサ」である〉) »

2021/05/08

芥川龍之介書簡抄53 / 大正四(一九一五)年書簡より(十九) 二通(塚本文への結婚を前提とした恋情の明白な表明である山本喜誉司宛書簡と、奇体な夢記述の井川恭宛書簡)

 

大正四(一九一五)年十二月十三日・牛込區赤城元町竹内樣方 山本喜譽司樣 直披・十二月十三日朝 芥川龍之介

 

文ちやんはマダモアゼユの中からマダムのやうな所のある顏をしてゐる type としてはすきな顏だ

大へんすましてゐたから嘸[やぶちゃん注:「さぞ」。]窮屈で退屈だつたらうと思ふ 少し氣の毒な氣もする もつと平氣ではしやいでゐればいゝのに

こないだ電車(品川ゆきの)の中で丁度文ちやん位の人にあつた 事によつたら文ちやんかと思つた 僕ははつきりした顏の記億がなかつたから

その顏には僕のきらひな feature があつた だからもしかこれがほんとうに文ちやんだつたら少し困ると思つた

今それが文ちやんでない事を確め得たのは幸福である

もし前にかいた事が逆に行つて實際少し困るやうな事になつたとしたら僕はこの手紙をどうかくだらう 自分の感じでゐる事を平氣で皆かくだけの勇氣が出るだらうかどうか――かう考へて來ると僕文ちやんの心もちと云ふやうな事を確めた上にも確めないといけないと思つた 何故と云へば僕にしてももし文ちやんが嫌ひになつたとしたらすぐに嫌ひだと云ひ得る勇氣があるかどうか覺束ないのに女の人は猶さう云ひ切れないだらうと思ふからだ かう云ふやうに既に出來上つてゐる判斷を表白するのがむづかしい上に文ちやんはこの判斷をつくるべく余りに若くすぎてゐるかもしれないと思ふ さうすると事は愈曖昧になつて來る 僕はこの曖昧な事實を明瞭にすべき任務を全部君に委任する 君がその爲に用ひる手段及それに要する時間は全然君の自由にして頂きたい

要するに間題は文ちやんの意志だ

僕自身僕の行爲(この場合は結婚)に責任をもつやうに文ちやん自身もその行爲に責任をもち得る程意志を自覺してほしい

遠慮はこの際すべてを誤るものだ

 

公にする前に他に文ちやんの結婚問題が起るとしたら勿論僕にとつてそれを detain する權利はない 當然それは君の方の自由にすべきものだと思ふ

僕は僕の意志を尊重する その故に他人の意志を尊重する 徹頭徹尾問題は意志にあると思ふ

 

最後にもう一度明白に書き加へる オイセルリツヒに僕は文ちやんがすきである インネルリツヒにはまだわからない さうしてそのインネルリツヒの問題を解決するものは半分以上文ちやんの意志(乃至そのインテンジテート)にあると思ふ

 

之でやめる コロツケイで胃を惡くした

十二日夜               龍

   喜 譽 司 樣

 

[やぶちゃん注:「feature」特徴。

「detain」引き止める。待たせる。

「オイセルリツヒ」ドイツ語の äußerlich。オイサァリヒ。外面的な。

「インネルリツヒ」同前で innerlich。イナァリヒ。内面的な。

「インテンジテート」同前で Intensität であろう。インテンズィテート。「強度」或いは「迫力」や「精神的緊張」の意。

「コロツケイ」コロッケのことであろう。コロッケ(和製通用英語:Korokke/英語:Potato croquettes)は、茹でて潰したジャガイモやクリームソースに挽肉や野菜などを混ぜ合わせ、丸めて衣で包み食用油でフライ状に揚げた、西洋料理のクロケット(フランス語:croquette/オランダ語:kroket)を模倣した日本の独自に進化した洋食の一種である。]

 

 

大正四(一九一五)年十二月二十一日(年次推定)・田端発信・井川恭宛(転載)

 

獨乙語の試驗一つすまして休みになつた

每日如例[やぶちゃん注:「れいのごとく」。] 漫然とくらしてゐる 昨日は成瀨のうちへ行つて 久米と三人 暖爐のまはりに倚子をならべて一日話しをした 久米のかいてゐる戲曲の慷槪[やぶちゃん注:ママ。「梗概」。]もきいた 成瀨もやがて小說をかくと云ふ事であつた 無能なら僕は無能なるまゝに此休みも漫然と本をよんでくらさうと思ふ

 

上野の音樂會の切符を三枚もらつたから君と僕と僕の弟と三人できゝに行つた樂堂の一番高い所にすはつてまつてゐると合唱がはじまつた非常に調子はづれな合唱である誰かゞあれは學習院の生徒の合唱だからあゝまずいんだと云つた そのうちに妙な女が出て來た桃色のジュポンをはいて綠色のリボンをつけてゐる 其女が「私は井上の家内であります」といつた はゝあ俳優井上の細君だなと思つてゐると女は「これから催眠術を御らんに入れまする」と「る」に力を入れて云ふかと思ふと妙な手つきをして體操みたいな事をやりはじめた よくみると女のうしろの台の上に小さな女の子が二人 磔[やぶちゃん注:「はりつけ」。]のやうに兩手をひらいて立つてゐる それが女の手を動かすにつれて眠るらしい そのうちに何時の間にか僕の弟が段を下りて女のそばへ行つて一緖になつて妙な手つきをしてゐる何故だかしらないぷが「これはいかんあの女は井上の家内だなんて云つて實は九尾の狐なんだ」と考へたから君にどうしたらいいだうに相談した 其答が甚奇拔である「狐と云ふものは元來臆病なもんだから二人で一度に帽子をぶつけてわつと云へばにげるにきまつてゐる」と云ふのであるそこで其通りに實行した すると果して女は白い南京鼠程な狐になつてストーブの下へきえてしまつたそれで目がさめた 近來にない愚劣な夢である

 

東京の大學ぢやあローレンス先生の御機嫌をよくとらなくつちやあ駄目ださうだ「さうだ」と云ふが之は皆先輩か「だ」と云ふのを君に傳へる爲に「さうだ」と謙遜したんだから確な事實として駄目なのである一體先輩たちが此樣な不合理な事の行はるゝのを默過するのみならず後輩をして其顰[やぶちゃん注:「ひそみ」。]に習ふべく勸告するに至つては言語道斷であると思ふ 卒業論文はキーツ以後に下つては及第しないワイルドをかいて一番びりで卒業した人の如きは僥倖の大なるものである其上古代英語中世英語を學ばざるものは駄目で硏究室に出入してチョーサアやスペンサーの質問をローレンスにしないものは駄目である英文の助手に井手と云ふ文學士がゐるが机の上ヘワイルドをのせておいたらローレンスが來て眉をひそめながら「不肖ながら自分は未こんなものに頭をわずらはされる程愚にかへつてはゐないつもりだ」ときめつけたそこで井手君は爾來ワイルドは悉机のひき出しにおさめて よまないふりをしてゐると云ふ話しである もう少し尊王攘夷をやらなくつちやあ駄目だと思ふが下手に動くと却つてひどい目にあふからこまる

山宮さんの如きは此點に於ては成功者で字の形までローレンスをまねて得意になつてゐる

松浦さんの講義も少し座談めいてゐる 夏目さんの文學論や文學評論をよむたびに當時の聽講生を羨まずにはゐられないどうしてかう譯のわからない世間だらうと思ふ

 

イエーツを送つた 戲曲は少ししらべてゐる事があるので送れない

僕は郵便制度に迷信的な不安を持つてゐる其上藤岡君からの使りが途中で紛失してから一層物騷になつた 本がついたら面倒でもしらせてくれ給へ聊心配になる

 

此間ベルグソンの「笑」をよんだ 理屈が割合にやさしかつたのでよくわかつた よくわかつたから面白かつた

面倒くさいな かくよりあつて話しをした方が遙に埒があく僕は君に話す事が澤山ある一日しやべつてゐてもつきない程澤山ある

 

城下良平さんが遊びに來たから筆をすてる皆さまの健在を祈る

   十二月廿一日午後       龍

  恭   君 梧下

 

[やぶちゃん注:この書簡の「愚劣な夢」は『井川恭著「翡翠記」(芥川龍之介「日記より」含む) 「四」』(私の分割電子化注)にも引用されている。

「ジュポン」jupon。フランス語で「女子の下裾着」を指す。「ズボン」の語源とするのは当たらない。十六世紀以来、スカートにあたる「ジュプ」(jupe)が女装として定着するにつれて、専らその下に履く女性用の下履き(ペティコート(英語:petticoat)の類い)を指すようになったのであって、発音は酷似していても、語義上の関係性はないからである。

「俳優井上」新派俳優で映画監督でもあった井上正夫(明治一四(一八八一)年~昭和二五(一九五〇)年)のことであろう。私は衣笠貞之助監督の、本邦に於ける真正のシュールレアリスム映画の嚆矢たる名作「狂つた一頁」(大正一五(一九二六)年公開。横光利一や川端康成などの新感覚派の作家と衣笠が結成した「新感覚派映画聯盟」の第一回作品。無字幕サイレント)で精神病院の小使い役の主演を張った彼が、映画とともに忘れられない。

「南京鼠」ネズミ目ネズミ上科ネズミ科ハツカネズミ属ハツカネズミ品種ナンキンネヅミ Mus musculus 。中国産ハツカネズミの畜用品種。実験用マウスよりも小形。毛色は黒白斑が基本で、黒目のものや、純白で目が赤色いものなどもいる。愛玩用として江戸時代から飼養されてきたが、近年は見られなくなった。

「ローレンス先生」既出既注

「顰に習ふべく」通常は「顰(ひそ)みに倣(なら)ふ」と書く。「荘子」の「天運篇」を原拠とする。「善し悪しも考えず、矢鱈と人の真似をすること」を言うが、時に「他人にならって物事をするのを謙遜して言う場合にも用いる。

「キーツ」イギリスのロマン主義の詩人。ジョン・キーツ(John Keats 一七九五年~一八二一年)。「以後に下つては」という場合、厳密にはキースも含まれるが、どうも、キーツはよさそうだ。

「ワイルド」複数回既出既注。「芥川龍之介書簡抄9 / 明治四五・大正元(一九一二)年書簡より(2) 山本喜譽司宛(ビアズリーのワイルド「サロメ」の挿絵の「舞姫の褒美」の部分模写添え)」をリンクさせておく。

「チョーサア」イングランドの詩人ジェフリー・チョーサー(Geoffrey Chaucer 一三四三年頃~一四〇〇年)。である。当時の教会用語であったラテン語及び当時のイングランドの支配者であったノルマン人貴族の公用語であったフランス語を使わず、世俗の言葉である中世英語を使って物語を執筆した最初の文人とされ、「英詩の父」とも呼ばれる。鋭い人間観察と寛容なユーモアにより、中世ヨーロッパの物語文学の集大成ともいうべき「カンタベリー物語」The Canterbury Talesが知られる。

「スペンサー」イギリスの哲学者で社会学の創始者の一人としても知られるハーバート・スペンサー(Herbert Spencer 一八二〇年~一九〇三年)。私の『小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一五) / “Glimpses of Unfamiliar Japan ”第一巻~了』の私の注を見られたい。

「井手」不詳。それらしい人物に英文学者井手義行(明治二二(一八八九)年~昭和四七(一九七二)年)がいる。熊本県阿蘇郡宮地町出身で、東京帝大文科大学英文科を大正二(一九一三)年に卒業しており、同年、東京外国語学校講師となり、同六年に教授、昭和二〇(一九四五)年に東京外事専門学校校長、昭和二十四年には東京外国語大学学長事務取扱となって同年に退職後、翌年には中央大学教授となった。ここで英文科の助手と言っているので違うかも知れない。ただ、講師と助手を掛け持ちでする者は少なくない。

「山宮さん」既出既注

「松浦さん」英文学者松浦一(はじめ 明治一四(一八八一)年~昭和四一(一九六六)年)。東京生まれ。当該ウィキによれば、明治三八(一九〇五)年、『東京帝国大学英文科卒。在学中は、小泉八雲・夏目漱石に学び、卒業後、同大学の講師を経て』、昭和一九(一九四四)年に『高千穂経済専門学校』(現在の高千穂大学)の教員となり、昭和二六(一九五一)年、『中央大学文学部教授』となり、『定年退職』後も、『大正大学教授、駒澤大学教授を務めた。講師として東大文学部で行った講義は、仏教信仰を基礎とした文学論で知られ、芥川龍之介などがこれを聴講した』とある。

「イエーツ」複数回既出既注

「僕は郵便制度に迷信的な不安を持つてゐる」吉田弥生への大事な手紙の痛い違配経験がトラウマとなっているのである。

「藤岡君」既出既注

『ベルグソンの「笑」』フランスの哲学者アンリ=ルイ・ベルクソン(Henri-Louis Bergson  一八五九年~一九四一年)の「笑い」(Le rire :一九〇〇年)。岩波文庫の解説に、『人間特有の「笑う」という現象と』、『それを喚起する「おかしみ」の構造とを』、『古典喜劇に素材を求めて分析し』、『その社会的意味を解明』したもので、『生を純粋持続ととらえる著者の立場が貫かれた一種の古典喜劇論でもある』とある。

「城下良平」既出既注

【2020年5月17日追記】岩波旧全集の編者が誤って大正五年とした大正四年の一本の書簡を「芥川龍之介書簡抄59」で公開した。合わせて読まれたい。]

« 伽婢子卷之五 和銅錢 | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 水草類 睡蓮 (ヒツジグサ〈スイレンという標準和名の花は存在しない。我々が「スイレン」と呼んでいるのは「ヒツジグサ」である〉) »