フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草附錄巻之二 介類 島村蟹 (ヘイケガニ(類)) | トップページ | 大和本草附錄巻之二 介類 「蠣粉」・「蚌粉」の用途 (カキ類及びハマグリ(限定は甚だ疑問)類の殻の粉末の用途) »

2021/05/03

大和本草附錄巻之二 介類 漢方薬剤「上甲散」・「下甲散」の原料 (スッポンの甲羅と腹板)

 

入門ニ上甲散下甲散トテ藥方アリ曰上甲ハ卽龜甲

下甲ハ卽龜板

○やぶちゃんの書き下し文

「入門」に、『上甲散』・『下甲散』とて藥方あり。曰く、『上甲は、卽ち、龜の甲。下甲は、卽、龜の板〔(いた)〕。』と。

[やぶちゃん注:「入門」明の李橚(しゅく。但し、李梃(てい)ともする)「醫學入門」。一五七五年成立。中国古今の医説の要説を述べ、経絡から臓腑の解説、諸科の診断と治療法、本草の性質概説、歴代医学者の名まで網羅する。全七巻。「外集」の巻六に、

   *

上甲下甲積熱烘。

上下甲丸 上甲・下甲、各一兩。側柏葉・栝蔞仁・半夏・黃連・黃芩・黃柏、各五錢。爲末、蒸餅爲丸服、退勞熱食積痰。

下甲丸 下甲五兩。側柏一兩半。香附三兩。爲末、姜汁浸地黃膏爲丸、梧子大。每三十丸、空心白湯下、治抑結不散。以上兩方、乃丹溪所立、遍訪上甲・下甲、人無識者、後詢老醫、雲上甲卽鱉甲、下甲卽龜板、此二味、善治陰虛食積發熱、當從之。

   *

とあった。これを見るに、最後の箇所に「鱉」(すっぽん/ベツ)であるから、爬虫綱カメ目潜頸亜目スッポン上科スッポン科 Trionychidae のスッポン類(スッポン亜科キョクトウスッポン属ニホンスッポン Pelodiscus sinensis 。中文漢名は「中華鱉」で、本邦の現生種は古くに中国から齎されたものと考えられ、本邦種をキョクトウスッポン属当該種亜種Pelodiscus sinensis japonicusとする説もある)の上面の甲羅を「上甲」、下面腹部側の腹甲を「下甲」「龜板」と称しているようである。スッポンの場合は上下ともに甲羅は退化して通常のカメよりも小さく、上甲は頭部の方に寄っており、辺縁部は軟骨化しているため、骨だけにすると、背骨が左右に突き出る形になる。腹甲もかなり薄い。]

« 大和本草附錄巻之二 介類 島村蟹 (ヘイケガニ(類)) | トップページ | 大和本草附錄巻之二 介類 「蠣粉」・「蚌粉」の用途 (カキ類及びハマグリ(限定は甚だ疑問)類の殻の粉末の用途) »