フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本山海名産図会 第四巻 燒蛤幷ニ時雨蛤 | トップページ | 大和本草諸品圖下 潮吹貝(シホフキガヒ)・彌勒貝・コブシガニ・石𧉧(カメノテ/シイ) (オニアサリ・イソシジミ或いはウスレイソシジミ・コブシガニ・カメノテ) »

2021/06/13

大和本草諸品圖下 子安貝・海扇・マガリ・紅蛤 (ヤツシロガイ或いはウズラガイ・イタヤガイ・オオヘビガイ・ベニガイ)



Kai3

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションの画像をトリミングした。]

 

子安貝

横四五寸長同内※殻厚

[やぶちゃん注:「※」=「氵」+「闊」。]

水六合許

光彩〔一〕

者亦稱

子安貝

同各異

物也其

圖見于後

○やぶちゃんの書き下し文

子安貝

横、四、五寸、長〔(た)〕け、同じ。内、※〔(ひろ)く〕、殻、厚し[やぶちゃん注:「※」=「氵」+「闊」。]。水、六合許りを容るる。別に光彩有る者、亦。「子安貝」と稱す。同〔じくして〕、各〔(おのおの)〕、異物なり。其の圖、後に見ゆ。

――――――――――――――――――

海扇 ホタテ貝シヤクシ貝

○やぶちゃんの書き下し文

海扇〔(うみあふぎ)〕 「ほたて貝」。「しやくし貝」。

――――――――――――――――――

マガリ

海邊岩

生ス其

曲ス

肉在

味頗

名未〔ㇾ〕

○やぶちゃんの書き下し文

まがり 蠣〔(かき)〕の類。海邊〔の〕岩に付きて生ず。其の殻、屈曲す。肉、其の中に在り。味、頗る好し。其の漢名、未だ知らず。

――――――――――――――――――

紅蛤

 其殻極其長不ㇾ過

 寸橫七八分

○やぶちゃんの書き下し文

紅蛤〔(べにがひ)〕

 其の殻、極めて薄し。其の長〔(た)け〕、二寸に過ぎず、橫、七、八分。

[やぶちゃん注:「子安貝」は見るからにコヤスガイ=「タカラガイ」類ではない。独特の螺肋の紋様と、大きさと、水の容量をしめす(これは巻の緩いタカラガイ類では相応しい表現とは思われない)ところから見て、通常の別な腹足類(巻貝)で、恐らくは、

腹足綱ヤツシロガイ上科ヤツシロガイ科ヤツシロガイ属ヤツシロガイ Tonna luteostoma

か、

同属のウズラガイ Tonna perdix

辺りが推定される。前者は貝蒐集を本格的に始めた高校時代、殻高十センチメートルを越える美しい個体標本を知人の蒐集家から貰って持っていたのだが、秘かに憬れていた学校の高卒の新任の事務員のお姉さんにプレゼントしてしまった。ヤツシロガイの学名のグーグル画像検索を示しておく。

「海扇〔(うみあふぎ)〕」は「ホタテ貝」とあるが、放射肋がはっきり見え、翼形亜綱イタヤガイ目イタヤガイ上科イタヤガイ科 Mizuhopecten 属ホタテガイ Mizuhopecten yessoensis ではない。「シヤクシ貝」という異称からも、これは、

イタヤガイ科イタヤガイ属イタヤガイ Pecten albicans

である。和名は、左殻が扁平で赤褐色を呈し、この放射肋と色が、木の板で葺いた家屋(板屋)の屋根にミミクリーしたもの現在も別名を「ヒシャクガイ」(無論、柄をつけて貝柄杓としたからである)呼ぶ。「大和本草卷之十四 水蟲 介類 海扇も参照されたい。

「マガリ」は、「蠣〔(かき)〕の類」とするが、誤りで(不定形で、そう捉えた気持ちは判る)、図と「屈曲す」とあるから、

腹足綱直腹足亜綱新生腹足上目吸腔目ムカデガイ科オオヘビガイ属オオヘビガイ Serpulorbis imbricatus

である。当該ウィキによれば、『岩石の上に殻を固着させて生活する。巻き方は不規則で、時にほぐれた形にもなる』。『岩の上に殻を固着させて成長するため、岩の形などによってその形は多少変わる』。『おおよそでは成貝で殻径』五センチメートル、殻高二センチメートル『程度になる。殻口の径は老成貝で』一・五センチメートル『程度。固着して後は』、『次第に殻の径を増しながら巻き上がってゆく形になり、上から見ると』、『左巻きに見える。ただし巻かずに伸びてしまった形で育つ例もある。なお殻口部分はそこまで巻いてきた殻の上に乗るか、または多少基盤を離れて立つ傾向がある』。『螺管断面が半円形から円形で、表面には幾筋かの瓦状の螺肋と多数の糸状の螺肋がある。殻の表面は淡灰褐色で、殻口の内面は白い』。『殻は巻き上がっているので』、『見た目は左巻きに見え、これを超右巻き(Superdextral)という』。『活動として殻から肉体を出すことはなく、せいぜい頭が見える程度である。摂食方法としては粘液を分泌してそれを水中に網状に広げ、これに引っかかったデトリタス等を回収して食べる』。『網となる粘液は足から分泌される』。『食べる際は粘液ごと回収してしまう』。『繁殖時は夏で、卵の入った袋を殻の入り口の内側につるす』。『卵はこの嚢内で孵化し、ベリジャー幼生』(veliger larva)『となって泳ぎ出る』。『胎殻は右巻き』『で滑らかで光沢がある』。『なお』、『繁殖には他家受精が必要であるが、本種は集団を作らない。つまり他個体と接触する方法がない。受精に関しては雄が精子のカプセルを放出し、雌が粘液の糸で絡め取ってそれを回収、体内で受精が行われる、との報告がある』という。『日本では北海道以南、それに台湾と中国に分布する』。『生息地は沿岸岩礁の潮間帯で』、『波当たりの弱い岩場やタイドプールでよく見られる』。『日本本土ではどこでも普通だが、奄美ではこれに代わってリュウキュウヘビガイ S. trimeresurus が出現する』。但し、『この種は四国南部からも知られる』、また、『殻に薄紫や褐色の斑があるソメワケヘビガイ』S. dentiferus 『も紀伊半島以南に分布する』。『なお、別属のフタモチヘビガイ Dendropoma maximum は殻に蓋を持』ち、『紀伊半島以南に見られる』。『本種の死んだ殻は岩の上にパイプ状の構造を作ることになり、岩表面の構造を複雑化し、他生物が利用することで種多様性を高める効果がある。ナベカ』(スズキ目ギンポ亜目イソギンポ科 Omobranchini 族ナベカ属ナベカ Omobranchus elegans )『やクモギンポ』(ナベカ属クモギンポ Omobranchus loxozonus )『が産卵床として利用することが知られている』。『コケギンポ』(スズキ目コケギンポ科コケギンポ属コケギンポ Neoclinus bryope )『では二枚貝に産卵する例もあるが、本種の殻を利用する率が高い。またこの種では雄が卵の保護を行うが、その際に雄が殻口から頭部だけを出すと、頭についている皮質の突起が周囲の付着生物と紛らわしく見え、一種の隠蔽の効果を持っているとみられる』。『また』、『本種の殻の隙間にはゴカイ類などが住み着いている。その中には本種が出して栄養分を集める粘液を食べるものがあると考えられる』。ゴカイ科Perinereis 属『クマドリゴカイ Perinereis cultrifera は実験室内の観察で本種が粘液を引き戻して摂食する際に』、『殻口に出てきて、その一部を摂食することが観察された。これは一種の盗み寄生と考えられる。他にもゴカイの』一『種 Nereis sp. やシリス科』の『種 Ophisthosyllis sp. が同様の行動を取っているらしいことも観察されており、同様の関係を持っている可能性がある。これらのゴカイ類の摂食が本種の栄養にどれほど影響があるかなどは未知である』。『一般に広く利用されるものではないが、肉は食べれば』、『美味であり、食用とする地域がある』。『ハンマーや鏨などを使って剥がす必要があるが、茹でたところで』、『殻の口のところを割ってから口からすすり込むと』『、食べやすく、粘液が多くとろりとした舌触りと甘みのある貝独特のうまみが絶品とのことである』。私は牡蠣の大きな個体に附着していたものを茹でて食べた経験があるが、確かに非常に美味いものであった。

「其の漢名、未だ知らず」現在、中文名では「大蛇螺」であるが、これは近代の本邦の和名からの逆輸入であろう。

「紅蛤〔(べにがひ)〕」は形状と名とキャプションから、

斧足綱異歯亜綱マルスダレガイ目ニッコウガイ科ベニガイ Pharaonella sieboldii

である。学名のグーグル画像検索をリンクさせておく。私の遠い昔の記憶の中の紅貝だ……「『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 19 産物」で、拘って同科の近縁種を列挙してある。]

« 日本山海名産図会 第四巻 燒蛤幷ニ時雨蛤 | トップページ | 大和本草諸品圖下 潮吹貝(シホフキガヒ)・彌勒貝・コブシガニ・石𧉧(カメノテ/シイ) (オニアサリ・イソシジミ或いはウスレイソシジミ・コブシガニ・カメノテ) »