フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介書簡抄99 / 大正九(一九二〇)年(四) 二通 | トップページ | 芥川龍之介書簡抄101 / 大正九(一九二〇)年(六) 避暑した青根温泉関連五通 »

2021/07/21

芥川龍之介書簡抄100 / 大正九(一九二〇)年(五) 南部修太郎宛二通(南部の「南京の基督」批評への反駁)

 

大正九(一九二〇)年七月十五日・田端発信・南部修太郞宛

 

啓 君の手紙を見た君は手紙の中と新聞の月評とでは「南京の基督」に對する批評を別な調子で書いてゐるそれがどうも愉快な氣がせぬ僕には月評を書いてゐる君が僕の作品を或程度褒めながらしかも褒めた事によつて世間の輕蔑を買はないやうに用意してゐるやうな氣がするこれは僕の邪推かも知れぬしかし調子が違つてゐる事は事實だ又その點を看過しても純粹に理窟の上から云ふと君はあの作品に藝術的陶醉(エクスタシイ)[やぶちゃん注:二字へのルビ。](君の言葉を借りる)を感じながら君の心にアツピイルする何物かがないと云つてゐる藝術品が君に與へるものは何故藝術的陶醉のみではならないか君の心にアツピイルする何物かとは如何なる摩訶不可思議なものかその點にどれだけ君が眞面目な考察をしてゐるか疑問だと云ふ心もちがする又君はあの作品を評して僕が遊びが過ぎると云つてゐる遊びが過ぎるとはあの種の作品を書く事かそれとも特にあの作品に現れた僕の態度を指して云ふのかもし前者ならば僕は卽座にトルストイ、フランス、バルザツクその他近代の大家の作品を十までは擧げる事が出來るそれらが何故遊びであるか君の答を聞きたいと思ふもし後者ならば君に問ふあの日本の旅行家が金花に眞理を告げ得ない心もちは何故遊びに墮してゐるか僕等作家が人生から Odious truth を摑んだ場合その曝露に躊躇する氣もちはあの日本の旅行家が惱んでゐる心もちと同じではないか君自身さう云ふ心もちを惑じる程殘酷な人生に對した事はないのか君自身無敷の金花たちを君の周圍に見た覺えはないのかさうして彼等の幻を破る事が反つて彼等を不幸にする苦痛を嘗めた事はないのか――それも君に問ひたいと思つてゐる又この二つの他に遊びの義を求めれば僕の仕事の仕方に遊びがあるかあの二十何枚中にたるんだり亂調子になつたりしてゐる所があるか、それも君に問ふのを躊躇しないもし夫 George Murry を點出したのを非難するに至つてはあの作品のテエマを押解しないか、全然それを否定するかだから又多言を要せずだと思ふ

眞面目になると云ふ事は作品中の人物に眞面目な事を云はせるのみではない僕等の日常生活を内外とも立派に處理する事だ僕は君が寸毫の惡意を持つてゐるとは思はないしかし君の眞面目さはもつと鍛鍊せねばならぬと思ふ先輩顏をするのではないが遠慮なく不服を書く君も遠慮なく答へて貰ひたいそれまでは君と會はないつもりだ

    七月十五日朝     我   鬼

   南部修太郞君

 

[やぶちゃん注:相手の南部修太郎は既出既注

「南京の基督」大正九(一九二〇)年七月一日発行の雑誌『中央公論』に掲載、後に「夜來の花」等に所収された。私の古い電子テクストはこちら。私が芥川龍之介の小説の中で五本の一つに挙げる偏愛の作品である。

「新聞の月評」岩波文庫石割透編「芥川竜之介書簡集」(二〇〇九年刊)の注に、『この月一一日『東京日日新聞』掲載の「最近の創作を読む」で、南部は「南京の基督」について、「この種の作品から心にアッピイルする何物かを得ようなどと私は思はない」、「筆達者」は「気持ちが好い」が「たゞそれだけ」と評した』とある。また、ウィキの「南京の基督」には「作品評価・解釈」の項が充実しており、作品を読まれた後に、読まれんことをお勧めしておく。少しだけ引用しておくと、前作「秋」で『せっかく近代心理小説の新しい転換を図ったのに、また以前の得意な作風になったことを惜しむ久米正雄の評もある』とあり、また三島由紀夫は『「実によく出来た、実に芥川的な短篇」としながらも、「古典的名作」とされているこういった作品が、案外「芥川のもので一等早く古びさうに思へる」とし』、『その理由を、芥川が本来的に持っているナイーブさが見られないという主旨で以下のように解説している』として、三島由紀夫の昭和三一(一九五六)年角川文庫の「解説」の以下の引用がある。『それはあながち、一篇の主題の、アナトオル・フランス的な悠々たるシニシズムのためばかりではない。十九世紀趣味の物語手法のためばかりではない。似たやうな手法の谷崎潤一郎の初期作品に比べると、短篇技巧では谷崎のはうが粗雑かもしれないが、あの悪童が泥絵具をおもちやにしてゐるやうなヴァイタリティーがここにはない。「南京の基督」を成立たしめてゐる作者の人生観が、谷崎より幼稚でないならばないなりに、それだけ作者の本来のものではない感じを与へる。つまり完全にナイーヴィテが欠けてゐる』(引用終了)とまず、苦言染みたことを言いつつ、『しかし三島は、こういった評は、「後人のないものねだり」で、短篇小説というジャンルを、その当時の時代にここまで完成させることは、芥川以外の他の誰にもできなかったことであり、「近代日本の急激な跛行的発展の一つの頂点の文学的あらはれ」だと賛辞している』。『そして、その巧さを、「日本人本来の繊細なクラフツマンシップ(職人芸)が、ここまで近代芸術としての短篇小説を完成せしめたのは、現在のカメラ工業の発展とも似てゐる。この精妙なカメラは、本場物のライカをさへ凌いでゐる」とし、これに比して「昭和文学の短篇」はだらしない作品が増え、「川端康成と梶井基次郎と堀辰雄のみが短篇小説の孤塁を守るにいたる」と解説している』とあり、以下には、この書簡への言及もある。

「遊びが過ぎる」前掲書で石割氏は、『南部は「小器用に纏め上げた Fiction を書いて、気持好さそうに遊んでゐる」と評した。また、安倍能成や久米正雄も、ほぼ同じ批評を新聞に寄せた』とある。一部が、前の引用及びここでの引用とダブるが、所持する平成一二(二〇〇〇)年勉誠出版の「芥川龍之介全作品事典」の細川正義氏の本作の解説中の「評価と展望」によれば、『作品の発表された直後の七月十一日の『東京日日新聞』で南部修太郎が、この作品を「小綺麗に小器用に纏め上げた Fiction を書いて、気持好ささうに遊んでゐ」て「心の動きがない」作品に属するものであるが、「冴えた達者さは気持が好い。巧いものだと云ひたくなる」と評した。「遊んでゐる」という表現は後の芥川から南部宛ての書簡の発端にもなるが、「巧いものだ」という見方は、二日後の『読売新聞』に掲載された安倍能成の「巧みに造られたお話」、十四日の『時事新報』での久米正雄による「格を外さぬ文体の美しさ」、「全篇を作す態度の一糸乱れない立派さ、所々を機知で救ふ気禀の閃き」を高く評価した文章でも指摘された。しかし久米は「趣昧ばかりで固めたメルヘンの領域」の作で、「作者の「心の動き」が、どうも真の意味での材料への食ひ入り方が、為に疎外されてゐるやうに感ぜられてならない」という辛目の評も加えた。この「メルヘンの鎖域」をが定的に見る久米の見方に対しては、以後、片岡鉄兵の「芥川氏のロマンチシズムの、最極の表れ」を見、「生の執着と、愛情に対する驚き」が描かれているという指摘』(引用元は「作家としての芥川氏」で昭和二(一九二七)年九月号『文藝春秋』芥川龍之介追悼号に掲載されたもの。私は古くにこちらで電子化している)『や、宮本顕治の「敗北の文学」(『改造』一九二九』(昭和四年)『八)における「氏のロマンチシズムに溢れてゐる」「儚い夢に氏は憐愍と愛撫をそゝいでゐる」といった肯定的評価に変わっていく』ともある。

「Odious truth」醜悪なる真実。

「George Murry」「南京の基督」の最後に出る若い日本の旅行家の心内語の中に出てくる本作の重要な人物。『日本人と亞米利加人との混血兒』で『英字新聞の通信員だと稱してゐた』、『男振りに似合はない、人の惡るさうな人間』と評する人物の名。ネタバレになるので、これ以上は言及しない。次の二信ではストーリーの一部が挙げられるので、未読の方や記憶の彼方に行ってしまっている方は、くれぐれも先ず.、作品を読まれてから読まれたい。

 

 

大正九(一九二〇)年七月十七日・田端発信・南部修太郞宛

 

一、手紙と月評の差は今後なる可く少く願ひたい不快に感ずるのはその差が僕の憎僞感を剌戟するからだその外の理由はない

二、僕の邪推は邪推として取消す

三、作品の批評 in sick に對する君の考は全然見當違ひだから左に個條を分けて反問する

1 君が藝術的陶醉と共に「讀者のモラルを動かし(註に曰モラルを動かすとは意味をなさずモオラル・コンシエンスを動かすの意か)或はそれに觸れる物」を求めるのは單に君の好みか否か好みなら自由だしかし客觀的な理由があるならそれを聞きたい近代の文豪の作品には藝術的陶醉(君の所謂)のみしか與へぬ作品も澤山ある。君が好み以外にそれらの作品を非とするなら(少くとも藝術的により劣つてゐるとするなら)その理由は聞き物だと思つてゐる

2 George Murry を點出しなくとも賣笑婦の信仰を憐んでゐる作者の態度は通じるかも知れんしかし憐みながらそのイリユウジヨンを破らうか止さうかとためらつてゐる心もちは通じない云ひかへれば憐んでゐるよりも一步先の心もちは通じないこれは自明過ぎる程自明の理だ(通じさせなくとも好いと云へば議論にならぬそれは個人的の好みの差だから)たとへば「憐むべき彼はパンを石と思へり」と云ふとする成程その時作者が彼を憐んでゐる心は通じるだらうしかしそれだけの文句では「予は彼にその石なる事を告げんか否かに躊躇せり」と云ふ心もちは通じないと思ふ通じたらその讀者は千里眼だ君にはこれが自明の理とは思へないか

附記 賣笑婦が健全でも傅染した梅毒の爲に相手の男が死ぬ場合は多くある殊に外國人に移つた場合は餘計多いそれを莫迦げた事だと思ふのは君の見聞が狹いからだ且君の使ふフイクシヨンと云ふ語義はひどく低級な意味があるやうに思ふそんな用語例はどこにもないフイクションに惡い意味があればそれは fact に對する場合だ

3 Odious truth 云々の條は更に個條を分けて反問する

(イ)金花の梅毒が治る事は今日の科學では可能だ唯根治ではない外面的微候は第一期から第二期へ第二期から第三期へ進む間に消滅するつまり間歇的に平人同樣となるのだいくら君が治るものかと威張つても治るのだから仕方がないもし君が今日の泌尿器醫學の記載を覆す事が出來るのなら僕は君に降參するさもなければ君が降參すべきだ

(ロ)、(イ)及び2の附記により君の所謂莫迦げた事が莫迦げた事でなくなつた以上 Odious truth 云々の一半は既に不必要になつたと思ふ。しかし更に云ひ餘した[やぶちゃん注:「のこした」。]點を云ふと

(a)金花にとつて基督が無賴漢だつたと云ふ事は Odious truth に違ひないぢやないか感染した梅毒の爲に被感染者が先に死ぬ事が科學的に事實であり且梅毒の一時的平癒が同じく科學的に事實である時詞[やぶちゃん注:「ことば」。]だけのみならず讀者にとつても Odious truth と感じられる事が可能ぢやないかそれでも感じないと云ふならば仕方がない結局個人的な見方の差に歸すべき事だから水掛論はせずに打ち切る事にする唯論理で押して行ける限りは Odious truthと號しても差支へないと思ふがどうか

(b)もし差支へないとすれば「遊んでゐる」と云ふ言葉は取消すべきかどうか[やぶちゃん注:「べきと思ふがどうか」のつもりであろう。]勿論差支へある場合(卽 a に君が no と答へる場合)はこの「b」の問題は始から起らない筈だから君は當然答へなくらよいのだ

4 トルストイ バルザツクetc. の作品は「あの程の作品」の例に擧げたのだ「あの程のうまさの作品」の例に擧げやのではないだから「あの種の作品」を否定せずあの作のみに就いて君がものを云つてゐる今、當然問題にはならない筈だそれは明に彼等の作品の方がうまいこの「うまい」と云ふ意味は勿論君に云はせると「遊んでゐない」と云ふ事になるのだらうが

以上四項に亙つて述べた所に猶君が服さないならもう一度答へ給へ但「1」は大問題だから輕率に答へてくれないやうに望む念の爲に例を擧げて⑴の問を說明すると(「好み」の場合は問題はないが)たとへばメリメの「カルメン」ポオの「赤き死の假面」の如き作品(あれが「南京の基督」とすつかり同傾向だと云ふのぢやない君の云ふ「藝術的陶醉」のみを與へる所の作品と云ふ意味だ)が君にとつて藝術的により望ましくないと思はれる場合その理由を說明せよと云ふ事になるのだ猶「カルメン」「赤き死の假面」が藝術的陶醉以上に君の心もちにもアツピイルする物を與へるならそれを事實(作品中の記載)によつて說明し且それらと「南京の基督」の與へる感銘との差を示してくれ給へ(勿論それがメリメやポオと僕との巧拙に歸するやうな論理の埒外に逸する場合は水掛論に終るから、さうならない限りに於て論じて貰ひたい)

末ながら書き加へる僕は君に些の[やぶちゃん注:「いささかの」。]惡意も持つてゐない君の人格を非議するものがあつたら僕はまつさきに君の爲に戰ふ一人だと思つてくれ給へ問題はすべて議論の上にある 以上

    七月十七日      我 鬼 拜

   南 部 修 太 郞 君

 

[やぶちゃん注:「憎僞感」(ざうぎかん)は、「偽りを憎む気持ち」のであろう。

「in sick」「気持ちの悪い違和感」の意か。筑摩全集類聚版脚注は『欠陥の意か』とする。

「モオラル・コンシエンス」moral conscience。道義感。道徳的良心。

『「憐むべき彼はパンを石と思へり」と云ふとする成程その時作者が彼を憐んでゐる心は通じるだらうしかしそれだけの文句では「予は彼にその石なる事を告げんか否かに躊躇せり」と云ふ心もちは通じないと思ふ』新約聖書の惡魔とイエス・キリストの対話を下敷きにした奇蹟と真の信仰と事実(外見上のそれ)の関係を龍之介風にアレンジしたもの。「一般社団法人キリスト教学校教育同盟」公式サイト内の佐々木哲夫氏の「信じるとは キリスト教Q&A」の「パンか 神の言葉か」に、

   《引用開始》

 悪魔の誘惑は、イエス・キリストの公生涯の始まりの時に起きました。四十日四十夜の断食を経験した直後ですから、イエス・キリストは、かなり、空腹を感じていたことでしょう。悪魔が誘惑したのは、実に、そのような時でした。悪魔とイエス・キリストの対話が成立するには、石をパンに変えるようにと誘う悪魔の言葉が真の誘惑にならねばなりません。即ち、悪魔は、イエス・キリストが石をパンに変え得る人物であると既に知っていたと推察されます。石をパンに変えることのできるイエス・キリストは、石をパンに変えずに旧約聖書の言葉「…人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きる…(申命記8・3)」を引用しつつ答えたのです。

   《引用終了》

「唯根治ではない外面的微候は第一期から第二期へ第二期から第三期へ進む間に消滅するつまり間歇的に平人同樣となる」梅毒の後期潜伏期は、見かけ上の緩解期で、この期間は感染力を持たないことが知られているだけでなく、この期間は病態差が甚だしく、数年から実に数十年も続くことも知られている。無論、龍之介が言うように、これは治ったわけではない。しかし、それは見かけ上の「fact」から見れば、治ったように見え、また、当該潜伏期にある人物が別な疾患によって亡くなったならば、個人の意識の中に於ける「fact」にあっては、秘蹟による快癒と信じられるということは何ら「おかしなこと」「哀れむべきこと」では決して、ない。物理的生理的病理学的事実は信仰を裏切るものでは、もともとないことは自明であると私は思っている。私は何の信仰も持たないが、科学的知識が万能だともさらさら思っていない。

「赤き死の服面」の如き作品(あれが「南京の基督」とすつかり同傾向だと云ふのぢやない君の云ふ「藝術的陶醉」のみを與へる所の作品と云ふ意味だ)が君にとつて藝術的により望ましくないと思はれる場合その理由を說明せよと云ふ事になるのだ猶「カルメン」「赤き死の假面」「赤死病の仮面」(The Masque of the Red Death )は一八四二年に発表されたエドガー・アラン・ポーの短編小説。国内に「赤死病」(黒死病(Black Death)=ペスト(ドイツ語:Pest)をモデルとした架空の伝染病)が蔓延する中、病いを逃れて臣下とともに城砦に閉じこもり、饗宴に耽る王に、不意に現れた謎めいた仮面の人物によって死が齎されるまでを描いたゴシック恐怖小説。私の好きな作品である。より詳しいシノプシスは参照した当該ウィキを見られたい。]

« 芥川龍之介書簡抄99 / 大正九(一九二〇)年(四) 二通 | トップページ | 芥川龍之介書簡抄101 / 大正九(一九二〇)年(六) 避暑した青根温泉関連五通 »