フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梅崎春生 日記(恣意的正字歴史的仮名遣変更版)3 昭和九(一九三四)年(全) | トップページ | 伽婢子卷之七 飛加藤 »

2021/07/05

梅崎春生 日記(恣意的正字歴史的仮名遣変更版)4 昭和一〇(一九三五)年(全)

 

   昭和一〇(一九三五)年

 

十二月十六日

 高木淸子は結婚し、德永靜香は、思ふだけでも蟲酸(むしず)が走るし、まつのやのマリ子は一介の賣春婦であるし、立川は乳臭い、生意氣な不良少女だし、「オリンピツク」のマダムはもう人のもの、雨森幸子さんは數十里はなれたところで今日もハンガリア・ラプソデイを彈じて居ようし、その他、數多のおんなの子たちは緣なき衆生(しゆじやう)とかたづけて、俺は此處に一個の現實的浪漫主義者だ。純情の港へ、再び出帆する日も近いだらう。今の中さ。あらゆる女をけがし、辱しめ、かくし所を白日の下にさらけだし、羞恥に身悶へする彼女たちを自然科學者の如く冷やかな目でみてやるのさ。

[やぶちゃん注:「ハンガリア・ラプソデイ」Hungarian Rhapsodies。フランツ・リストがピアノ独奏のために書いた作品集「ハンガリー狂詩曲」。全十九曲。特に第二番が知られ、ここで春生が想起しているのもそれであろう。]

 

十二月十七日

 明日より試驗。到頭二學期も駄目らしい。

 八十五番程度かなと思う。

[やぶちゃん注:この年で満二十歳。『龍南會雜誌』に詩篇「春」「空虛なる展望」の二篇を発表している。]

« 梅崎春生 日記(恣意的正字歴史的仮名遣変更版)3 昭和九(一九三四)年(全) | トップページ | 伽婢子卷之七 飛加藤 »