フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 駿河町越後屋替紋合印の事 文寶堂 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 元文五年の曆のはし書 文寶堂 »

2021/08/14

曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 銀河織女に似たる事 文寶堂

 

   ○銀河織女に似たる事

南亞米利加のうちに、「アマソウネン」といふ所あり。此所の山に女ばかりすみて、一年に一度河を渡りて男に逢ふといふ。その河の名を蠻語にては、「リヨデラタラタ」といひ、紅毛語にては、「シリフルリヒール」といふ。「シルフル」は「銀」なり。「リヒール」は「河」なり。もろこし人のいひ傳へし銀河織女の事などは、かゝる事を聞き傳へたるにや。その山の邊に、男つねにかよへば、竹鎗にて、ふせぎて、入れず、といふなれば、「阿蘭陀通事、今村金兵衞、話なり。」と、蜀山翁、申されき。【解、按、「坤輿圖說」、「韃而靼・附錄」、「亞瑪作搦」條下曰、『迤西舊有女國。曰亞瑪作搦。最饒勇善戰甞破名郡一國俗惟春月容男子。一至其地。生ㇾ子。男輙殺也。今又爲他國所ㇾ倂。今村生所ㇾ話、亞瑪作搦女國事、蓋據ㇾ之也。著作堂追記。】[やぶちゃん注:頭書。「解」は馬琴の本名。]

 

[やぶちゃん注:前の前で本電子化冒頭に述べた掟を破って。えらい時間をかけて注を施してしまったので、この馬琴の頭書もスルーしようと思ったが、幸いにしてchinjuh 氏のブログ「ネタ袋」の「兎園小説より抜き書き」で、かなり詳しい注を附しておられるのを見出したので(多言語にお詳しい方である)、引用させて戴く。

   《引用開始》

# アマソウネン…オランダ語でアマゾンのことか。

# リヨゲラタラタ… スペイン語の Rio de la Plata リオデラプラタが訛ったものか。

# シリフルリヒール… ロシア語で銀は серебро シリブロ、川は река リカーである。

# ■…漢字が出ない! しんにょう+施の旁の部分[やぶちゃん注:「迤」。「迤西」は雲南省の旧称であるが、そこを指しているかどうかは判らない。「迤西」には広義の「西洋」の意味もあるからである。ただ、以下の記者の注からすれば、「迤西」は一般名詞で広義の中国の西の方でタタールと一致する。]

# 亜瑪作搦…北京語読みでは Yà mǎ zuò nuò であるからアマゾンの音写であろう。

# 漢文の"極めて"おおざっぱな意味は、「『坤輿図』の韃而靼(タタール?)の附録、アマゾンの条に、女国がある、勇ましい男子がその地におもむいて子を作るが、男は殺されてしまう、今では他の国の一部になっている、とある。本文の元ネタはこれなんじゃないの?著作堂(馬琴のこと)追記。」という感じ??ギリシア神話のアマゾーン(アマゾネス)は黒海沿岸の部族だったと言われているので、『坤輿図』に書いてあるというのもアメリカ大陸のアマゾン川のことではないかもしれない。そういえば韃而靼(タタール)って書いてあるし。

# アマゾン川でとれる微斜長石の一種を天河石(アマゾナイト)というが、天河は銀河のことでもあるのでイメージの連鎖が面白い。天河という訳語が日本で作られたものならばアマゾンのアマを天で音写したものと考えられるが、尼でも雨でもなく天を使うのは、アマゾネスの伝説を織女と重ね合わせたからではないかとも想像できる。いや、単なる偶然のような気もするが。天河という言葉のルーツもさぐりたくなってくる。

   《引用終了》

この注、甚だ面白い。感謝する。]

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 駿河町越後屋替紋合印の事 文寶堂 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 元文五年の曆のはし書 文寶堂 »