フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小酒井不木「犯罪文學研究」(単行本・正字正仮名版準拠・オリジナル注附) (11) 靑砥藤綱の「裁判」に對する態度 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (32) »

2021/08/02

只野真葛 むかしばなし (31)

 

 色々もの入(いり)して、御世話被ㇾ成しが、主なしにて藥もうれず、その店はつぶして、かすかに九尺口にしつらひて、繪草紙・たばこ入(いれ)など、うりて、お秀は、ゑびすやの仕立物などして、すごしてありし。

 娘子はよき養子の口有てつかわすといふことなりしを、誠かと思ひしに、實は深川のむすめにうりしとなり。其時にげてお秀が所に來りしが、いかにかくれて有りしか、段々とわりもつきて後、切どほしの右近樣の奧へ御奉公に上(あが)りてより、今もおなじ所につとめて有。

 順治は、どうしても、惡黨にて、筋あしきことばかりして、終に、こむそう寺へ入しと聞しが、後、しらず。半右衞門も前髮有時、養子にもらひたしといひし人有しが、侍をきらいて、ならず、町人にて有りしなり。

 末子とら次郞は、門ならびのほてい屋といふ糸屋、其頃は、しごく富家にて有し故、たのもしくおもわれしを、不仕合のむかひしことは是非もなし、「鍋島樣」と、だまされて、用金を出し、返濟なき故、つぶれて、みせも人手に渡し、むすこ夫婦は、かすかの糸屋となり、親は鍋島より、扶持《ふち》給金を被ㇾ下、一生は、樂隱居のごとく、御長屋内にひとりずみして有りしが、とら次郞、幼年より、おもき恩をうけし人故、はなれかね、其隱居につきて、かんがくし、廿五、六まで居たりしが、隱居死後、かへつて見た所が、世わたりのわざ、何もしらず、大ぶら付(つき)ものなりしが、いかゞなりしや。

 

[やぶちゃん注:真葛のそれは、話が突然飛んで、よく意味が判らないところが多い。これも「お秀」という名からは、先の石井家に嫁いだ「お秀」としか読めない。とすると、お秀の夫石井宇右衛門の親は薬種屋を営んでいたものが、親が亡くなって、こうした顚末になったということになるのか。

「深川のむすめにうりし」深川芸者として売ったということであろう。

「わりもつきて」深川芸者置屋からの逃げた結果のごたごたに仲裁が入ったものか。

「切どほしの右近樣」不詳。「奥」への「御奉公」とあるから、大身の旗本か大名家か。

「順治」石井宇右衛門の先妻の長子。

『「鍋島樣」と、だまされて』「大身の鍋島藩だから、返済は安心してよい」と「だまされて」、金を都合したが、結局、返済されず、ということであろう。それを懐柔するために、親だけは、何がしかの扶持を与え、鍋島藩邸の使用人の長屋で楽隠居をさせたということか。

「かんがく」「勸學」。

「何もしらず、大ぶら付(つき)もの」世間知らずの、度を越した遊び人或いは不良か。]

« 小酒井不木「犯罪文學研究」(単行本・正字正仮名版準拠・オリジナル注附) (11) 靑砥藤綱の「裁判」に對する態度 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (32) »