フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 五馬 三馬 二馬の竒談(6) | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 五馬 三馬 二馬の竒談(8)~完遂! »

2021/08/15

曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 五馬 三馬 二馬の竒談(7)

 

〇かさねていふ、松前の老侯は、をさをさ、馬を好み給へば、「乘(のり)くら」のかへなども、大かたならず、と聞えたり。さればにや、寬政中[やぶちゃん注:一七八九年~一八〇一年。]、鍾愛の駿馬あり。老侯、みづから、これに名づけて「一瞬」といふ。蓋(けだし)、「一瞬」は『瞬目(またゝく)の間(ま)に走ること、いくばく里にか、及ぶ』の義なるべし。この馬は前薩摩侯(さきのさつまこう)【中將重豪公[やぶちゃん注:島津重豪(しげひで 延享二(一七四五)年~天保四(一八三三)年)。]。】より贈られし。その封内(ほうない)なる「喜入野(きいりの)の牧(まき)」より出でしものなりとぞ。かくて、亨和元年[やぶちゃん注:一八〇一年。]の夏、「一瞬」、病(やみ)て、死せり。實に五月九日也。老侯、則、その尾をもて、拂子(ほつす)とし、又、その鬣(たてがみ)を駒籠(こまごめ)なる吉祥禪寺に送りて葬らしめ、その上に碑を建つるに及びて、碑文を山本北山子に徵(もと)め玉ひき。かの寺の學寮のうしろなる「一瞬冢(いつしゆんづか)」、是、のみ。江戶にて、駿馬の碑を見ること、いとめづらかに覺ゆれば、錄すこと、左の如し。

駿馬一瞬碑文

良馬世多有。然傳爲者無ㇾ幾何也。非良主其能。不ㇾ得其力而盡其用、主亦或有爲ㇾ之輝揚威悳於一代。關侯赤兎。翼悳玉追是也。若能傳ㇾ後長存者。在辭以文ㇾ之。漢武蒲稍以樂府。楚項烏騅依悲歌。享和元年五月初九。松前老侯愛馬一瞬。病死于廐櫪。侯雅善ㇾ騎。無二駿稱ㇾ意。聞薩摩國出良馬。求之薩摩重豪(シゲヒデ)[やぶちゃん注:前の二字へのルビ。]。辭云。吾不敢欲少年輩所ㇾ愛。鬃毛如ㇾ油。髀項如腴。步驟恊聲律。馳驅合曲度。唯神速若掣電流星則足矣。至旋毛古凶。尾鬣疎密。毛色驥黃。皆非ㇾ所拘論云。公壯ㇾ之。贈封内喜入野所ㇾ出駿馬。一瞬是也。亡ㇾ論眼如ㇾ鈴。蹄如ㇾ鐵。形色大小。不更細說。人望知其爲神駿。自薩摩江戶。路程數千里。跋涉嶮岨力不少罷蹄不少損。精神自若。無ㇾ異常日。於ㇾ是乎侯喜可ㇾ知也。試其能。繫紅練於尾後。驅而奔ㇾ之。一匹練長引不ㇾ墮。如紅虹絰ㇾ天。脚下颼颯。只聞風聲。瞬目間盡調馬上。力猶有ㇾ餘也。侯鍾愛之。朝夕撫養以爲ㇾ樂。及其死。不ㇾ能ㇾ割ㇾ愛。乃取其鬃。瘞于江戶駒込吉祥寺後山。取其尾拂子。朝夕手執ㇾ之。寓愛惜之意。又欲北山信有辭。以傳于後。嗟呼。一瞬遇良主。幸也夫。

  享和元年辛酉夏五月北山信有撰

文化の末にやありけん。老侯、ある日、興繼に告げてのたまはく、

「我、曩(さき)には、只、馬に乘るゆゑをのみ知りて、馬を養ふみちを知らず。さるにより、彼(かの)『一瞬』に乘る每(ごと)に、色衣(いろきぬ)なんどを引かするに、その絹の地に着(つ)かで、いと長くひるがへるを、興あることに思ひしは、甚しき誤なりき。若(もし)、さる事をせざりせば、彼の馬をば、殺すまじきに。今に至りて、三折(さんせつ)の效(かう)を悟るも、甲斐なし。」

とて、いとをしみ玉ひしとぞ。

 此ごろ、使者をもて、予に、「馬尾(ばび)の拂子」を見せさせて、

「いまだ、この拂子の箱、書(かき)つけ、なし。何とか、かゝすべき。」

と問はせ給ひしかば、

「『驥拂(きふつ)』とや、あるべき。『孟反拂(もうはんふつ)』なども、しかるべからん歟。」

と答へまうしき【右、「二馬」之一。】。

 

[やぶちゃん注:駒籠(こまごめ)なる吉祥禪寺」曹洞宗諏訪山吉祥寺(きちじょうじ)は東京都文京区本駒込三丁目に現存する(グーグル・マップ・データ。以下同じ)が、ネットで調べる限りでは、「一瞬塚」はないようだし、碑が残っているかどうかも判らない。ただ、サイド・パネルを開くと、大きな碑が数枚立っている画像があり、或いはこの中に現存しているのかも知れない。いつか、行って調べてみたい。

「封内(ほうない)」領国内。

「喜入野(きいりの)の牧(まき)」鹿児島県鹿児島市喜入町(きいれちょう)はあるが、ここかどうかは判らない。

「山本北山」(宝暦二(一七五二)年~文化九(一八一二)年)は儒者。信有は本名。二十代から三十歳代の著作「作文志彀」(さくぶんしこう)・「作詩志彀」で古文辞学の詩文観を批判し、清新性霊の説を唱えて、漢詩文界に大きな影響を与えた。博学で天文・兵学・医卜などにも通じた。「寛政異学の禁」では、異学の五鬼の一人に挙げられたが、自説を曲げなかった気骨の人でもある(平凡社「世界大百科事典」に拠った)。

「駿馬一瞬碑文」「重豪」のルビ以外は返り点のみである(吉川弘文館随筆大成版も同じ)。我流で訓読してみるが、一部で返り点の掟破りをしている。読み易くするために段落を成形した。

   *

 

    駿馬「一瞬」碑文

 

 良馬は世に多く有り。

 然れども、傳へ爲(な)す者は、幾何(いくばく)も無きなり。

 良き主(あるじ)に遇ひて其の能を知るには非ずして、其力を奮して、而(しかれ)ども、其の用を盡くすことを得ず。

 主も亦、或いは、威悳(いとく)[やぶちゃん注:威厳と勇猛なることを誇示すること。]に於いて、一代を輝揚し、之れを爲さしむるは有り。

 關侯の「赤兎」、翼悳の「玉追」、是れなり。

 若(も)し、能く、後に傳へて、長く存する者は、辭に以つて、之れを文にする在り。

 漢の武蒲、稍(やや)、「樂府(がふ)」を以つてす。

 楚の項(こう)、烏(う)にて、騅(すゐ)、悲歌に依(よ)せり。

 享和元年五月初九、松前老侯愛馬「一瞬」、病みて、廐櫪(きうれき)に死す。

 侯、雅(が)にして、騎を善(よ)くし、駿が意を稱(はか)ること無し[やぶちゃん注:「駿馬の意志を探らなければならないということは一度もなかった」の意で採った。]。

 薩摩國に良馬の出づるを聞き、之れを、薩摩重豪(しげひで)公に求む。辭に云はく、

「吾れ、敢へて、少年の輩より愛せるは、鬃毛(そうまう)、油のごとく、髀(はい)[やぶちゃん注:太腿。]・項(うなじ)、腴(ゆ)[やぶちゃん注:脂(あぶら)。]のごとく、步驟(ほしゆう)せば、聲律を恊(あは)せ、馳驅(ちく)すれば、曲度に合はせるがごときをは、欲せず。唯、神速にして、掣電流星(せいでんりゆうせい)のごとき「則足」なり。旋毛、古くして凶(あらあら)しく、尾・鬣(たてがみ)の疎密にして、毛色は驥黃(きわう)に至れば、皆、拘論する所に非ず。」

と云ふ。

 公、之れを、

「壯(さう)なり。」

とし、封内「喜入野」に出づる所の駿馬を贈る。

 「一瞬」、是れなり。

 眼(まなこ)の鈴のごとく、蹄(ひづめ)の鐵のごときは、論、亡く、形・色・大小、更に細說せず。

 人、望めば、其れ、「神駿」たるを知れり。

 薩摩より江戶に至るに、路程、數千里。嶮岨を跋涉して、力、少しも罷(つか)れず、蹄、少しも損ぜず、精神、自若として、常の日と異なること無し。

 是れに於いてや、侯の喜び、知るべし。

 其の能を試むれば、紅(べに)の練(ねりぎぬ)を尾の後(うしろ)に繫ぎ、驅けて、之れを奔(はし)らせば、一匹の練、長く引きて、墮ちず、紅(くれなゐ)の虹(にじ)の天(そら)を經(ふ)るがごとし[やぶちゃん注:「絰」では意味が通らないので、ここは吉川弘文館随筆大成版の『経』に代えた。]。脚下の颼颯(さうさつ)、只、風の聲と聞けり。瞬目の間に、盡く、馬上にて調(てう)して、力、猶、餘り有るなり。

 侯、之れを鍾愛し、朝夕、撫でて養(か)ひ、以つて、樂しみと爲す。

 其の死に及んで、愛(かな)しみを割(た)つこと能はず、乃(すなは)ち、其の鬃(たてがみ)を取り、江戶駒込吉祥寺の後山に瘞(うづ)み、其の尾を取りて、拂子(ほつす)と爲し、朝夕、手にて之れを執り、愛惜の意を寓(よ)す。

 又、北山信有が辭を求め、以つて、後に傳へんと欲す。

 嗟呼(ああ)、「一瞬」、良主に遇ふ。幸ひなるかな。

  享和元年辛酉(かのととり/シンユウ)夏五月 北山信有 撰

   *

正直、言おう。この訓読は楽しかった。

『關侯の「赤兎」』曹操が関羽を懐柔するために与えた「赤兎馬」(せきとば)。「三國志」及び「三國志演義」に登場する馬で、「演義」では西方との交易で得た「汗血馬」といわれている。「赤い毛色を持ち、兎のように素早い馬」の意ともされる。ともかくも「赤兔馬」自体は固有名詞でなく、そうした種群を指す一般名詞である。詳しくは参照したウィキの「赤兎馬」を見られたい。

『翼悳の「玉追」』同じく民間伝承で、張飛の愛馬の名前が玉追であるとネットにあった。張飛の字(あざな)は「翼であるとあるから、恐らく、この誤記であろう。

「漢の武蒲」不詳。ただ、漢の武帝は宮中の音楽署「楽府」を創設し、そこで盛んに楽府が製作された。しかし「帝」の誤記にしてはおかしい。

「楚の項(こう)、烏(う)にて、騅(すゐ)、悲歌に依(よ)せり」項羽は最後に烏江に追い詰められ、愛馬「騅」だけを渡し場の亭長に託して郷里楚へ帰そうとした。しかし、項羽が川岸で討ち死にするや、騅は、一声嘶き、舟から烏江へ身を投げて死んだ。「悲歌」は垓下で虞美人と別れるに臨んで彼女と騅を詠んだ有名なあの一篇を謂う。私は漢文であの烏江の最期のシークエンスを教えると、つい涙が出そうになるのを常としていた。詩は、

   *

 力拔山兮氣蓋世

 時不利兮騅不逝

 騅不逝兮可奈何

 虞兮虞兮奈若何

   *

である。

「文化の末」文化は十五年四月二十二日(グレゴリオ暦一八一八年五月二十六日)に文政に改元している。

「孟反拂(もうはんふつ)」「論語」の「雍也第六」にある「子曰孟之反不伐章」に基づくか。「Web漢文大系」の当該部を参照されたい。]

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 五馬 三馬 二馬の竒談(6) | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 五馬 三馬 二馬の竒談(8)~完遂! »