フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 突くといふ沙汰 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 北里烈女 / 第六集~了 »

2021/09/18

曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 松前貞女

 

[やぶちゃん注:輪池堂発表。段落を成形した。漢詩は縦に並ぶが、引き上げて、一段組みに変えた。短歌も引き上げた。]

 

   ○松前貞女

 寬政[やぶちゃん注:十三年まで。一七八九年から一八〇一年まで。]の末の比、若狹國の人、

「松前にゆかん。」

とて、敦賀より、船に乘りたり。

 そのふねの内に、さた過ぎたる女[やぶちゃん注:若くないことを言うのであろう。]、一人、あり。

「いづくより、いづくへゆくにか。」

と問ひたれば、

「京より、箱舘のしらとりに歸るなり。」

と、こたふ。

「いかなるゆかりにて、京に在りしか。」

とゝへば、

「ことなるゆかりも、あらず。みづからは、ふるさとに在りし時、人につれそひしかど、ゆゑありて、わかれ、やもめとなりぬ。おやは、『ふたゝび、人にみえよ。』と、いはれしかど、かたくいなみて、のがれたり。みやこの見まくほりせしかば、ひとの、『まうのぼる。』とて、船にて能登國につきぬ。さて、京にいりて、あき人の家より、「つふね」[やぶちゃん注:「奴(つぶね)」。召使い。]となりて、一とせ侍りしかど、おもふほどは、都の手ぶりもしられざりしかば、高倉さま[やぶちゃん注:高倉家か。藤原北家藤原長良の子孫に当たる従二位参議高倉永季を祖とする公家。有職故実・衣文道(えもんどう)の家柄。]に參りて、二とせ、つとめ、さて、故鄕にかへり侍るなり。」

といふ。

「それがつくりし、からうた。」

とて、その人、うつし傳へたり。

 春盡早囘一葉船

 薰風拂浪向胡天

 誰憐去程三千里

 旅恨悠々碧海煙

又、

「その國のことばにて、よめるうた。」、

春くればちようかい心ひるかして霞のうちにちつふみえけり

「ちようかい」は「己」、「ひるかして」は「悅」意、「ちつふ」は小舟をいふ。

あぶらさけやくさけまでもいしやませはひるかてつひもなにゝかはせん

「あふらさけ」[やぶちゃん注:清音はママ。]は「美酒」、「やくさけ」は「えぞのにごりさけ」、「いしやませ」は、「無」といふこと、「ひるか」は「嬉しき」といふこと、「てつひ」は「肴」といふことゝいふ。

[やぶちゃん注:漢詩の訓読を試みる。

   *

 春 盡きて 早や囘(めぐ)る 一葉船(ひとはぶね)

 薰風 浪を拂ひて 胡天に向かふ

 誰(たれ)か憐れみ去らん 程(てい)三千里

 旅恨 悠々 碧海 煙(けぶ)る

   *

「胡天」は「北の空・地方」の意。]

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 突くといふ沙汰 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 北里烈女 / 第六集~了 »