フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 砂金 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 街道 / 幻の「街道」の初期形か? »

2021/10/16

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 鐡橋々下 / 附・同時初出併載詩篇「早春」

 

  鐡 橋 々 下

 

人のにくしといふことば

われの哀しといふことば

きのふ始めておぼえけり

この市(まち)の人なになれば

われを指さしあざけるか

生れしものは天然に

そのさびしさを守るのみ

母の怒りの烈しき日

あやしとさけびかなしみて

鐵橋の下を步むなり

夕日にそむきただひとり。

               ―滯鄕哀傷篇より―

 

[やぶちゃん注:底本では制作年は未詳(記載なし)で、出典を『ノオト』とする。筑摩版全集では酷似した詩篇が「拾遺詩篇」にある。初出は大正三(一九一四)年三月二十四日附『上毛新聞』である。如何に初出形を示す。標題のルビの後半の「けう」は踊り字「〱」。

 

 鐡橋々下(てつけうけうか)

 

人(ひと)のにくしといふことば

われの哀(かな)しといふことば

きのふ始(はじ)めておぼへけり

この市(まち)の人(ひと)なになれば

われを指(ゆび)さしあざけるか

生(うま)れしものはてんねんに

そのさびしさを守(まも)るのみ

母(はゝ)のいかりの烈(はげ)しき日(ひ)

あやしくさけび哀(かな)しみて

鐵橋(てつけう)の下(した)を歩(あゆ)むなり

夕日(ゆうひ)にそむきわれひとり

                (滯鄕哀語篇より)

 

筑摩版全集の注に、『新聞發表の際は「夢みるひと」の筆名で』、筑摩版全集の本篇の前に掲げられた「早春」という詩篇とともに掲載されたと記されてあるので、その「早春」も掲げておく。全集の位置から、掲載はこの「早春」の方が手前にあるということであろう。歴史的仮名遣の誤りはママ。

 

 早春(さうしゆん)

                夢みるひと

なたねなの花(はな)は川邊(かはべ)にさけど

遠望(えんばう)の雪(ゆき)

午後(ごゞ)の日(ひ)に消(き)えやらず

寂(さび)しく麥(むぎ)の芽(め)をふみて

高(たか)き煉瓦(れんぐわ)の下(した)を行(ゆ)く

 

ひとり路上(ろぜう)に座(すは)りつつ

怒(いか)りに燃(も)え

この故鄕(ふるさと)をのがれいでむと

土(つち)に小石(こいし)を投(な)げあつる

監獄署裏(かんごくしようら)の林(はやし)より

鶫(つぐみ)ひねもす鳴(な)き鳴(な)けり

            (滯鄕哀語篇より)

 

[やぶちゃん注:筑摩版全集初版の本詩篇の初期形表示は杜撰で、改頁に当たっている部分が行空けのはずなのだが、後のページの行空けは、下方の初出ではなされていない。後の差し込みで訂正している。]

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 砂金 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 街道 / 幻の「街道」の初期形か? »