フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 合唱 | トップページ | ブログ・アクセス1,610,000突破記念 梅崎春生 ピンポンと日蝕 »

2021/10/20

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 遍路道心 / 現在知られた「習作集第九卷(愛憐詩篇ノート)」の「遍路道心」とは別原稿と推定される

 

  遍 路 道 心

 

きのふにかはるわれの身のうヘ

ゆびはゆびとて十字をきりし

手にも香華(かうげ)はおもたくしをれ

いちねん供養の山路をたどる

ああ道心の秋の山みち

こほろぎの死は銀を生み

つめたく岩魚(いはな)はしりて

遠見(とほみ)に瀧みづのすだれを掛く。

この山路ふかみ

日のぼるれども光を知らず

いちねん供養の坂みちに

われただひとり靑らみて

絕え入るまでも目を閉づる。

絕え入るまでも目を閉づる。

 

[やぶちゃん注:底本では制作年を大正三(一九一四)年九月九日と限定し、『遺稿』とする。筑摩版全集では、「習作集第九卷(愛憐詩篇ノート)」の中に、同義題名と判断出来る非常によく似た一篇を見出せる。以下に示す。誤字・歴史的仮名遣の誤りはママ。

 

 偏路道

 

いかなればこそ

きのふにかわる我の身のうヘ

ゆびはゆびとて十字をきりし

手にも香華は重たくしほれ

いちねん供養の山路たどる

ああ道心の秋の山路

こほろぎの死は銀を生み

つめたく岩魚はしりて

遠見に瀧水のすだれを懸く

この山路ふかみ

日のぼるれども光を知らず

いちねん供養の坂路に

われたゞ一人靑らみて

絕え入るまでも瞳をとづる

絕え入るまでも瞳をとづる。

 

しかし、これ、比較して見ると、細かな部分で表記の異同が異様に多い。誤字・歴史的仮名遣・踊り字は補正(三ヶ所ある)としても、尋常ではなく、神経症的に、ある、のである。以下の前の頭の数字は削除を含めた上記のノート版の行数を指し、後者は本篇のそれである。

3「きりし」→2「切りし」

4「重たく」→3「おもたく」

5「山路たどる」→4「山路をたどる」

6「山路」→5「山みち」

8「岩魚」《ルビなし》→7「岩魚(いはな)」《ルビあり》

9「瀧水」→8「瀧みづ」

9「懸く」→8「掛く。」《漢字の相違と句点の有無》

12「坂路」→11「坂道みち」

13「一人」→12「ひとり」

14「瞳」→13「目」

14「とづる」→13「閉づる。」《漢字の相違と句点の有無》

15「瞳」→14「目」

14「とづる。」→13「閉づる。」

もある(十三箇所で、先の補正箇所を含めると、実に十六箇所にも及ぶ)。これは、いっかな、いい加減な編集者でもやらかしようのないものであり、本篇は現在知られている「習作集第九卷(愛憐詩篇ノート)」と同じものを起こしたものとは、到底、思えない代物であるのである(なお、筑摩書房版全集では、校訂本文で「日のぼるれども光を知らず」を「日のぼれども光を知らず」と消毒している)。これは、今は失われた別な草稿によるものと考えるのが自然である。

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 合唱 | トップページ | ブログ・アクセス1,610,000突破記念 梅崎春生 ピンポンと日蝕 »