フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 (無題)(われの故鄕にあるときは) | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編~第十集) 庫法門 »

2021/10/11

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 (無題)(こほれる利根のみなかみに) 「冬を待つひと」の草稿の一つ

 

  

 

こほれる利根のみなかみに

ひねもす銀の針をたれ

しづかに水に針をたれ

さしぐみきたる冬をまつ

ああその空のうすぐもり

かみつけの山に雪くれば

ひそかに魚は針をのみ

涙は芝をうるほしぬ。

ひとり岸邊に針をたれ

さしぐみきたる冬をまつ。

 

[やぶちゃん注:底本の「詩作品年譜」では、『遺稿』とし、制作年を推定で大正三(一九一四)年とする。さて、これは筑摩版全集を調べて見ると、酷似した(相同ではない)詩篇が「冬をまつひと」の題で、大正四年一月号『遍路』に以下のように出ることが判った。

 

  冬を待つひと

 

こほれる利根のみなかみに、

ひねもす銀の針を垂れ、

しづかに水に針を垂れ、

さしぐみきたる冬を待つ。

ああ、その空さへもうすくもり、

かみつけの山に雪くれば、

魚らひそかに針をのみ、

ま芝は霜にいろづけど、

ひとり岸邊に針を垂れ、

來らむとする冬を待つ。

 

また、この初期形が「習作集第九巻」に、

 

  冬を待つひと

 

こほれる利根のみなかみに

ひねもす銀の針を垂れ

しづかに水に針を垂れ

さしぐみきたる冬をまつ

ああその空もうすぐもり

かみつけの山に雪くれば

ひとり魚らひそかに針をのみ

ま芝は霜にいろづけど

ひとり岸邊に針をたれ

きたらんとする冬をまつ、

 

の形で出、さらに、筑摩版全集第三巻の『草稿詩篇「拾遺詩篇」』の中に「冬を待つひと (本篇原稿二種二枚)」とある後半の二種目に(「→」は書き換えを示す)、

 

  ○

こほれる利根のみなかみに

ひねもす銀の針をたれ

しづかに水に針をたれ

さしぐみきたる冬をまつ

ふるさとのああその空さへものうすぐもり

遠山なみにかみつけの山に雲[やぶちゃん注:ママ。]ふれば→ふりづれば[やぶちゃん注:ママ。]くれば

ひそかに魚は針をの

こほれる利根の水上に。

われは淚をもよほしぬ

淚は草→柴芝をうるほしぬ。

ひとりしづかに岸べに針をたれ

さしぐみきたる冬をまつ、

 

があった。本篇はこの最後のそれを整序したものと推定出来る。

 なお、この草稿の前にある本篇の別草稿は、中間部の残存並置が異様に多く、電子化が難しい。そこで、その中間部のみを筑摩版全集から画像として取り入れ、上下二段で切れいていることから、合成した画像で示した。これは引用のレベルで許されるものと判断する。そこで使用されている記号を全集の同パートに「凡例」を参考に注しておくと、{ }はともに抹消されずに残った箇所を示し、〈 〉は抹消字を指し、《 》は〈 〉内の抹消に先立って推敲抹消された箇所を示す(「先立って」というのは、そのように推定されるとすべきであると私は考えている)。なお、上部にある横線であるが、これは、『數行つづきの詩行が對應し、ともに抹消されていない場合は、對應する』(ここも、そのように推定されるとすべきところであろう)『詩行の上部にそれぞれ橫線を引き、それぞれ{ }でくくった。』とある。前後は私が電子化し、今まで通り、抹消部は抹消線で示した。なお、題名は「菊」である。最終行の「泳けり」はママ。

   *

 

 菊

 

遠鳴る海の音にさへ

うす雪のさしぐむものを

こほれる利根のみなかみに

ひねもす銀の針をたれ

しづかに水に針をたれ

うれひにわがふるさとの[やぶちゃん注:以下、行空けなしで画像の最初(右)に続く。]

Huyuwomatuhitokikububunntyuukanbugousei

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きみを思へば[やぶちゃん注:画像の最終行に行空けなしで続く。]

うすゆきの空のさしぐむものを、

靑き松葉に霜はかゝれり、

さやさやと魚すいすいと小魚(いさな)泳けり

 

   *]

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 (無題)(われの故鄕にあるときは) | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編~第十集) 庫法門 »