フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 慶雲 彗星 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 ものごころ »

2021/10/08

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 ものごころ

 

  ものごころ

 

ものごころ覺えそめたるわが性のうすらあかりは

春の夜の雪のごとくにしめやかにして

ふきあげのほとりに咲けるなでしこの花にも似たり

ああこのうるほひをもておん身の髮を濡らすべきか

しからずばその手をこそ。

 

ふくらかなる白きお指にくちをあて

やみがたき情愁の海にひたりつくさむ

おん身よ

なになればかくもわが肩によりすがり

いつもいつもくさばなの吐息もてささやき給ふや

このごろは涙しげく流れ出でて

ひるもゆうべもやむことなし

ああ友よ

かくもいたいけなる我がものごころのもよほしに

秋もまぢかのひとむら時雨

さもさつさつとおとし來れり。

 

[やぶちゃん注:「ゆうべ」はママ。萩原朔太郎の書き癖(彼の誤った書き癖は固執的で多数ある)。初出は大正二(一九一三)年十月号『創作』。初出形を示す。

 

  ものごゝろ

 

ものごゝろ覺えそめたる、わが性のうすらあかりは

春の夜の雪のごとくにしめやかにして

ふきあげのほとりに咲けるなでしこの花にも似たり

あゝこのうるほひをもておん身の髮を濡らすべきか

しからずはその手をこそ

 

ふくらかなる白きお指にくちをあて

やみがたき情愁の海にひたりつくさむ、

おん身よ

なになればかもわが肩によりすがり

いつもいつもくさばなの吐息もてささやぎ給ふや

このごろは淚しげく流れ出でゝ

ひるもゆうべもやんごとなし

あゝ友よ

かくもいたいけなる我がものごゝろのもよほしに

秋もまぢかのひとむら時雨

さもさつさつとおとし來れり。

 

「習作集第八巻(愛憐詩篇ノート)」のものを以下に示す。

 

  ものごゝろ

 

ものごゝろおぼへそめたる、わが性のうすらあかりは

春の夜の雪のごとくにしめやかにして

ふきあげのほとりに咲けるなでしこの花にも似たり

あゝ このうるほひをもて おん身の髮を濡らすべきか

しからずば その手をこそ

ふくらかなる白きお指にくちをあて

やみがたき情愁の海にひたりつくさむ、

おん身よ

なになれば かもわが肩によりすがり

いつもいつも、くさばなの吐息もてささやぎ給ふや

このごろは淚しげく流れ出でゝ

ひるもゆうべもやむごとなし

あゝ友よ

かくもいたいけなる我がものごゝろのもよほしに

秋もまぢかのひとむら時雨

さも さつさつと おとし來れり。

 

これら、三種の比較によって、初出形の内、少なくとも、底本の第一連の最終行「しからずばその手をこそ。」の最後の句点、「さゝやぎ」の二箇所については、底本編者による恣意的変更である可能性が頗る高いことが推察出来る。なお、言っておくと、戦前までは、ベテランを自負する校正係や植字工が、歴史的仮名遣の誤りや表現がおかしいと感じたものを、作者に無断で変えてしまうことが普通にあった。それは作家デビュー前後の投稿作品のみに限らず、既に知られた流行作家となっていても同じであった。信じられない方のために言っておくと、「校正の神様」の異名で称された神代種亮(こうじろたねすけ 明治十六(一八八三)年~昭和十(一九三五)年)がよく知られる。流行作家として引きも切らぬ状態にあった芥川龍之介は、特に彼に主作品集の校正を依頼していたが、その龍之介でさえ、彼が勝手に書き換えてしまうことを憤慨する書簡を書いている(本日、これから「芥川龍之介書簡抄」に追加で電子化してお示ししよう)。

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 慶雲 彗星 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 ものごころ »