フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 顏 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 丙午丁未 (その7) »

2021/10/30

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 (無題)(快活な女學生の群れは)

 

  

 

快活な女學生の群は

うら悲しき半白の老人をとりかこみて校庭の隅に立てり

かくもうららかなる春の日ざしにそもこの人々は何事を語れるや

「心の淸きものは幸なり」

 

この快活な娘たちと

窮屈な老人とは何を話すのか

今日もまた

うららかなる運動場の隅で

ちよいと芝草の芽をつむやうないたづらから

この娘たちは成人します

 

さて娘たちも娘たち

日ざしに涙ぐむまで居れよ

だれにでもしんせつにせよ

誘惑を怖れよ

ああ あなたがたの白い手をあげられ

淸きことばと潔き仕事にまごころをもてつくされよ

學問を勉强せよ

ちちははに從順なれ。

 

[やぶちゃん注:底本では推定で大正三(一九一四)年の作とし、『遺稿』とある。しかし、筑摩版全集では、「未發表詩篇」に翌年大正四年を示す「――一九二五、四――」のクレジットを打つ詩篇の後に(因みに当時萩原朔太郎は満で二十八・二十九歳であり、「老人」ではない)、以下のように出る。漢字の表記はママ。

 

 

 

快活なる女學生と群は

うら悲しき半白の老人とは運働場の隅に きたれり 立てり、をとりかこみて立てり、校庭の隅に立てり、

かくもうらゝかなる春の日ざしにそもこの人々は何事を語れるや

「心の淸きものは幸なり」

 

この快活な娘たちと

窮屈な老人とが話を した しました して居 ます、 るのです、 は何を話すのか

今日もまたうらゝかなる運働場の隅につどひてきて

あるうらゝか→高等→ある地方の女學校のせまい運働場の隅で

私たちは それはちよいと芝草の芽をつむやうによな心ばえいたづらから

この娘たちは成人します

さばれ老人の校長よ

油斷をしなるな

またさて娘たちも娘たち

日ざしに淚ぐむまで居れよ

だれにでもしんせつにせよ

誘惑を怖れよ

ああ、あなたがたの白 い手をあげられ

淸きことばと潔(いさぎよ)き仕事にまごころもてつくせよされよ

しんじつあるものはつねに克たん

學問を勉强せよ

いつしんちゝはゝに從順なれ

 

さて、これは全くの推理に過ぎないが、この大正三~四年時には、朔太郎はマンドリンに熱中していた時期であった。確認出来たわけではないが、或いはその演奏会を女学校で催すこともあったのではなかったか。本底本のそれは、以上の草稿を杜撰も整序し損なったもののように思われる。正直、私には、萩原朔太郎の詩としては、特異点の、読みたくないレベルの辛気臭い詩篇である。]

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 顏 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 丙午丁未 (その7) »