フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 鶴の稻 供大人米考 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 阿比乃麻村の瘞錢 »

2021/10/14

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 (無題)(わがよろこびは身うちより) /「上京當日」の幻の別稿か?

 

  

 

わがよろこびは身うちより

銀の小針をぬきすつる

いさみて行けば淺草や

鋪石路(しきいしみち)に落つる日は

灯(ともし)もゆるごとく烈しかり

橋の酒場の磨かれし

玻璃の扉ひらくとき

わが身につらき故鄕は

いまぞ消えさるごとくなり

ひとり酒場に眼を伏せて

君戀しやと唄ふなる

消え去るものを哀しみて

はるかに都へ來つれども

またも涙をせきあぐる

はるばる鳥のすぎ行ける

都の空は茜さす

 

[やぶちゃん注:底本では出典を『ノオト』とするのみで制作年を示さない。ただ、この詩篇、中間部の「ひとり酒場に眼を伏せて/君戀しやと唄ふなる/消え去るものを哀しみて/はるかに都へ來つれども/またも涙をせきあぐる」の五行を抜いて詰めると、「習作集第九巻」にある「上京當日」(添え題「都に來りて」)と、表記を問題にしないなら、ほぼ相同に近い。以下に示す。

 

 上京當日

      (都に來りて)

 

わがよろこびは身うちより

銀の小針をぬきすつる

いさみて行けば淺草や

舗石路に落つる日は

灯燃ゆる如く烈しかり

橋の酒場の磨かれし

玻璃の扉を開くとき

我身につらき故卿は

いまぞ消えさる如くなり

はるばる鳥のすぎ行ける

都の空は茜さし。

 

この前後の強い相似性から、本詩篇は「上京當日」の、既に原稿は失われた、初期形或いは別草稿或いは推敲形と考えてよい。さらに、この標題と添え題から、これは萩原朔太郎が成人して上京、長期に滞在したその時の印象を(恐らくは後に)詩篇に創り上げたものと推定される。その最初の長い上京は、朔太郎数え二十六歳の明治四四(一九一一)年一月二十九日に始まる東京放浪である(同年三月から四月中旬の間で前橋に帰った)。この後は翌明治四十五年二月十六日から七月二十五日であり、「習作集第九巻(愛憐詩篇ノート)」の書写年代が大正二年九月から、ほぼ翌年十二月頃とされるのとは近いのであるが、仮に後者が実際の創作時期であるにしても、そのカルチャー・ショックの喜悦や、内的な故郷喪失の孤独感は前者の初期体験にこそ相応しい。]

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 鶴の稻 供大人米考 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 阿比乃麻村の瘞錢 »