フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第二(淨罪詩篇)」 (無題)(犯せるつみの哀しさよ) / [やぶちゃんの呟き:原稿は、これ、不思議なパズルのようである。] | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 「孫七天竺物語」抄 »

2021/10/18

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第二(淨罪詩篇)」 罪の巡禮 / 本篇を含む四篇が記された原稿を復元 「第二(淨罪詩篇)」~了

 

  罪 の 巡 禮

 

われは巡禮

わがたましひはうすぎそめ

てのひらに雪をふくみて

ほの光る地平をすぎぬ。

 

[やぶちゃん注:底本では『遺稿』とし、推定で大正四(一九一五)年とするが、これは幾つかの理由から大正三年の可能性が高い(以下に述べるように、同じ原稿に大正三年に書かれたと推定される「春日詠嘆調」が記されてあるからである)。筑摩版全集では、「未發表詩篇」に以下のように載る。

 

  われは罪の巡禮

 

われは巡禮

わがたましひはうすぎそめ

てのひらに雪をふくみて

ほの光る地平をすぎぬ

 

と最後の句点を除き、相同である。編者注があり、『以上「窓」「(指と指とをくみあはせ)」「罪の巡禮」と拾遺詩篇「春日詠嘆調」の草稿の四篇は同じ原稿用紙に書かれている』とある。この「窓」は、先の

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第二(淨罪詩篇)」 (無題)(犯せるつみの哀しさよ) / [やぶちゃんの呟き:原稿は、これ、不思議なパズルのようである。]」

の注で、

「(指と指とをくみあはせ)」も「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第二(淨罪詩篇)」 (無題)(指と指とをくみあはせ)」

でそれぞれ電子化してある。「春日詠嘆調」の草稿も

『「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 述懷 (「春日詠嘆調」の草稿)』

の注で電子化した。煩を厭わず、原稿を復元してみよう。順番は編者注に従い、各詩篇の間は二行空けた。無題のものの傍点「ヽ」は太字に代えた。

   *

 

 たそがれ

 

 

犯せるつみのかさしさよ

日もはやたそがれとき

3いえすの素足やわらかに

4ふりつむ雪のうへをふみゆけり

2うすぎの窓にたれこめて

1犯せるつみのかさしさよ

ざんげの淚せきあへず

1 2日もはやたそがれにちかけれづけば

 

 

  

 

あなたのとほとき奇蹟(ふしぎ)により

~~~~~~~

指と指とをくみあはせ

高くあげたるつみびとの

かゝるあはれいのりの手のうえに

まさをの雪はまさにふりつみぬ、

 

 

  われは罪の巡禮

 

われは巡禮

わがたましひはうすぎそめ

てのひらに雪をふくみて

ほの光る地平をすぎぬ

 

 

  

 

ああいかれはこそきのふにかはる

きのふにかわるわが身のうへとはなりもはてしぞ

けふしもさくら芽をつぐのみ

利根川のながれぼうぼうたれども

あすはあはれず

あすのあすとてもいかであはれむ

あなあはれやぶれしむかしの春の

みちゆきのゆめもありやなし

おとはてしみさろへすぎし雀の子白雀の

わが餌葉をばゆびさきに羽蟲などついばむものをしみじみと光れるついばむものを。

 

 

  述懷

     ――敍情詩集、滯鄕哀語扁ヨリ――

 

ああいかなればこそ、

きのふにかはるわが身のうへとはなりもはてしぞ、

けふしもさくら芽をつぐのみ、

利根川のながれぼうぼうたれども、

あすはあはれず、

あすのあすとてもいかであはれむ、

あなあはれむかしの春の、

みちゆきのゆめもありやなし、

おとろへすぎし白雀の、

わがゆびさきにしみじみとついばむものを。

 

   *

現在、これらを一緒に纏めて見ることは、出版物では不可能である。しかし、或いは、ここにこそ、萩原朔太郎の詩作の共時的感覚が見えてくると言えないだろうか?

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第二(淨罪詩篇)」 (無題)(犯せるつみの哀しさよ) / [やぶちゃんの呟き:原稿は、これ、不思議なパズルのようである。] | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 「孫七天竺物語」抄 »