フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 黎明と樹木 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 遠望 »

2021/10/10

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 利根川の岸邊より

 

  利根川の岸邊より

 

こころにひまなく詠嘆は流れいづ

その流れいづる日のせきがたく

やよひも櫻の芽をふくみ

土(つち)によめなはさけびたり。

まひる利根川のほとりを步めば

二人步めばしばなくつぐみ

つぐみの鳴くに感じたるわが友のしんじつは尙深けれども

いまもわが身の身うちよりもえいづる

永日の嘆きはいやさらにときがたし

まことに故鄕の春はさびしく

こらへて山際の雪消ゆるを見ず。

我等利根川の岸邊に立てば

さらさらと洋紙は水にすべり落ち

いろあかき魚のひとむれ

くねりつつ友が手に泳ぐを見たり。

              ――室生犀星氏に――

 

[やぶちゃん注:初出は大正三(一九一四)年五月号『創作』。以下に示す。

 

 利根川の岸邊より

 

こゝろにひまなく詠嘆は流れいづ、

その流れいづる日のせきがたく、

やよひも櫻の芽をふくみ、

土(つち)によめなはさけびたり。

まひる利根川のほとりを步めば、

二人步めばしばなくつぐみ、

つぐみの鳴くに感じたるわが友のしんじつは尙深けれども、

いまもわが身の身うちよりもえいづる、

永日の嘆きはいやさらにときがたし、

まことに故鄕の春はさびしく、

ここらへて山際の雪消ゆるを見ず。

我等利根川の岸邊に立てば、

さらさらと洋紙は水にすべり落ち、

いろあかき魚(いさな)のひとむれ、

しねりつゝ友が手に泳ぐを見たり。

            (室生犀星氏に)

 

以下、「習作集第九巻」の初期形を示す。

 

  利根川の岸邊より

 

こゝろにひまなく詠嘆は流れいづ

その流れいづる日のせきがたく

やよひもはや櫻の芽をふくみ

土(つち)によめなはさけびたり

まひる利根川のほとりを步めば

二人步めば鶇どりしばなくつぐみ

つぐみの鳴くに感じたるわが友のしんじつは尙深けれども

いまも我身の身うちよりもえいづる

永日の嘆はいやさらにときがたし

まことに故卿の春はさびしく

こゝらへて遠山の雪消ゆるを見ず

我等利根川の岸邊に立てば

さらさらと洋紙は水にすべり落ち

いろあかきいさなのひとむれ

我が手に

しねりつゝ友が手に泳ぐを見たり、

               (室生犀星氏に)

 

以上から、底本の十一行目の「こらへて山際の雪消ゆるを見ず。」は「ここらへ山際の雪消ゆるを見ず。」が正しい(「此處(ここら)經(へ)て山際の雪消ゆるを見ず。」の意)ことが判る。]

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 黎明と樹木 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 遠望 »