フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 秋日行語 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 晩秋哀語 »

2021/10/08

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 歡魚夜曲

 

  歡 魚 夜 曲

 

光り蟲しげく跳びかへる

夜の海の靑き面をや眺むらむ

あてなき瞳遠く放たれ

憩らひたまふ君が側へに寄りそへるに

浪はやさしくさしきたり

またひき去る浪

遠き渚に海月のひもはうちふるへ

月しらみわたる夜なれや

言葉なくふたりさしより

涙ぐましき露臺の椅子にうち向ふ

このにほふ潮風にしばなく鷗

鱗光の靑きに水流れ散りて

やまずせかれぬ戀魚の身ともなりぬれば

今こそわが手ひらかれ

手はかたくあふるるものを押へたり。

ああかの高きに星あり

しづかに蛇の這ひ行くごとし。

 

[やぶちゃん注:十三行目「戀魚」はママ。最後の初期形参照。初出は大正二(一九一三)年十一月号『創作』。まず、初出形を示すが、既に「秋日行語」で述べた通りの、あり得ない不幸な雑誌社側の校正編集ミスが生じている。

 

  歡魚夜曲

 

光り蟲しげく跳びかへる

夜の海の靑き面をや眺むらむ

あてなき瞳遠く放たれ

息らひたまふ君が側へ寄りそへるに

浪はやさしくさしきたり

またひき去る浪

遠き渚に海月のひもはうちふるへ

月しらみわたる夜なれや

言葉なくふたりさしより

淚くましき露臺の椅子にうち向ふ

このにほふ潮風にしばなく鷗

鱗光の靑きに水流れ散りて

やまずせかれぬ歡魚の身ともなりぬれば

今こそわが手ひらかれ

手はかたくあふるるものを押へたり。

ああかの高きに星あり

……………

しづかに蛇の這ひ行くごとし

父母の慈愛戀しやと歌ふなり。

 

四行目「息らひたまふ君が側へ寄りそへるに」及び十行目「淚くましき露臺の椅子にうち向ふ」はママ。に「秋日行語」で一部を引用したが、再掲すると、筑摩版全集には、『雜誌發表の際の最終行「父母の慈愛戀しやと歌ふなり。」は同時發表の「秋日行語」の最終行を誤って印刷したものと推定される。作者加筆の雑誌が殘されているので、それに基づきこの行を抹消、また十三行目の「歡魚」を「戀魚」と訂した。但し、十七行目の「……………」は、作者によって抹消されているがそのままのこした』という、何とも奇体な処理が施されているのである。何故、十五点リーダを抹消する手入れがあるのに、やらなかったのかは、後に示す初出形にそれがあるからに過ぎないのであって、私はその校訂本文を肯ずることが出来ない。朔太郎の決定稿では「……………」はナシなのだ。それに基づいて以下に独自に再現する。

 

  歡魚夜曲

 

光り蟲しげく跳びかへる

夜の海の靑き面をや眺むらむ

あてなき瞳遠く放たれ

息らひたまふ君が側へに寄りそへるに

浪はやさしくさしきたり

またひき去る浪

遠き渚に海月のひもはうちふるへ

月しらみわたる夜なれや

言葉なくふたりさしより

淚ぐましき露臺の椅子にうち向ふ

このにほふ潮風にしばなく鷗

鱗光の靑きに水流れ散りて

やまずせかれぬ戀魚の身ともなりぬれば

今こそわが手ひらかれ

手はかたくあふるるものを押へたり。

ああかの高きに星あり

しづかに蛇の這ひ行くごとし。

 

次に初期形である「習作集第九巻」のものを以下に示す。

 

  戀魚夜曲

 

ひかり蟲しげく跳び代へる

夜の海の靑きおもてをや眺むらむ

あてなき瞳遠く放たれ

息(す)らひたまふ君が側へに寄りそへるに

浪はやさしくさし來り

またひき去る浪

遠き渚に海月のひもはうちうるへ

月しらみ渡る夜なれや

言葉なく二人さし寄り

淚ぐましき露臺の椅子にうち向ふ

このにほふ潮風にしばなく鷗

鱗光の靑きに水流れちりて

やまずせかれぬ歡魚の身ともなりぬれば

今こそわが手ひらかれ

手はかたくあふるゝものを押へたり

あゝかの高きに星あり

……………

しづかに蛇の這ひ行くごとし

          (一九一三、五、鎌倉ニテ)

 

「息(す)らひ」「うちうるへ」はママ。前者は「やす」のルビの脱字、後者は「うちふるへ」の誤記。なお、上記初出形の底本の筑摩版全集では、『卷末の目次では「歡魚夜曲」との題名を附している』とある。いろいろ言いたいことはあるが、萩原朔太郎の手入れ本の現物を見られない以上、勝手な推論に過ぎなくなるのでこれでやめておく。

 なお、これは鎌倉の海岸のロケーションといい、やはり「秋日行語」で述べた、仮想された「エレナ」との、夜の如何にも幻想的なランデヴーの物語詩である。「海月」(くらげ)の「ひも」(紐)が「うちふるへ」(打ち顫へ)るのが、いい。]

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 秋日行語 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第一(「愛憐詩篇」時代)」 晩秋哀語 »