フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 「參考太平記」年歷不合 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 土地を掘るひと »

2021/10/31

曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 若鷹

 

    ○若 鷹

「群書類從」、「定家卿庭三百首」、

 あまたとやふませて見ばやいまだにも古木居に似る秋の若鷹

此四の句、予が藏本には、「ふるとび」に似るとあり。これは「古鳶」に作るかた、勝れたり。「古木居」にては、歌の心、何とも聞えず。すべて、大鷹の今年生ひの若鷹は、形容、さながら、鳶にかはらざるものなれども、一とや經れば、毛色、淺黃になりて、夫より、鳥屋を出づる每に、次第に、うるはしくなるものなり。歌の心も、『「あまたとや」をかへたらば、毛も、かはり、うるはしかるべきに、今は鳶に似て、きたなげなり。』とよめるなり。此四句、「とび」と假名にて、ありしを、「こひ」とよみて、やがて「木居」と書きたるなるべし。

  乙酉臘月朔日       龍珠しるす

[やぶちゃん注:それぞれの博物誌は私の「和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 鷹(たか)」及び「和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 鳶(とび) (トビ)」を参照されたい。

「とや」は「鳥屋」「塒」で、一般的には、「鳥を飼って入れておく小屋」で、鶏や種々の鳥を飼う小屋をも指すが、特に「鷹を飼育するための小屋」を限定的に言うこともある。さらに、別に「鷹の羽が夏の末に抜け落ちて、冬になって生え整うこと」を「とや」とも呼ぶ。この間は鷹は鳥小屋に籠るからである。さらに、その回数によって鷹の年齢を数え、三歳或いは四歳以上の鷹、又は、四歳の秋から五歳までの鷹を特に「とや」と称するともされる。ここでは「あまたとやふませて見ばや」というところは、最後の「とや」の意味を嗅がせておいて、『三年以上も「とや」でこの鷹を飼って、どう変わるかを見てみたい。』と言っていると考えてよかろう。

「古木居」は「ふるこゐ」。「木居」は狩りに用いる鷹が木にとまっていること、または、その木を指す。ここは後者。筆者の言うように、確かにここは「古鳶」の方がよかろう。]

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 「參考太平記」年歷不合 | トップページ | 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 土地を掘るひと »