フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 鼠の怪異 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 窮鬼 《本文リロード》 »

2021/10/09

曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 佛敎腹籠の古書

 

[やぶちゃん注:標題は「ぶっきやう、はらごもりのふるがき」と読んでおく。「腹籠り・胎り」及び本文の「みくら」は、この場合、仏像などの腹の中(胎内)に観音像や経典・造立に係わる祈願や文書などを入れ籠めてあるものを指す。実際には、よく見られるものである。]

 

   ○佛敎腹籠の古書

野州西鹿沼村【當時、番町藪主膳殿、知行所なり。】の畑の中に、古堂あり。其後堂に釋迦の木像あり。「此『みくら』を、ぬきて見る時は、立どころに盲目となる。」と、いひ傳へて、誰も『みくら』を拔きて見るもの、なかりしに、蒲生伊三郞といへる儒者、その寺へ斷りて、佛像の『みくら』をぬきて、腹の内へ、手を入れ、さぐり見るに、一通の書あり。とり出だし、ひらき見れば。

    金 箔      五百目

     爲再建令寄附之者也

      元弘元年二月  藤原少將 公 綱

と、ありしよし。野州杤木町渡邊某よりの文通に、いひおこしたれば、こゝにしるす。

  文政乙酉長月朔      文寶堂抄出

[やぶちゃん注:「野州西鹿沼村」現在の栃木県鹿沼市西鹿沼町(にしかぬままち:グーグル・マップ・データ)。

「藪主膳殿」一橋家の家老に藪主膳忠久なる人物がいる。その後裔か。

「蒲生伊三郞」同姓で同じ通称を持つ知られた儒学者に蒲生君平(がもうくんぺい 明和五(一七六八)年~文化一〇(一八一三)年)がいる。彼は天皇陵を踏査して「山陵志」を著した尊王論者であり、海防論者としても知られ、同時代の仙台藩の林子平や、上野国の郷士高山彦九郎とともに「寛政の三奇人」の一人と讃えられた。参照した当該ウィキによれば、『赤貧と波乱の人生を送りながら、忠誠義烈の精神を貫いた。姓は』、天明八(一七八八)年十七歳の時、『祖先が会津藩主蒲生氏郷であるという家伝(氏郷の子・蒲生帯刀正行が宇都宮から会津に転封の際、福田家の娘』が『身重』であったため、『宇都宮に残し、それから』四『代目が』君平の『父の正栄』であった『という)に倣い改めた。君平は字で、諱は秀実、通称は伊三郎。号に修静庵』とある。『下野国宇都宮新石町(栃木県宇都宮市小幡一丁目)の生まれ』で、『父は町人福田又右衛門正栄で、油屋と農業を営』んでいたとある。なかなかに面白い事績は、リンク先を読まれたい。ロケーションからも彼であろう。なお、ファナティクな尊王の廃仏派の儒家なら、こんなことは平気の平左である。水戸光圀がそうだった。かの黄門は、生涯一回ぽっきりの旅行で鎌倉に赴いた途次も、横浜の金沢辺で、地蔵菩薩像を見つけて、突然、怒りだし、縄でぐるぐる巻きにして、引き廻した末に捨てている。

「元弘元年二月」一三三一年。鎌倉幕府滅亡の二年前。

「藤原少將公綱」宇都宮氏第九代当主にして宇都宮城城主宇都宮公綱(きんつな 乾元元(一三〇二)年~正平一一/延文元(一三五六)年)。名将楠木正成に「坂東一の弓取り」と評されて恐れられるほどの武勇を誇ったと伝えられる人物。「元弘の乱」の初期には幕府側として楠木正成と戦ったが、後、後醍醐天皇方に従い、建武政権では雑訴決断所一番の奉行となった。同政権が崩壊後も、南朝方に組みして、各地を転戦した。吉野の行在所にも参じ、その功により正四位下左少将に叙任されている。後に出家し、益子町大羽(おおば)に隠栖したが、晩年は不遇だったともされる。事績は当該ウィキを見られたい。

「野州杤木町」栃木市栃木市内であろう。]

« 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 鼠の怪異 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 窮鬼 《本文リロード》 »