フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 孝子實傳――室生犀星に―― / 附・原草稿 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 丙午丁未 (その5) »

2021/10/27

「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 銀座の菊 / 附・草稿

 

  銀 座 の 菊

 

都に灯(ひ)ともり

おとろへはててわれあゆむ

金の粉ゆき途にふり

戀魚のめざめこそばゆく

しみじみと銀座の街に鳴き出づる

あはれくつわ虫なくものを

また空には光るまつ蟲

おほいなる紙製の花もひらくころほひに

につけるの雲雀かがやく銀座四丁目三丁目。

なやましげなる宵にしあれば

こよひ一夜を觀工場(ばざあ)の窓に泣きぬれて

あしたの菊をぞわれ摘まむ

あしたの菊をぞわれ摘まむ。

                   ―東京遊行詩篇一―

 

[やぶちゃん注:太字は底本では傍点「ヽ」。底本では大正三(一九一四)年十月作の『遺稿』とする。

につける」は金属のニッケルのこと。

「觀工場(ばざあ)」「勸工場(くわんこうば)」で「觀」は萩原朔太郎の誤字(以下の全集のものを参照)。百貨店やマーケットの前身で、具体的には明治一〇(一八七七)年に開催された「第一回内国勧業博覧会」で、出品者が引き取らなかった残品を処分するため、翌明治十一年一月に、東京府が丸の内に「龍ノ口勧工場」を開場した時に始まる。日用雑貨・衣類などの良質商品が一ヶ所で定価販売されたので、一躍、人気を得て、明治一五(一八八二)年頃から、全国の主要都市に大小の勧工場(関西では「勧商場」と呼んだ)が乱立した。多くは民営で、複数の商人への貸し店舗形式の連合商店街であった。明治四〇(一九〇七)年以後には、取扱商品の品質の低下や、大手百貨店の進出により、経営不振に陥って衰退し、関東大震災後に消滅したが、正札の定価販売で実績を残した。

 さて。筑摩版全集では、まず、「未發表詩篇」に以下の形で載る。太字は同前。誤字はママ。

 

  銀座の菊

 

都に灯(ひ)ともり

おとろへはててわれあゆむ、

金の粉ゆき途にふり、

戀魚(れんぎよ)のめざめこそばゆく、

しみじみと銀座の街に鳴き出づる、

あはれくつわ虫なくものを、

また空には光るまつ虫、

おほいなる紙(かみ)製の花もひらくころほひに、

につけるの雲雀かがやく銀座四丁目三丁目。

なやましげなる宵にしあれば、

こよひ一夜を觀工場(ばざあ)の窓に泣きぬれて、

あしたの菊をぞわれ摘まむ、

あしたの菊をぞわれ摘まむ。

          (東京遊行詩扁、1)

 

なお、同全集の『草稿詩篇「未發表詩篇」』に「銀座通の菊」と題して草稿が載る。以下に示す。誤字はママ。

    *

 

  銀座通の菊

 

都に灯(ひ)ともり、

おとろへはててわれあゆむ、

金のこなゆき路にふり、

戀魚のめざめこそばゆく、

しみじみと銀座の街に鳴きいづる、

あはれくつわ虫鳴くものを、

また空には光るまつ虫、

      酒毒の紫蘇の花咲くころこ

おほいなる

      紙製の花のひらくころほひ

[やぶちゃん注:「紫蘇の花咲くころこひ」(「ころほひ」の誤字であろう)と「紙製の花のひらくころほひ」は並置。]

疾患せんちめんたる齒痛の夕ぐれに、

疾患いるみねえしよんの夕ぐれに

この紙製の花が吹くは

につけるの雲雀かがやく銀座四丁目三丁目、

まことにげになやましき宵なれば、にしあれば、

こよひ一夜をBAZAAR歡工場の窓に泣きぬれて、

あしたの菊をぞわれつまむ、

あしたの菊をぞわれつまむ。

 

「疾患せんちめんたる齒痛の夕ぐれに」「疾患いるみねえしよんの夕ぐれに」は気の利いた少年詩人でも、決して口にしない失笑物のフレーズだろうなぁ。]

« 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 孝子實傳――室生犀星に―― / 附・原草稿 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説」(正編) 丙午丁未 (その5) »