フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 路次 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 蛇怪 鈴木分左衞門 / へびこしき 山本庄右衞門 »

2021/11/27

甲子夜話卷八十七 4 蛇塚(フライング)

87ー4 蛇(ヘビ)塚

[やぶちゃん注:亭馬琴「兎園小説外集」の「蛇怪」・「へびこしき」に、必要上から、単発でフライングする。全く同一の出来事(場所と年月日及び事件当事者の名・年齢は完全に一致する)であるからである。画像は底本のものをトリミング補正した。]

 

 丙戌六年廿五日、小石川三百坂にて蛇多く集り、重累して桶の如し。往來の人步を留て皆見る。その邊なる田安殿の小十人高橋百助の子千吉、十四歲なるが云ふには、この如く蛇の重りたる中には必ず寳ありと聞く。いざ取らん迚、袖をかゝげ、右手を累蛇の中にさし入れたるに、肱を没せしが、やゝ探て果て銭一を獲たり。見るに、篆文の元祐通寳錢なり。是より蛇は散じて行方知れずと。奇異と云べし。

 

Hebiduka1

 

[やぶちゃん注:キャプションは、上部に、

傳說ノ圖

中央に右向き横転で、

コノ渡一尺六、七寸。

左下方に縦書で、

高モ、一尺六、七寸。

とある。]

予因て「泉貨鑑」に載るものを附出す。

 

Hebiduka2

 

[やぶちゃん注:この図の銭は、しかし、

元踊祠寳

と書いてある。中文サイトのこちらの画像を参照されたい。これは北宋の哲宗の元佑(一〇八六年~一〇九三年)年間の鋳造の宋銭である。「兎園小説外集」にあるのは、北宋の仁宗の景佑元年(一〇三四年)に鋳造された中国の宋銭で、異なる。

 

追記す。田舍にてはこれを蛇塚(ヘビヅカ)と云て、往々あることとぞ。

■やぶちゃんの呟き

「丙戌六年」文政九(一八二六)年。

「小石川三百坂」後に出す曲亭馬琴「兎園小説外集」の当該話の私の注を参照されたい。

「小十人」同前。

「累蛇」「るいじや」と音読みしておく。

「探て」「さぐりて」。

「果て」「はたして」。

「元祐通寳錢」北宋の哲宗の元祐年間(一〇八六年~一〇九三年)に鋳造された宋銭。中文サイトのこちらを参照。

「泉貨鑑」「和漢古今泉貨鑑」(わかんここんせんかかがみ)。江戸で寛政八(一七九六)年に刊行された朽木龍橋(くつきりゅうきょう)撰になる貨幣図説。龍橋は号で本名は朽木昌綱(寛延三(一七五〇)年~享和二(一八〇二)年。列記とした丹波福知山藩藩主にして、古銭研究家・蘭学者。隠岐守。古銭を愛好、収集・研究し、他に「新撰銭譜」・「西洋銭譜」等を刊行している。また、世界地理に詳しく、「泰西輿地図説」を著わしてもいる蘭癖大名である。

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 路次 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 蛇怪 鈴木分左衞門 / へびこしき 山本庄右衞門 »