フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 前後身紀事 著作堂(馬琴) | トップページ | ウィキペディアをやめた »

2021/11/26

曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 墮陰莖 著作堂(馬琴)

 

   ○墮陰莖

        平岩右膳御代官所

         武州豐島郡練馬の内

          字早淵村久保と申所にて

           百姓孫右衞門忰

              孫 四 郞

               戌二十七、八歲

        牛込水道町彌吉店

          豆腐屋 幸   助

右孫四郞儀、一昨日廿八日【文政九年六月[やぶちゃん注:一八二六年。]。】」晝八時頃、酒に醉候體にて[やぶちゃん注:底本では「醉」の上に「給」があるが、読めないので(上が「酒を」なら「たべ・のみ」と読める)特異的にカットした。]、幸助宅前え、馬を引參、「豆腐の殼、有ㇾ之候ば、買受度。」旨申に付、「無ㇾ之。」由相斷候へば、孫四郞儀、右馬を引出候節、鼻綱にて、馬の面を强く打、彼是、立騷候故、右鼻綱、同人、足え卷付候由にて、馬の口の下え、仰向に倒れ、其節、下帶、外れ、陰莖、出候を、右馬、喰ひ付、一とふりにて、附根より、毛、二、三本付、陰莖、喰ひ取候へども、氣絕も不ㇾ致、前書幸助方にて、付藥等、致し、綿にて包、手當等いたし遣し候へば、「此分にては、步行相成可ㇾ申。」旨、申、右陰莖、紙に包、孫四郞、自分[やぶちゃん注:「おのづと」。]、手に持、馬を引歸候處、凡、十四、五軒も罷越候處、右陰莖、町内往還え、捨、其儘、罷越候に付、右跡、爲追欠候得ども、何れえ、參候哉、相知れ不ㇾ申。其上、右住所、承り不ㇾ申候に付、先、陰莖は鮑貝に入、町内自身番屋え、持參いたし、近邊にて、右、馬士、名・住所承候處、同所五軒町小普請稻生左門屋敷え、下掃除に罷越候者にて、早淵村百姓孫右衞門忰の由承候に付、翌日、月行事、孫右衞門方え、尋參候處、同人儀、宅に罷在候間、昨日の始末、相咄候處、「一向存不ㇾ申。」由申候。然處、次の間に打臥候もの、頭を上げ申聞候は、「昨日は、不慮成儀にて、彼是、御世話に相成、今日は、右の疵、甚、痛强、打臥罷在、失敬の段、相詑、且、昨日の始末、父えは、未申聞、妻えは、昨夜、相噺候へば、驚候上にて、歎罷在候。」由、申聞候に付、「氣の毒なる」よし申、右に付、「昨日、往還え、被捨置候陰莖、持參致し候。最、町方にては此樣成物、捨有ㇾ之候ては、御訴不ㇾ致候ては、難相成、左候ては、町内、物入等、相懸り、甚、迷惑に候に付、態々[やぶちゃん注:「わざわざ」。]持參致し候。」旨、申候得ば、同人妻、名前不ㇾ知、二十一、二才位相見え候者、至て、愁傷の體にて、髮は櫛卷にて、奧より立出、泪を含み、申聞候は、「昨日、私夫[やぶちゃん注:「わたくし をつと」。]、御町内にて不慮成儀にて、厚き御世話に相成、殊に、右陰莖、御持參被ㇾ下、旁[やぶちゃん注:「かたがた」「かたや」「かたはら」の孰れかか。]、以御介抱氣の毒。」の由、大に悅び、厚、禮謝申聞候間、當人、名前等、委敷、承り、則、陰莖は、妻え、引渡し候由。右は、餘り珍敷儀に付、此段、申上候。

 戌六月晦日

[やぶちゃん注:何だか、ともかく、凄いというか、呆れるというか、珍談中の珍談の実話である。]

« 曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 前後身紀事 著作堂(馬琴) | トップページ | ウィキペディアをやめた »