フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 手の感傷 / 筑摩版全集の「手の感觸」と同一原稿と推定(但し、順列に有意な異同が認められる) | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 病氣の探偵 / 筑摩版全集所収の「病氣の探偵」の草稿原稿と同一と推定 »

2021/11/30

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 センチメンタリズムの黎明 / 筑摩版全集所収の同題の詩の別稿

 

  センチメンタリズムの黎明

 

どんな太陽の前にも怖れない

ちいさい、するどい

おお、私はラジウムを生む。

光の光

靈の靈

勁力の元子

科學の精髓

センチメンタルの實體

あらゆる美しいものの中で

もつとも美しい光輝體

それを、私の母體が生む。

母體は透明な玻璃のやうにいちめんに螢が光つて居る。

螢が光つて居る。

 

[やぶちゃん注:「ちいさい」「元子」(「げんし」であるが、私は、誤字ではなく、物理学上の「原子」を朔太郎なりの宇宙・神霊観(元素認識)で言い換えた確信犯と採っておく)はママ。筑摩書房版全集では、同題の詩篇が「未發表詩篇」に載る。以下に示す。誤字(「合唄」。「合唱」と思われる)や歴史的仮名遣の誤り(多数ある。なお、「そうびいろ」は「さうびろ」(薔薇色)で「さうびいろ」が正しい)は総てママである。

   *

 

 センチメンタリズムの黎明

      (感想)

 

私の母體が合唄するラジウムをうむ

 

どんな大きな太陽の前にも怖れない

ちいさい、するどい

おお、私はラジウムを生む。

光の光

靈の靈

動力の元子

科學の精髓

センチメンタルの實體

あらゆる美しいものゝ中で

もつとも美しい光輝體

それを、私の母體が生む。

母體は

母體は玻璃のやうに透明だ透明な玻璃のやう 螢がいちめんに光つて居る からだ中が螢いちめんに螢が光つて居る、

あまたの 靑白い螢が、靑白く ユウレイのやうに光つて居る。

 ……………………

いまきけ

いま、あけぼのゝ遠い地平線で

幽かな幽かな、赤ん坊(ぼ)の泣聲合唄がきこゑる

 

おゝ見給ヘ

黎明のそうびいろの空に

感傷の純金の母體がうつ映つて居る

それは歡喜と苦痛にふるへながら

第一の奇蹟の扉のまへに合掌して居る

〈私の、〉おお、私のほんとういぢらしい

ほんとうの、センチメンタリズムの姿だ。

       ――八月十六日ノ日記ヨリ――

 

   *

整序すると(「合唄」だけは「合唱」とした)、

   *

 

 センチメンタリズムの黎明

      (感想)

 

私の母體がラジウムをうむ

 

どんな太陽の前にも怖れない

ちいさい、するどい

おお、私はラジウムを生む。

光の光

靈の靈

動力の元子

科學の精髓

センチメンタルの實體

あらゆる美しいものゝ中で

もつとも美しい光輝體

それを、私の母體が生む。

母體は透明な玻璃のやうにいちめんに螢が光つて居る、

螢が、光つて居る。

 ……………………

いま、あけぼのゝ遠い地平線で

幽かな幽かな、赤ん坊(ぼ)の合唱がきこゑる

 

見給ヘ

黎明のそうびいろの空に

純金の母體が映つて居る

それは歡喜と苦痛にふるへながら

第一の奇蹟の扉のまへに合掌して居る

おお、私のいぢらしい

ほんとうの、センチメンタリズムの姿だ。

       ――八月十六日ノ日記ヨリ――

 

   *

となる。本篇との異同は(踊り字は問題にしない)、筑摩版には、

・題の添辞「(感想)」があること。

・冒頭に独立一行の「私の母體がラジウムをうむ」の第一連が存在すること。

・「母體は透明な玻璃のやうにいちめんに螢が光つて居る、」と行末が読点であること。

・「螢が、光つて居る。」の次の「……………………」のリーダ以降のコーダがごっそりと存在しないこと。

・最後に附された月日入りの後書が存在しないこと。

である。以上から、私は本篇は筑摩版が拠った原稿とは異なる別稿と考える。なお、月日は筑摩版全集の「未發表詩篇」の位置からは、大正三(一九一四)年かと推測される。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 手の感傷 / 筑摩版全集の「手の感觸」と同一原稿と推定(但し、順列に有意な異同が認められる) | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 病氣の探偵 / 筑摩版全集所収の「病氣の探偵」の草稿原稿と同一と推定 »