フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 情慾 / 筑摩版「拾遺詩篇」所収の「情慾」の別稿 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 夢中に劔を得るの物語 輪池 »

2021/11/24

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 情慾 / 筑摩版「拾遺詩篇」所収の「磨かれたる金屬の手」の別稿

 

  磨かれたる金屬の手

 

手はえれき

手はぷらちな

手はらうまちずむのいたみ

手は樹心に光り

魚に光り

墓石に光り

手はあきらかに光る

ゆくところ

すでに肢體をはなれ

炎に灼熱し狂氣し

指ひらき啓示さるるところの

手は宇宙にありて光る

光る金屬の我れの手くび

するどく磨かれ

われの瞳めしひ

われの肉をやぶり

われの骨をきづくにより

恐るべし恐るべし

手は白き疾患のらぢうむ

ゆびいたみ烈しくなり

われひそかに針をのむ。

 

[やぶちゃん注:太字箇所は底本では傍点「ヽ」。底本の「詩作品發表年譜」によれば、初出誌を大正三年十一月発行の『詩歌』とする。筑摩書房版全集でも「拾遺詩篇」に載り、同雑誌の同年十一月号とする。但し、その初出とは微妙に異なる箇所がある。以下に示す。太字は同前。「きづゝくにより」はママ。「傷つくにより」であるから、「きずつくにより」が正しい。

   *

 

 磨かれたる金屬の手

 

手はえれき

手はぷらちな

手はらうまちずむのいたみ、

手は樹心に光り、

魚に光り、

墓石に光り、

手はあきらかに光る、

ゆくところ、

すでに肢體をはなれ、

炎々灼熱し狂氣し、

指ひらき啓示さるゝところの、

手は宙宇にありて光る、

光る金屬の我れの手くび、

するどく磨かれ、

われの瞳(め)をめしひ、

われの肉をやぶり、

われの骨をきづゝくにより、

恐るべし恐るべし、

手は白き疾患のらぢうむ

ゆびいたみ烈しくなり、

われひそかに針をのむ、

 

   *

私は本篇は敢然として筑摩版の初出決定稿の草稿と断ずる。何故なら、「われの骨をきづくにより」という誤記・誤表記は萩原朔太郎によく見られる原稿の誤りと極めて親和性が強いからである。

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 情慾 / 筑摩版「拾遺詩篇」所収の「情慾」の別稿 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 夢中に劔を得るの物語 輪池 »