フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 ある場所に眠る | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 おれの部屋 »

2021/11/28

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 (無題)(つかれきつた魂がねむつてゐる) / 前掲詩篇「ある場所に眠る」の別稿と推定される

 

  

 

つかれきつた魂がねむつてゐる

みどりのこんもりとした木立ちのかげに

わたしの靑ざめた手足がすやすやと眠つてゐる

手の上にもちひさな蟲けらが這ひあがつて

しづかに私のたましひをみまもつてゐるのである

私の心はしづかに眠る

さうしてかなしい生活の夢をみつづける

ああけふもけふとて酒場をもとめ

酒場の椅子にたましひをくさらした

さらに多くの憂鬱なる神經が

酒場の椅子にべつたりとねばりついた。

 

*前作と重複する部分あるも、作者がいづれの作品を採らうとしたかは分らぬ。

 

[やぶちゃん注:「前作」はこの直前に掲げられてある「ある場所に眠る」。穏当な見解で、或いは、「ある場所に眠る」と一緒に或いは連続した原稿に並べられて記されてあったものかも知れない。実際、底本では、数行しか残っていないのに、そこから本篇を始めている。本シリーズの詩篇の組版のセオリーは、独立した一篇一篇は、見開き右ページ行頭から開始、或いは、同仕儀の左ページ開始であるからである。則ち、ここで小学館編者は特異的に、草稿原稿を連続して並べて組んでいるのである。最後に。本篇は筑摩書房版全集では『草稿詩篇「原稿散逸詩篇」』にあるが、小学館版「萩原朔太郞全集」元版の「別册 遺稿上卷」からの転載であり、既に原稿が失われていることが判る。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 ある場所に眠る | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 おれの部屋 »