フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 情慾 / 筑摩版「拾遺詩篇」所収の「磨かれたる金屬の手」の別稿 | トップページ | 譚海 卷之四 同江戶風俗の事 »

2021/11/24

曲亭馬琴「兎園小説外集」第一 夢中に劔を得るの物語 輪池

 

    ○夢中に劔を得るの物語

     後藤與次右衞門組

       西丸御切手同心

    小石川諏訪町

    そ ば 切 橫 町 折原岩之助

維時[やぶちゃん注:「これ とき」。]、文政九丙戌年[やぶちゃん注:一八二六年。]三月十六日の夜の夢に、江戶神田小柳町[やぶちゃん注:現在の千代田区神田須田町一丁目及び二丁目の一部(グーグル・マップ・データ)。以下同じ。]邊の道具屋某の店に、希代の靈劍あるよしを、凡、五度ほど、同じ夢を續けて見侍り。餘りの不思議さに、翌廿一日、彼處へ尋行しに、夢中、幻のごとく見し、道具やの顏に、正しく似たるゆゑ、立寄尋ければ、「その品、有。」よし申に付、「求度[やぶちゃん注:「もとめたく」。]、價は何程に候哉。」と申ければ、「金百疋にて有レ之。」と申。最、至極、古びれたる品に候まゝ、「少々、まけ吳候。」樣申けれ共、「中々に引不ㇾ申。」と申候間、其まゝに打捨歸り候處、又々、二晚程、同じ夢を見し儘、去にても、餘りの不思議なる事故、廿四日に、金子、持參いたし、彌[やぶちゃん注:「いよいよ」。]、「先の品、買請度。」よし申聞候處、亭主の申候には、「扨々、格別の御懇望に付、一朱に御まけ可申上。」と申候に付、一朱、遣し、此方へ請取申候て、歸宅し、大切に祕置[やぶちゃん注:「ひしおき」。]候處、又、其晚の夢に、甲冑の上え、白き裝束いたし、右の手に劔をもちし人、出現し、夢中に告て曰、「善哉々々、汝、劔を得たり。抑、此劍は靈驗なる事を委敷[やぶちゃん注:「くはしく」。]しらすべし。謹で、聽聞せよ。」と、高らかに示現に曰、

「寶劔の威德は、

一、劔難を除き、

一、運を開き、

一、毒氣・毒血、拂除き、

一、出世をいたさせ、

一、我、數度、戰場に赴く每に、我、光を以、悉くに、强敵を追拂返し候。其後埋り居、凡、今年迄、二百二十六年に成。」[やぶちゃん注:最後の条は底本では二行目以降が一字下げ。「二百二十六年」文政九年から遡ると、慶長四(一五九九)年で、前年に豊臣秀吉が死去しており、この年の九月二十八日に、徳川家康が大坂城西の丸に入っている。江戸幕府開府の四年前である。]

との告也。其上、「又、我姿を寫し、世上の人々に施候へば、大成・隱德に成べし。」と告ると思へば、忽、夜の明方になり、鳥と共に、夢は覺にけり。餘り不思議の事故、「子孫の後榮にも可相成。」と、於ㇾ是、書記する者也。

 文政九丙戌年三月     折原岩之助

                 終善判

      覺

一、劔一腰

 但、かわ[やぶちゃん注:ママ。]鞘入。

 銘「小倉五郞源宗廣」と有ㇾ之。

 代、一朱。

右之通、慥に請取申候、以上。

 戌三月廿四日 神田小柳町三丁日 龜屋忠兵衞

    折原岩之助樣

長短・寸法、すべて、圖の如し。

 

Muken1

 

[やぶちゃん注:キャプションは、

頭、鐵。

  柄、鮫無ㇾ之、黑。緣、鐵。鐵鍔。此處、

  塗、黑革卷。    金箔筋、有ㇾ之。

である。判り難いが、鍔下の鍔から五分の一附近に、キャプションへの指示線が左に僅かに出ている。

 以下、底本では下方にある。]

 文政九年丙午三月廿四日神田小柳町

        龜屋忠兵衞方より買受。

 

Muken2

 

[やぶちゃん注:キャプションは、鍔の右下・上に、

       鞘、黑革。

とある。以下、吉川弘文館随筆大成版では『〔割注〕』とする。底本では、初行が五字下げであるが、引き上げた。]

 

小倉五郞宗廣、越前國住人、貞治比、當時迄、四百七十四年[やぶちゃん注:文政九年から遡ると、南北朝時代の正平八/文和二(一三五三)年。]、鞘、革鞘。一尺二寸二分、蛇之目紋付。柄、四寸一分、ふち・かしら共、柄、糸革、三分。鍔・鎺[やぶちゃん注:「はばき」。ここ(「ウィクショナリー」の画像)。]、はなれず、イ[やぶちゃん注:意味不明・]に一尺八寸五分、換長[やぶちゃん注:意味不明。]一尺六寸、一書に『一尺八分五厘』とあり、非なるべし。

 

Muken3

 

[やぶちゃん注:刀身自体を示したもの。キャプションは、鎺ぶ指示線をして、右に、

      鎺、黑革。

鍔を単体で示したその上方に、

鐵。黑

塗。

とあって、左手の茎(なかご)に指示線を施して、

○小倉五郞源宗廣

とある。以下は実は「○小倉五郞源宗廣」の下方にあるが、改行した。]

   江戶小石川住  折原岩之助 條善判

[やぶちゃん注:「西丸御切手同心」(にしのまるおきつてどうしん)は江戸城西ノ丸の切手門に切手番頭が勤務するが、その配下の者(番頭には二十人が付属)。同門の警備と出入りの監督が番頭の勤め。「切手」とは大奥関係者の通行証を指す。女中たちの出入りや、荷物の出入りを監視し、長物・葛籠などで十貫目以上のものは蓋を開けて中身を検査した。

「小石川諏訪町」文京区後楽二丁目

「小倉五郞宗廣」不詳。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 情慾 / 筑摩版「拾遺詩篇」所収の「磨かれたる金屬の手」の別稿 | トップページ | 譚海 卷之四 同江戶風俗の事 »