フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(ひとのからだといふものは不思議なものだ) | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(ふかい路を下つてゆくと) / 筑摩版全集の『草稿詩篇「未發表詩篇」』に載る草稿を整序したものと酷似する(恐らくは同一)詩篇 »

2021/12/01

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(さびしい夢から眼がさめると)

 

  

 

さびしい夢から眼がさめると

わたしはふかい谷の底にねむつてゐた

どうどうといふ瀧の音がきこえる

この人里はなれた山の奧で

いましづかに夢をみてゐたのだ

 

[やぶちゃん注:本篇は筑摩書房版全集では『草稿詩篇「原稿散逸詩篇」』にあるが、小学館版「萩原朔太郞全集」元版の「別册 遺稿上卷」からの転載であり、既に原稿が失われていることが判る。さらに、実は、不審がある。この筑摩版の『草稿詩篇「原稿散逸詩篇」』は以上の通りの転載であることが、既出の「利根川の松林」を巻頭としてあるのだが、その「利根川の松林」の最後には、『利根川の松林」以下』「路次について」(既出)『までの三十二篇は小學館版『萩原朔太郞全集遺稿上』より轉載。』とあるだけで、順序を入れ替えているという記載はないから、筑摩書房版全集『草稿詩篇「原稿散逸詩篇」』の同転載詩篇の順序は親本のそのままと考えるのが普通である。ところが、少なくとも本コンパクト版底本では、本篇の次にある「(無題)(ひとのからだといふものは不思議なものだ)」が、前に置かれているのである。これは何を意味するか? それは唯一つだ。本底本コンパクト版「萩原朔太郎詩集」叢書は、やはり、元版である小學館版『萩原朔太郞全集遺稿上』(昭和一九(一九四四)年十月刊。下巻も同時刊行)からのただの抄出転載ではなく、独自のコンセプトで新編集されたものだということである(本底本「遺珠」は昭和二二(一九四七)年刊)。そこでは私は新たな遺稿(元版「遺稿」では未発見だった詩篇・遺稿・草稿・断片等々)が追加されたと考えるべきで、その過程で、詩篇の原稿用紙の連続性その他から、元版の詩篇の配置順列に変更をすべき事由が見つかったことなどもあったのではないか? でなくて、このような順序変更が生ずるはずがない、と私は思うのである。

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(ひとのからだといふものは不思議なものだ) | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(ふかい路を下つてゆくと) / 筑摩版全集の『草稿詩篇「未發表詩篇」』に載る草稿を整序したものと酷似する(恐らくは同一)詩篇 »