フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 九月の月光 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 (無題)(山の森の中に住んでゐると) / 筑摩版全集未収録詩篇 »

2021/11/30

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 信仰

 

 信  仰

 

わたしがはりつけになるまへにも、

わたしはくるすをきらんとする、

これはむやみに話すべきことではない

わたしは酒亂であるし

ああ信仰のなにものもない

すべて愛より出づるものは毒草の花よりも危險である

おなごの手にするものはぴすとるの玩具である

わたしは人をしばつたり人を殺したりするまへに

わたしの智慧を殺さねばならぬ

いちにちあなたのまへに淚をながし

信じられないものを信じやうとする

わたし一人のために

わたしの兄弟たちは斷食した

ああ神さま

それがまつたくしんじつであるならば

わたしがはりつけになるまへに

すつぱりとくるすを切つてかくしごとを懺悔してしまひたいのだ。

 

[やぶちゃん注:太字は底本では傍点「ヽ」。筑摩版では酷似する同題詩篇が「未發表詩篇」にある。以下に示す。歴史的仮名遣の誤り「おなご」「信じやう」や、誤字と思しい「ぴすどる」・「あなたのまへの」の「の」・「しんじみ」等は総てママである。太字は同前。

   *

 

 信仰

 

わたしがはりつけになるときまへにも、

わたしはくるすきらんとする、

わたしこれはあなたに→にくらしいむやみに話すべきことであるないが

たゞしそれはわたしは信心酒亂である

そして邪いん淫である

ああ信仰のなにものもない

すべて愛より出づるものは毒藥ばかりである草の花よりも危險である

おなごの手にするものはぴすどるの玩具である

わたしはわたしは人をしばつたり人を殺すまへにもしたりするまへに

わたしの戀人を智慧を殺らせさねばならぬ

わたしはにちにちあなたのまへの淚をながし

にちにち信じられないものを信じやうとする、

にちにちわたし一人のために

わたしの兄弟たちは斷食するした、

ああ神さま

ああ、それがまつたくしんじみであるならば

わたしがはりつけになるまへにも

わたしはつぱりとくるすを切つて、

のこらずのあらゆるかくしごとをいつさいの→この秘密を懺悔をするものだ→するのだ、→したいのだ、してしまひたいのだ。

 

   *

整序すると(意味が採れなくなる誤字の「ぴすどる」・「あなたのまへの」の「の」・「しんじみ」は訂正した)、

   *

 

 信仰

 

わたしがはりつけになるまへにも、

わたしはくるすをきらんとする、

これはむやみに話すべきことでないが

たゞしそれはわたしは酒亂であるし

そして邪淫である

ああ信仰のなにものもない

すべて愛より出づるものは毒草の花よりも危險である

おなごの手にするものはぴすとるの玩具である

わたしは人をしばつたり人をしたりするまへに

わたしの智慧を殺さねばならぬ

にちにちあなたのまへの淚をながし

信じられないものを信じやうとする、

わたし一人のために

わたしの兄弟たちは斷食した、

ああ神さま

それがまつたくしんじつであるならば

わたしがはりつけになるまへにも

さつぱりとくるすを切つて、

あらゆるかくしごとを懺悔してしまひたいのだ。

 

   *

微妙に表現や表記に異同があるが、小学館の編者が筑摩版が採用した原稿と同じものをもとに整序した可能性が高いようにも思われる。別稿というには当たらないものであろう。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 九月の月光 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 (無題)(山の森の中に住んでゐると) / 筑摩版全集未収録詩篇 »