フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 編者前書・「靜夜」 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 路次 »

2021/11/27

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 波浮

 

   波  浮(大 島)

 

ぼくは郵使脚夫の步調をまなんで

港々の家をたづね馳せめぐり

新しい手紙の山を投げこんだ

あるひは沖を通る汽船をめがけ

大束にした電報を投げこんだ

ああさうして家々の洋燈はともされ

船の船室(キヤビン)に花やかな貴婦人の夢はまどろむ

いづこまで、さうしてどこに人生の航路はすぎゆくだらう

あらゆる幸福の新聞はよみかへされ

地球はいく度びか夜を通り晝をすぎ

はてなき北海の孤島にさヘ

燈臺守のまづしい生活があるではないか

さうしてぼくは郵便脚夫

かなしくただよへる船です。

 

[やぶちゃん注:本篇は筑摩書房版全集では『草稿詩篇「原稿散逸詩篇」』にあるが、本底本に先行する小学館版「萩原朔太郞全集」元版の「別册 遺稿上卷」からの転載であり、既に原稿が失われていることが判る。なお、ネット上には萩原朔太郎が大島を訪れたという記載が散見されるが、「靑猫」時代以前の年譜を管見しても彼が大島に行ったという記載はないように思うのだが。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 編者前書・「靜夜」 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 路次 »