フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 『蝶を夢む』拾遺 竹 | トップページ | 連れ合い無事退院 »

2021/11/20

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 『蝶を夢む』拾遺 先祖

 

  先  祖

 

先祖の幽靈は、ながい尻尾を曳きずつて通る。

 

[やぶちゃん注:筑摩版全集では「未發表詩篇」に以下のように載る。

   *

 

 先祖

 

先祖の幽靈は、ながい尻尾を曳きずつて通る。

 

   *

これに筑摩版編集者が、『本篇は未發表詩篇』の無題の『「(このなんて納まり返つた人たちだ)」と關係がある。』とあるので、そちらも掲げる。全集では本篇の二つ前に載る。かなり長いものである。表記は総てママである。太字は底本では傍点「ヽ」。

   *

 

 ○

 

このなんで納まり返つた人たちだ

みろ御先祖たち の行列だ

このなんて靑い顏の人たちだ

このなんて意地の惡い眼付の人たちだ、

ながいながい單調の行列から

(みんな)舌をたらして行く

あるひとの如きは實に尻尾の尖をひきづつて居る、

しんにたいていいやらしいたましいらうまちずむの、薄い 紙製の肉體けいれんから

紙製の薄い肉體をびくびくさせて

手の光る

光る

光る

光る

白臘模型の御先祖たち

君たち一代のいやらしい秘密から

遠い「過去」の螢光墓穴から

その通る、長たらしいぶらつとほうむから

出てくる、出てくる、出てくる、影と夜の幽靈//夜の陰忍なる食慾また逃げる餌物らのいんきくさい足音から

[やぶちゃん注:私が打った「*」及び「//」で挟んだ部分は並存を示す。次も同じ。]

懺悔の そのまたいんきくさい餌物の逃げる足音/逃げまわる飢物らのいんきくさい足音から

あなた方の腐蝕した靈魂の槪念から銀の階段から

なにかもおれは知つて居る、

それ 君等いつさいの秘密を永遠の子孫 遠い 孫兒につたへるために知つて居る

┃お氣の毒だがおれは生きて居た、

やい、ひつこめ、 連中、 ひつこめろ、白い御先祖たち

 

┃御氣毒だが……

ひつこめろ、白い御先祖たち

[やぶちゃん注:行空けは都合で施した。行頭の縦線(底本では横線)は行空けの前と後ろの二行では別々に繋がっている。則ち、この前後の二行自体が並置されてある。但し、並置したものの、双方にその後に削除を加えてしまった結果、「お氣の毒だが」と「御氣毒だが……」の並置並存となっているに過ぎない。]

あまりに御先祖、もうその馬鹿々々しい行列をやめてくれ

ひつこめろ

犬蓄生のごとくにも見えるから

御先祖、見つともない尻尾だけはかくしておくれ

白い霧の遠方

白いさ霧の 遠方 世界でも

齒が光る、その 手がいたむ のか いたむ、白い

ああしんしづ  哀しげなる 哀しくに淚がながれる

なんたる陰氣な

しんじつ哀しげに見える御先祖たち

手が疾む

疾患らうまちずむの御先祖たち、

 

   *

 なお、本底本の次の詩篇「手」の後に附された小学館編集者の注を参照のこと。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 『蝶を夢む』拾遺 竹 | トップページ | 連れ合い無事退院 »