フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 梢 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 あいんざあむ »

2021/11/29

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 最後の奇蹟

 

  最 後 の 奇 蹟

 

おれは日ましにするどくなつてくる

おれの手はしんちうになり

おれの足はゆきにうづまれ

おれの髮の毛ははがねになり

おれのゆびさきは錐になつてしまつた

 

おれの胴體はふくらみあがつた

かへるをのんだ蛇のやうになり

そこらをのたうちまわつてくるしがる

おれはしんじつおれのただれた母體から

さくらの花をさかせてみせる

おれのくさつたたましひから

らじうむの月を生んでみせる

おれはしなびる

おれはやつれる

ああおれの足音はだんだんと墓場に近づいてくる

みろ、おれは齒くひしめながらきりきりいつしよけんめいで

おそろしい最後の奇蹟を祈つてゐるのだ。

 

[やぶちゃん注:「しんちう」(「眞鍮」)(歴史的仮名遣では「しんちゆう」が正しい)、「うづまれ」「そうして」(二箇所ある)「近いてくる」「齒をくひしめなから」はママ。筑摩書房版全集では、「未發表詩篇」に、同題で以下のようにある。□は筑摩版編者の判読不能字。

   *

 

 最後の奇蹟

 

おれは日ましにするどくなつてくる

おれの乎はゆきしんちうになり

おれの足はゆきにうづまれ

おれの髮の毛はへびはがねになり

おれのゆびさきは錐になつてしまつた

おれは空の胴體はふくらみあがつて

かへるをのんだ蛇 やうだ 如く→にさも似たるのやうになり

おれは おれはそこらのたうちまわつてくるしがる

おれはしんじつ苦しいのだ

らぢうむ 光線しかけておれのくさつたただれた母體から

さくらの花をさかせてみせる

おれのくさつたたましひから

らじうむの 太陽を光らしてみせる月を生んでみせる

おれはしなびる

おれはやつれる

そうして そのなああおれはだ □□□□の足音はだんだんと墓場 墓場に近いてくる

そうしてああみろ、おれは齒をくひしめなから

きりきりいつしよけんめいで

しつかりと 靑白いおそろしい最後の奇蹟を祈つてゐるのだ。

 

   *

本篇と異同はあるが、以上の筑摩版のそれをみるに、烈しい推敲跡があり、この草稿は、かなり判読が難しいものであることが窺えるから、私は本篇と筑摩版のそれは、同一のものと考えてよいか、或いは、朔太郎が決定草稿として以上を書き直したものの孰れかであると考えてよいと思われる。因みに、筑摩版では、上記草稿の後に、編者注記があり、『本稿は未發表詩篇の「(きみがやへばのうすなさけ)」と同じ用紙に書かれている。』とあるのであるが、こういう注記が読者に対して甚だ不親切の極みなのであって、これは『草稿詩篇「拾遺詩篇」』にある、勝手に仮題した『敍情小曲』『(本稿原稿一種一枚)』にあるものを指す。但し、ここに示すべき必要はない。読みたい方のために言っておくと、第三巻の447ページにある。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 梢 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 あいんざあむ »